セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

スマホ/タブレット

【注意喚起!】「初期化」できない「学校貸与と思われるiPad」がフリマアプリに「出品」されているという「噂」


【注意喚起!】「初期化」できない「学校貸与と思われるiPad」がフリマアプリに「出品」されているという「噂」

meru-pad-000


我が社に、ここ数件「持ち込まれて」きた「初期化」できない「iPad」

どう調べてみても「個人レベル」で対応できない「団体契約仕様」のよう。

「持ち込まれたお客様」によれば、揃って「フリマアプリ」で「匿名売買」手法により入手した、というもの。


たかだか「数万円」のためだけに「子供の信用」を落としてしまう行為は「いかがなものか」
詳しく説明すると「特定」されてしいまい「問題」になりそうなので、おおまかな「イメージ」だけ「説明」すると、「起動」時に「学校名・ログイン名」など表示されたまま「ログイン情報」を入力しないと先に進まない状況。

meru-pad-001


どうやら「オンライン授業」用に生徒向けに学校から「貸与」されている「iPad端末」「入手」し「出品」されているものを「つかまされて」しまったようです。

当然「所有権」は「学校など貸与元」にありますし、この状態では「中古市場には出回る事はまずありえない」ので「かなりグレイな出品」と言えそうです。


もし「入手」して「何とかして使おう」と思っても「ハード的」「ソフト的」にも「レンタル・リース元」より「完全にロック」されていますので「そのまま使用し続けた」としても「あらぬ疑いをかけられる恐れ大」ですので「フリマアプリ運営側に通報」して対処してもらうしか「解決策」はなさそうです。(出品者に直接クレームをつけてもさらにやっかいな事になりそうなケースなので)



しかしながら、たかだか「数万円」のためだけに「子供の信用」を落としてしまう行為は「いかがなものか」「複雑」な思いを感じます。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「タクシー配車アプリ」-まだまだ「CM」のようには便利でもなさそう


【情報共有】「タクシー配車アプリ」-まだまだ「CM」のようには便利でもなさそう

taxi-app


「スマートフォン」「GPS機能」の普及により、飲食の宅配「ウーバーイーツ」「出前館」など認知度も一般的なアプリになりましたが、同じ「GPS」を生かすはずの「タクシー配車アプリ」の評判が「今一つ」な印象です。


GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi
GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi
開発元:Mobility Technologies Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

「タクシー自体が少ない地域」だと「アプリ内で電話をかける仕様」「1時間待ち」も多い上「カーナビ通りにしか走らない」ので「遠回り」されかえって「損」なケースも





テレビの「CM」もガンガン流れている「配車アプリ」ですが、CMのように「ビジネス街」など「タクシーが頻繁に走っている場所」であれば確かに便利なのでしょうが、「郊外の住宅地」などではけっして「便利」とは言えないケースもありそうです。

個人的にも、週1回程度「タクシー」を利用するのですが、文字通り「郊外の住宅地」に住んでいるからこそ「タクシー」を使いたいのに、特に「午前中」は「システムメンテナンス中・・・」と「進まず電話番号が表示」され「結局、最初から電話するのと同じ(しかも0120でさえない)」という「不親切なアプリ構成」なので、この時点で「使う気が失せる」という意見があるのも頷けます。


taxi-app-001


また、「アプリ対応しているタクシーが少ない」ためなのか、アプリで「繋がった」としても「30~1時間待ち」も「当たり前な状況という印象」を受ける事も確かです。


さらに、「アプリ配車の場合、カーナビ通り走行しなければいけないルールでもあるのか?」と思われるくらい「経路を客が指定しない限り遠回りされ結果割高料金になってしまう」ケースも実感しています。

このあたり「タクシー配車アプリ」利用が「CMの本数」ほど一般的に「認知されていない原因」なのかも知れませんね。

とは言え「個人的」にお願いする「昔なじみのタクシー会社」に限って(ドライバーさんによるのかも知れませんが)「クレジットカード」など「キャッシュレス決済が使えない」など「悩ましい」ところも感じますが・・・。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】AndroidスマホでWeb記事を「オーディオブック」のように「読み上げる」設定方法


【これは便利!】AndroidスマホでWeb記事を「オーディオブック」のように「読み上げる」設定方法

and-yomi-009


iPhoneでの「テキスト読み上げ機能」はいくつか雑誌などメディアで紹介されているケースも見かけますが、「Android端末」での使い方は機種により若干操作方法が異なるためか、あまり紹介されていないようですので、私が教えてもらった方法をを紹介します。






意外と知られていないようですがこの分野、「翻訳」を含め「Google」が「一手先を行っている」と言われているようです

手法としては「iPhone」と考え方とほぼ同じ「設定」から「ユーザー補助」内の「選択して読み上げ」項目を「オン」にする事により「Webページまるごと」もしくは「選択したテキスト範囲」を「読み上げ」て再生する事が可能になります。

and-yomi-000


and-yomi-002

and-yomi-003


and-yomi-004


and-yomi-005


and-yomi-006


↓「読み上げ」したいページを表示し、画面右下の「人マーク」をタップすると「再生ボタン」が表示され「ページの読み上げ」が始まります。

and-yomi-007


「iPhone」の場合と同じように「テキスト範囲を選択」すれば「ページの一部分のみ読み上げ」させる事も可能です。
and-yomi-008


「映像に強いApple」に比べ「Android」は「Google」製の「OS」なので「翻訳」「読み上げ」「検索」「音声」などに強みがありますので「本を書く職業」の方など「あえてAndroid」という層もおられるようです。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】話題の「ゲオ」オリジナル「骨伝導ワイヤレスイヤホン」を購入してみた


【製品レビュー】話題の「ゲオ」オリジナル「骨伝導ワイヤレスイヤホン」を購入してみた

geo-eya-000


最寄りの「GEO(ゲオ)」店内で見かけて以来、気にはなっていいたものの、正直「イヤホンには不自由していなかった」のでスルーしていたのですが、ここ最近「雑誌」や「ネットメディア」でプッシュされているようで「機会があれば入手しよう」と思っていた製品です。




形状上仕方ないのでしょうが「外の音も聞こえる半面、音漏れも気になる」かも知れません

機会は思わぬところにあるもので「ゲオ」での買い物にも使える「Pontaポイント」が意識していない間に溜まっており、「これといった使い道」もなかったので、初の「骨伝導イヤホン」を購入してみました。


geo-eya-004


「Pontaポイント」が気づかぬうちに「1910ポイント」も溜まっていたので、「3,279円(内消費税298円)の商品を「1,910円引き」の「1,368円」で購入できました。


geo-eya-001


↑「パッケージ内容」はいたってシンプルで「イヤホン本体」「充電ケーブル」のみです。


geo-eya-002


「ゲオ」オリジナル製品という事ですが「Made in China」なので、国内メーカーの「PB(プライベートブランド)」「ジェネリック」同様「国内で企画」して、製造を「中国企業」にまかせている製品と思われます。 


geo-eya-005


基本的に「イヤホン左右」ボタンを押して操作しますが、この製品では「音量の上げ下げ」はイヤホン側では操作できず、ペアリングする「端末側の音量調節機能」を使用する必用があります。


geo-eya-003


付属する「充電ケーブル」は今時何と「MicroUSB」!!!。

説明書には「パソコンなどのUSB端子から」とわざわざ書いてありますので、おそらく「1A(アンペア)」相当と思われます。

スマートフォン用の「充電器」のほとんどが「2.4A」なので「過充電」で「発火」などのおそれもありますので「説明書に従っておいた方が無難」でしょう。

この「製品の使用感」ですが「骨伝導」との事なので「こめかみのあたり」にパッドをあてても十分聞き取る事が可能なのですが「他の音が聞こえる分、音漏れがけっこう気になるレベル」です。


geo-eya-006



駅や買い物など「いちいちイヤホンを取り外す必要がなく通話」などできる反面、「耳を塞がない形状」なので「イヤホン内の音が聞き取りにくい」場合もあったり、逆に「図書館」や「電車内」など「音漏れ」が望ましくない場所では「あきらかに音漏れがする」ので「使用時に音量を下げる」など「配慮」する必要があります。

とは言え「交通量が多い道路」など「後ろからくる自転車」などの音も聴き取れますので「ジョギング」「ウォーキング」時に「ラジオ」「オーディオブック」などを聴く分には「安心して使えそう」です。

気になる「音質」ですが、音楽を聴くには「骨伝導」がゆえ「けっこう籠った音質」になりますので、同じ「ワイヤレスイヤホン」でも音楽向け「インナーイヤピース」型を選ぶべきで、「用途にあわせ使い分ける」べきでしょう。

正直なところ「通話」や「オンライン会議」など「音質」以外にも「遅延」などけっこう気になる製品のように感じますので「用途」は限られるかも知れませんが「骨伝導入門機」としては面白い製品ともいえるでしょうか。



*比較用に(参考製品)











家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】iPhoneでWeb記事を「オーディオブック」のように「読み上げる」設定方法


【検証】iPhoneでWeb記事を「オーディオブック」のように「読み上げる」設定方法

i-yomi-000


通勤・通学中や自宅でのリモートワークの合間に、スマートフォンでWebの記事を読むことが当たり前になりましたよね。

個人的にも「ニュース」はもちろん「気になる新商品のレビュー」「世の中の話題」に関するコラムなど、1日に10本以上の記事を読むこともあります。

そのようなとき、Web記事もテレビや「ラジオ」「オーディオブック」のように音声で聴けたらいいのに!.と思ったことはありませんか?


↓以前、同機能を紹介しましたが、「OSのバージョン」が古かったせいか「精度」がイマイチな印象でしたが「けっこう改善」されているようです。





ちなみに今回は「iOs15」アップデートした状態での「検証」になります。

「Safari」「Google Chrome」とも実際に試してみると、読み上げの精度やスムーズさに驚くのではないかと思います

手持ちの「iPhoneSE(2020)」の場合「初期設定」「無効」になっていましたので、あらためて「設定」し直します。


i-yomi-001


「設定」→「アクセシビリティ」→「読み上げコンテンツ」と進みます。


i-yomi-002


「初期設定」では「選択項目の読み上げ」「画面の読み上げ」それぞれ「オフ」になっていましたので「オン」に切り替えます。


i-yomi-003


↓「選択項目の読み上げ」=>読み上げてほしいテキスト範囲を「選択」すると、画面上部に「メニュー」が表示されますので「読み上げ」をタップすれば「女性の音声で読み上げ」してくれます。

i-yomi-004


↓「画面の読み上げ」=>読み上げたい画面を表示した状態で「画面上部から下に向け2本指でスワイプ」すれば、画面上部に「再生メニュー」が表示されますのであとは「タップ」で音声・再生速度など「一連の操作」が可能になります。



i-yomi-005


心配な「読み上げ精度」ですが、実際に試してみると、以前に比べ、「読み上げの精度」や「スムーズさ」に驚かれるかも知れません。

特に「漢字の読み間違いが減った印象」がある点はかなり進歩した感があります。

また「対応ブラウザ」「Safari」はもちろん「Chrome」でも「動作は良好」のようです。

この機能に慣れると「オーディオブック」感覚で「10記事ほどイッキ聴き」できる事もあり「作業中」「移動中」でも「耳からネット記事の情報を得る」ことができる事が確認できました。

とはいうもののやはり「無料」で使える機能ですので「あきらかな読み間違い」もあるのも「ご愛嬌」として「さらなる改善」を待つ姿勢で利用するべき機能でしょう。



(参考製品)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク