セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

オーディオ

【情報共有】緊急時など「スマホでラジオ情報などにアクセス」する際「ギガ消費」が気になる場合-「音声データのみ」だと意外にデータ消費しないようです


【情報共有】緊急時など「スマホでラジオ情報などにアクセス」する際「ギガ消費」が気になる場合-「音声データのみ」だと意外にデータ消費しないようです

giga-000


「災害」「停電」「通信障害」が多発している「昨今」ですが、緊急時の「情報収集」手段としての「ラジオ放送の受信」が再注目されているようです。

ところが、そうした「緊急事態」に限って「肝心のラジオは家に置いたまま」というケースも多いようです。

「ガラケー」時代の「携帯端末」の多くに搭載されていた「FMラジオ」や「ワンセグTV」機能も「スマホ端末」では、ほぼ見られなくなっているのが現状でもあります。

その代わり、「3.11」以降使われはじめたのが「Twitter」を始めとする「SNS」と「radiko」「NHKらじるらじる」などの「サイマルラジオ」です。

「電波が届きさえすれば無料で聴けるラジオ放送」と異なり「多少なりとも通信料が発生しギガを消費する」のは仕組み上「致し方無い」と考えるところですが「どのくらいギガ消費」するのか「検証」してみました。

「接続しっぱなし状態」では当然「ギガが減る」事になりますが「radikoアプリ」程度の使用量ならば「状況が落ち着く」まで使えるかも知れません

↓「radiko」アプリを使用して「ラジオ番組」を聴いた場合の「データ使用量」

giga-003

↑このように「1GB」あれば「約20時間以上」音声コンテンツが使用できる計算になります。

ほとんどのスマホプランの下限「3GB/月」なので「緊急時のラジオ」としては「十分」な容量で使用できそうです。


↓ちなみに「ポッドキャスト」にも対応した音楽サブスクリプションサービス「Spotify」でも「設定」「データ節約モード」でのアプリの利用を「推奨」しているようです。


giga-001


giga-002


当たり前の話ではありますが「アプリを使いっぱなし」にすれば「あっという間にギガを消費」してしまうので「気を付けるべき」なのは言うまでもありませんが、「動画視聴」に比べ「音声のみ」の利用であれば思いの外「データ消費が少ない」ので「緊急時の情報収集」で利用する用途であれば「スマホひとつ」である程度事足りるかも知れません。


(参考製品)

いかに「スマホが有用」とは言っても「バッテリー」が切れたらそれで終わり。「充電できる防災ラジオ」が1台あれば「安心」ですよね。








家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「オーディオファイル」の知識-「音源のバージョン」について


【情報共有】「オーディオファイル」の知識-「音源のバージョン」について

rec-ver-000


「音楽CD」を購入したり「MP3」ファイルの「ダウンロード」の際、同じアーチストの同名の楽曲でありながら「公開形態」によって「リマスター」「リミックス」など、様々なバージョンが存在していますが、特に「1986~89年代」の「アナログレコード~CD」切り替えまでの「音源」が様々存在しており、「微妙に異なって」いる楽曲も多いのですが、その違いを「情報共有」してみましょう。

同じ「アーチストの楽曲」でも「事情」により様々なバージョンが存在します

「モノラル」「ステレオ」録音の違い

この「モノラル」と「ステレオ」の違いをかんたんに説明すると「イヤホン・ヘッドホンの両方で聴いても片側で聴いても同じ音源が流れている」というもの。

かつての「アナログレコード」の初期の頃「1970年代前半ころ」まで「モノラル録音」が多く、後に「アルバム化」さらに「1980年代中半ころ」の「CD(コンパクトディスク)」に移行する際、「左右音域の違う」「ステレオ録音」「モノラル音源をいびつな形でステレオ形式にリマスター」した楽曲が主流になった歴史があります。


「7インチシングル」「12インチシングル」「アルバムバージョン」「ロングバージョン」「Radioエディット」など

2021年現在、ほとんどの「楽曲がデジタル化」された事により、以前から使用されていた「様々な形式が混在して公開」されています。

音楽ストリーミングサービス「Spotify」で公開されている「楽曲」で確認してみます。


rec-ver-001


「7インチ」「シングル」バージョン

これは主に「アナログレコード」の「シングル盤」で使用されていた「バージョン」「仕様上4分以内までの楽曲」で、かつて「日本国内」では、その形状から「ドーナツ盤」と呼ばれていたタイプがそうです。

「アルバム」バージョン

「シングル盤」と同じ楽曲ながら「アルバム」に「4分を超えるバージョン」を収録しているケースも多く見られました。

このケースでは、先行して「シングルヒット」を出して「アルバムを購入しないと完全版が聴けない」という「セールス的」によく使われていた手法です。

「ロング」バージョン

「アルバム」バージョンと似た意味合いのケースですが、主に「ベストアルバム」などに収録されていたりするケースも多かったように思われます。

「12インチシングル」バージョン

「ロング」バージョンと同じケースもありましたが、とくに「70~80年代に流行ったディスコ」向けに「12インチシングル」で販売されたバージョンです。

「Raio Edit(レディオ・エディット)」バージョン

このバージョンは「アメリカ向け」のみ確認されています。

長らくアメリカでは「自動車のカーラジオ」の「オンエア数」でヒットが決まる時代があり、「DJ(この場合はディスク・ジョッキー)」に気に入ってもらえるよう「3分前後にまとめた」バージョンをこう呼んだそうです。


「BBCライブ」バージョン

これは「1960~1970年代」の「イギリス」のみの「音楽事情」によって生まれた「バージョン」。

一時期、同国では「著作権問題」で「ラジオでレコード音源を流せない」事情があり「それならスタジオで生でライブ放送すればいいだろう」という事から発生したバージョンですが「ビートルズ」「ローリングストーンズ」「ジミ・ヘンドリックス」「シン・リジイ」など「名演盤」が輩出されています。


「Remix」「Remaster」との違い

古い「楽曲」になると「オリジナル」音源もありますが、「Remaster(リマスター)版」と呼ばれる「1980年代後半~」から発表されたバージョンがあり、「原版からヴォーカル、楽器ひとつひとつ抜きだしてデジタル化」して「再生」された「音源」。

「Remaster」された時期によって「以前聞えなかったコーラス音やドラムのシンバルの響きなどが再現」「楽曲」も確認されています。


rec-ver-003


対して「Remix(リミックス)版」バージョンは、「Remaster」に「新たな楽器、音声、リズム、コーラス」などをつけ加えたもの「ダンスMIX」レゲエ風の「ダブMIX」など「古い楽曲を最新のダンスミュージック化」されているケースが多いように見受けられます。


rec-ver-002

なお、こうした「Remix」の中でも「数曲をミックスして十数分の楽曲にまとめた」「Suite(スイート)」バージョンも存在しており、色々と「聴き比べて」みるのも面白いかも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】「ポッドキャストの再生速度変更機能」が何気に便利なアプリ-「GooglePodcast」


【これは便利!】「ポッドキャストの再生速度変更機能」が何気に便利なアプリ-「GooglePodcast」

g-pcast-000



「ポッドキャストアプリ」と言っても「今さら」感は拭えませんが、最新のアプリだけあって思わぬ「使い勝手」に感心させられるのが「Google Podcast」です。

「2時間以上」の配信番組の拝聴もこれで「時間短縮」して楽しめます

「Podcast」アプリも数あれど「Google公式」ながらも「iPhone・iPad用」も用意されています。


Google Podcasts
Google Podcasts
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

「Android」「iOs」アプリ両方とも使い勝手は同様な上、「Podcast」自体歴史あるサービスですので「動作も安定」している印象です。

g-pcast-001


正直「番組を登録」するまでの「操作感」は少々と惑います「再生」に関しては、他の「ポッドキャスト」アプリとほぼ同様に使えるようです。


g-pcast-002


「Google Podcast」アプリならではの機能として「再生速度の調節」が可能なところ。

「ビジネス」「テクノロジー」系の番組ですと「2時間を超える」コンテンツも多いので、「短縮」して聴くようにできるのですが、これが「思ったより使える」印象。

「ポッドキャスト」の場合、基本的に「話を聴くだけ」なので「2倍速」に設定しても「内容は充分聴き取れます」ので、個人的には「満足」しています。


g-pcast-003


また、「Google」製ならではのもうひとつの機能として「Chromecast」「Apple Air Play」「Bluetooth」対応デバイスにも「キャスト」対応できるのも、何気に「便利」に利用できています。


g-pcast-004








家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】NHK版ラジオ配信「らじるらじる」聞き逃し配信録音する方法-「らじれこ」


【これは便利!】NHK版ラジオ配信「らじるらじる」聞き逃し配信録音する方法-「らじれこ」

nhk-rajiru-000


民放のラジオ配信サービス「Raiko」の人気に隠れて、残念な「知名度」「NHK らじるらじる」ですが「リアルタイム」聴きには使えるものの、過去番組の「聞き逃し配信」サービスも存在が「コンテンツ不足」「録音に対応していない」など「使い勝手が今一つ」な感がありました。

こうした「不満」な声が「NHK側に届いた」からか定かでありませんが「2021年4月」からの「番組改変」から「対応番組の増加」「番組録音対応」(要録音アプリ)になり、より「実用的」になった感があります。

民放「Raiko」に比べ「録音可能番組」が少ない点は否めませんが「202104」月度より「対応コンテンツ」が増えているようです




↑「番組の録音」など「らじれこ」アプリが「使い勝手が良い」と思われます。

「手順」としては「Radiko」と「インターフェエイス」がやや異なることと「番組によっては録音できない」場合もある点は現在致し方無いところのようです。


nhk-rajiru-001

「録音」ボタンをクリックすると「過去番組の録音」が始まります。



nhk-rajiru-002


↑「録音中」。


nhk-rajiru-003

録音された「番組」「ライブラリ」に保存されていることが確認できます。


nhk-rajiru-004


「保存された番組」「m4a形式」になります、「らじれこ」アプリ内で再生する分には問題ないのですが、他の端末、「音楽プレイヤーアプリ」で聴きたい場合、「らじれこ」アプリ内で「MP3」形式に「変換」する事も可能です。





対応するコンンテンツは「NHKラジオ第1」「NHKラジオ第2」「NHK-FM」の3局です。

「NHK」のリスナーには「年齢層がやや偏っている」印象がありますが「昭和生まれ」「ラジオ世代」のリスナーには、なかなか「興味深いコンンテンツ」が見つかるかも知れません。









家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「睡眠導入BGM」YouTubeで静かな話題-「528Hz音楽動画」


【検証】「睡眠導入BGM」YouTubeで静かな話題-「528Hz音楽動画」

neochi-000


「新しい生活様式」によって「睡眠時間が不規則」になり、寝不足になったり「眠り」に悩まれている方も多いようです。

こんな中「睡眠導入」用の「音楽」などの「音声コンテンツ」が話題になっているようです。


個人的に「寝落ち用BGM」に、パソコンの「MusicBee」というアプリで「特定ジャンルの楽曲」を「プレイリスト」にして聴いていましたが、「YouTube」で「評判」と言われている「精神衛生上」「癒し効果」があるとされる「528Hz帯のオーディオコンテンツ」が思いのほか「自分的には効果を感じられました」ので、「検証結果をシェア」してみます。







↑「個人的に」は上記の「スピーカーシステム」で「寝落ち聴き」していますが、「USB」経由の「スピーカーシステム」で、パソコンの「オーディオ周りを充実」するのもおすすめです。

「Amazon」あたりで「5,000円前後」でそこそこの音質が楽しめる製品が手に入ります。


様々な「睡眠導入BGM」が公開されていますが「528Hz」もなかなか効果を実感できています


「深い眠り・瞑想」に、「理想の睡眠」体に良い影響を及ぼす「528Hzの周波数」と言われている「ソルフェジオ周波数」による「幻想的な映像プラス音源」コンテンツ「DVDメディア」を始め「Spotify」「Amazon Music」などでも「音声配信」も始まっていますが「YouTube」でも多数のコンテンツが公開されていましたので「再生リスト」「睡眠時間に合わせて作製」し、「寝落ち聴き」するようになり「1週間」ほど経ちます。

あくまで「個人的な印象」ではありますが、「寝つき」にはけっこう「効果」を感じますが、途中「目が覚める」場合も、またすぐ「寝つけ」る事ができています。

ただ「起床時間」「心地よく」「寝過ごしてしまいそう」になってしまったりするので、調整は必要な気がします。

このあたり「個人差」があるかと思いますので「YouTube」など「無料コンテンツ」で試してみるほうが良いでしょう。



(実際試して睡眠効果を実感できた動画)↓






















家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事(画像付)
スポンサーリンク