セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。

スマートフォン(Android/iPhone)

【検証】楽天モバイルで「iPhoneSE(2020)」-無料通話アプリ「楽天Link」の設定


【検証】楽天モバイルで「iPhoneSE(2020)」-無料通話アプリ「楽天Link」の設定

20230225-rakuten-000

無料通話アプリ「楽天Link」「RakutenMINI」から「iPhoneSE」への「移行作業」は思いのほか簡単です。





(前の記事)



「iPhone」の場合「着信時」アプリに相手の番号が表示されないのでそのままかけ直すと通常の料金が発生してしまうので「注意」が必要

まずは「iPhoneSE」側に「楽天Link」アプリをインストールします。

20230125-rkink-001

Rakuten Link
Rakuten Link
開発元:Rakuten Group, Inc.
無料
posted withアプリーチ

ここで今まで「RakutenMINI」で使用していた「楽天会員ユーザID」で「ログイン」します。

20230125-rlink-003

契約している「電話番号」を入力する事により、「RakutenMINI」側の情報が自動的に「ログアウト」し、「iPhoneSE」側に「移動」します。

20230125-rlink-004

これだけの「手順」で「楽天Link」アプリの「引っ越し」は完了です。

「iPhone」で着信する場合、相手が「楽天Link」で発信していれば「楽天Link」アプリリンクで「着信」しますが、相手が「楽天リンク以外で発信」していると「iOS標準の通話アプリ」で「着信」されます

アプリの「引っ越し先」が「Android端末」なら「使い勝手」は変わらないのですが、「iPhone」の場合、若干「使い勝手」に「癖」があるので「注意」が必要です。

まず「楽天Link以外」「スマートフォン・ケータイ」からの「着信」「楽天Link」アプリ内ではなく iPhone純正の通話アプリ」のほうに表示されてしまいます。

20230125--rlink-006

そのため「着信を受けた画面からそのままかけ直す」「楽天Link」を通さないため、通常の「電話料金が発生(22円/30秒)」してしまいます。

20230125-rlink-005

なので「iPhone」使用時に限っては、面倒ですが、「楽天Link」に移動してかけ直す必要があります。

【SMS】受信は無料ですが、送信時は相手次第で有料の場合も

「SMS」でのやりとりについては、さらに「複雑な仕組み」になっています。

「楽天Link」→「楽天Link」(iPhone.・Android端末共通):「楽天Link」アプリ内で完結(無料)

「楽天Link」→「iPhone」:「iMessage」の設定が「オン」であれば(無料)で「iMessage」でやりとり

「楽天Link」→「Android端末」:相手側の「SMSアプリ」によりますが、基本的に「有料」
(全角70字あたり3.3円国内SMSの場合)が発生。


もっとも「SMS」の扱いについては「iPhone・Android端末」とも同様になります。

20230125-rlink-006
20230125-rlink-007

以上のように「SMS」送受信に関しては「複数のアプリに分散」してしまうので「非常に分かりづらい」仕組みになっているようです。

基本的に「SMS」の送受信については、他キャリア同様、「有料サービス」と割り切って考えています。


(参考記事)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】楽天モバイルで「iPhoneSE(2020)」-「RakutenMINI」から「eSIM」移行手順


【検証】楽天モバイルで「iPhoneSE(2020)」-「RakutenMINI」から「eSIM」移行手順

20230120-rakuten-001

「楽天モバイル」で利用している「RakutenMINI」「画面割れ」してしまったので、手持ちの「SIM」の入っていない「iPhoneSE(2020)」移行する事にしました。

「RakutenMINI」が「eSIMのみ」、「iPhoneSE(2020)」「eSIM対応」なので「物理的SIM交換なし」変更できるとの事なので「移行作業」を「検証」してみました。

「楽天モバイルショップ」に持ち込んで「移行」する
という方法もありますが、基本的に有料サービスで「3,300円(税込)」かかる場合もあるようです。

自分で「移行作業」を行う場合も当初「3,300円(税込)」の費用が発生していたようですが、2023年1月24日現在「0円(無料)」で「移行手続き」ができました。

「eSIM」のみの移行であれば思いのほかスムーズ-あとは「iPhoneSE(2020)」との「相性」次第

「楽天モバイル」「iPhone」とは「着信音が鳴らない」、無料通話アプリ「楽天Link」との「相性」が「指摘」されている部分もありますので「メイン端末」としては「一抹の不安」はありますが「サブ機」として、とりあえず「カメラ代わり」「キャッシュレス決済」をメインに利用して「様子を見る」こととします。

20230123-esim-000

なお「eSIM」搭載の「iPhone」端末は、「iPhoneXR」以降の機種に限られます。

そのため、それ以前の「iPhone」では、残念ながら「eSIM」を利用できません。


「楽天モバイル」サイト側の作業

「楽天モバイル」
「eSIM」「iPhone」に移す際にまずはじめに行うのが、「楽天モバイルサイト側でのeSIM再発行」作業になります。

【手順】

「楽天モバイル公式サイト」アクセスして、「my楽天モバイル」に進みます。

20230124-rakuten-002

「楽天ID」ログインし、「my楽天モバイル」「三本線」メニューボタンクリック。

20230124-rakuten-001

「my楽天モバイル」の項目にある「契約プラン」をクリック。

20230124-rakuten-002

「契約プラン」が表示されるので、「各種手続き」をクリック。

20230124-rakuten-003

「手続きメニュー」が表示されるので「SIM再発行」をクリック。

20230124-rakuten-004


「交換メニュー」が表示されたら、「紛失・盗難」→「eSIM」→「再発行する」と進みます。

20230124-rakuten-005


「交換手数料」が「0円」であることを確認できたら、「次へ進む」をクリックします。

20230124-rakuten-006
20230124-rakuten-007


「申込内容確認」で次へ進むと、「マイページ」申込番号が表示されます。

20230124-rakuten-008
20230124-rakuten-010


「申込み確認」をクリックし、「準備中」になっていれば、「準備中」の表示をクリックします。

現在の「回線切り替えステータス」が表示されますので、手元に「iPhone」を用意して「開通手続きをする」をクリックします。

「再発行」された「eSIMのダウンロード用QRコード」が表示されます。

ここで「楽天モバイル」サイト側の作業」は終了です。

「iPhoneSE」側の作業

「楽天モバイルサイト」側で「eSIM再発行手続き」、「開通手続き」完了したら「iPhone」側の作業に入ります。

「iPhone」に新たに「eSIM」を追加していきます。

「設定」「モバイル通信」タップします。

20230124-rakuten-011

「モバイル通信プランを追加」タップします。

20230124-rakuten-012


「楽天モバイルサイト」に表示された「QRコード」「iPhone」読み取ります。

20230124-rakuten-013

「eSIMをアクティベート」というボタンが表示されるので「続ける」タップします。

ここで画面左上「Rakuren」電波表示がでてきたら「開通」成功です。

20230124-rakuten-014

とりあえずこれで「楽天モバイル」の「eSIM回線」を利用して「iPhone」での通信が可能になります。

次回は無料通話アプリ「楽天Link」インストールして「iPhone」での動作を確認します。


↓(次の記事)
「楽天Link」「SMS」の設定





ちなみに「楽天モバイル」の利用料金は「楽天ポイント」で支払う事も可能です。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】スマートフォンで「緊急防災速報」対応外キャリアでもアプリを使えば「通知」が可能です-「Yahoo防災速報」


【これは便利!】スマートフォンで「緊急防災速報」対応外キャリアでもアプリを使えば「通知」が可能です-「Yahoo防災速報」

20230122-bousai-000

「地震」「火山噴火」「水害」や「国防上の懸念」が話題になる昨今ですが、「ケータイ・スマートフォン」「災害速報」は当然すべての「端末」に搭載されている機能なのかと思いこんでいたところ、「iPhone」「Android端末」とも各「ケータイキャリア」や「MVNO(格安スマートフォン)」「MNOのサブキャリア」の契約内容によっては「非対応」な場合もあるようです。

「地震・津波・豪雨・熱中症・国民保護情報」なども「端末」「キャリア」に依存せず利用できます

では「対応外キャリア・端末」ではこうした「災害速報」が利用できないかと言うとそうではなく、「iPhone」「Android端末」とも「災害速報アプり」がいくつか「公開」されていますので気に入ったアプリを「ダウンロード」して「速報通知」を「有効」にする事が可能です。

今回は個人的にインストールしている「Yahoo防災速報」アプリでその機能を「確認」してみます。

Yahoo!防災速報
Yahoo!防災速報
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

他のアプリでも採用されている機能ではありますが、「地震速報」だけでなく、「津波」「豪雨」「河川洪水」はたまた「国防上の国民保護情報(ミサイル発射など)」にも「対応」されているとされています。

20230122-bousai-004

また「位置情報」を「登録」しておく事により、「最寄りの避難所を検索」する事も可能なようです。

20230122-bousai-002

また「設定時」に「見落とし」がち「マナーモード中だと速報音声が鳴らない」という機能も「許可」にしておかないと「速報」として「あまり意味がない」ケースもありますので「確認」しておきましょう。

20230122-bousai-003

もっともこうした「速報機能」「先の大震災時に機能しなかった」とか「国防上の情報が事後発報」など「情報の信頼性が問われる問題」を指摘されがちではあるようですが「用意しておく」に越した事はないでしょう。


(参考製品)


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】「スマートウォッチ」は利用したい機能を考慮すれば「数千円台」の製品でもお得感アリ-「SOUNDPEATS Watch 3」


【製品レビュー】「スマートウォッチ」は利用したい機能を考慮すれば「数千円台」の製品でもお得感アリ-「SOUNDPEATS Watch 3」

20230116-watchi-000

個人的に「スマートウォッチ」型のデバイスについては「電話の着信を知れせてくれる」「メール」や「LINEなどのメッセージの通知」、および「歩数計機能」だけあれば良い、という考えなのでこれまで「1万円以内」の製品しか購入した事がありません。

かれこれ「4台」ほどほぼ「2年毎」に買い替えています。

過去「無名の中華製スマートウォッチ」から始まり、「シャオミ」の「Mi Band」→直近では使用している「Bluetoothイヤホン」と同じ「SOUNDPEATS Watch 1」愛用していました。



ところが購入して「約2年」ほどで「充電口にサビ」が発生充電ができなくなってしまいました。

20230116-watchi-001


「電話の着信」「SNS・LINE・メールの確認」「歩数計」だけで機能で充分なら「Apple Watch」の「1/10」に価格の製品を「買い替え続ける」のも「コスパ高」かも

そこで「新しい製品」を入手しようと「ネット上」をながめていると「SOUNDPEATS」の後継機「Watch 3」「楽天1位」「Amazonベストセラー」に入っており、「レビュー」でもまあまあな感じでしたので「Amazon」「3,980円(税込)」で購入してみました。

「丸型」の「Watch 2」も気になったのですが、「情報量が多くタッチ操作のしやすさ」を考えて「角型」の「Watch 3」を選びました。

20230116-watchi-002

「パッケージ」内容は「本体」と「独自形状の充電ケーブル」。

「取説」「複数言語」対応「日本語説明が怪しい」のは相変らずですが、何気に「カラー」で「厚くちょっぴり豪華」になった印象。

20230116-watchi-003

この手の「スマートウォッチ」ありがちですが、初回起動時に画面に「QRコード」が表示され「ペアリング」したい「スマートフォン」のカメラで読み込み「設定アプリ」をダウンロード・インストールする仕組みになっています。

20230116-watchi-004-horz

あとは「画面の指示」に沿って「インストール」作業を行うだけです。

20230116-watchi-006-horz

「位置情報」の設定、「ペアリング」の確認が完了すれば、自動的に「時間」「通知するアプリ」の「設定」などが完了します。

20230116-watchi-008

もともと利用していなかった「ヘルスデータ」「睡眠管理」などは「あとからゆっくり見ていく」として「とりあえず歩数計」の「機能確認」をしてみます。

20230116-watchi-009

「ペアリング」する「スマートフォン」(今回はAndroid端末、SHARP AQUOS sense4で検証)にインストールした「ステップカウンター」なる「歩数計アプリ」「Watch 3」「歩数計データ」「1日」が終了した時点で「比較」してみました。

20230116-watchi-010

結果、「Watch 3」の方が「スマートフォンアプリ」に比べると「約2割」ほど多く「計測」されるようです。

もっとも「Watch 3」は「左手首」「スマートフォン」は「腰のベルトに固定されたケース」に入れてでの「計測結果」になりますので「同じ条件とは言えず」その「差」致し方無いのかも知れません。

ちなみに本家「Apple Watch」シリーズでも「同様の計測結果がでる」との報告もあるそうです。

あくまでも「スマートウォッチ」「スマートフォン」とも「目安」でしかありませんので「割り切った使い方」をするしかなさそうです。

歩数計 - 万歩計、ステップカウンター & カロリー計算
歩数計 - 万歩計、ステップカウンター & カロリー計算
開発元:Leap Fitness Group
無料
posted withアプリーチ

しかしながら「ちょっぴりうれしい点」が二つ。

ひとつは思いのほか「バッテリー」の持ちが良いところ。「取説」や「レビュー」にある「一週間」「オーバーな表現」と言えそうですが、それでも「1回充電」すれば「4~5日は持つ印象」なので、本家「Apple Watch」「FitBit」などの「高額スマートウォッチ」が「1日しか持たない」事を考えれば「合格点」と言えそうです。

また、意外に便利なのが「音楽アプリの操作」「わかりにくい」ながらも「可能」なところ。

20230116-watchi-011

「再生中楽曲」「スタート/ストップ」、「前曲に戻る」「次曲に進む」などの操作が「可能」なのはもちろん。

20230116-watchi-012

「音声アイコン」をタップする事で「音量の操作」も可能でした。

この「SOUNDPEATS」「Watchシリーズ」に限らずですが、こうした「デジタルガジェット」は「2年ほどでアップグレード」される製品群に」なります。

たとえ「10倍の価格帯」の製品でも「2年の寿命」と考えれば、こうした「格安デバイス」を「買換え続け」たとしてもけっして「安物買いの銭失い」とは言い切れない分野かも知れません


(関連製品)







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】SIMなし端末でも「QR・バーコード決済端末」化できるのか?-「スマートフォン再活用」


【検証】SIMなし端末でも「QR・バーコード決済端末」化できるのか?-「スマートフォン再活用」

20230105-qr-000

「スマートフォン」を買い替えた際に残ってしまった「古い端末」「再利用」方法として、「おサイフケータイ専用機」化する記事を公開しましたたが、「機種に依存」する使用方法のため、すべての「スマートフォン」で使える手法ではありません。

2023年1月現在、「スマートフォン」による「キャッシュレス決済方法」として、こうした機種に依存しない「QR・バーコード決済」という手法も増えていますが、「SIMなし端末」で使えるのか、というと、「使えない事はないけれどもかなりハードルは高い」といったところのようです。

↓2023年1月11日更新記事



努力すれば使えない事はなさそうですが、「ネット接続環境」が前提の支払い方法ですので「SIMなし運用」は「現実的」ではなさそうです

「QRコード決済」「バーコード決済」については「おサイフケータイ」「Fellica」といった「物理的に端末の機能」とした仕組みとは異なり、「ネット上のクラウドにつながったアプリ」上での「データのやり取り」という仕組みになります。

したがって「SIMなし端末」では、「ネットにつながっていない」状態になりますので、「QRコード・バーコード自体を表示させる事」すらできません。

もっとも「ネット上の記事」の中には「利用したいコンビニなどの店舗のフリーWi-Fiで通信を行って決済を行う」という手法が紹介されている場合もあるようですが、「フリーWi-Fi上に自分の口座・クレジットカード情報をさらす行為」になりますので「おすすめできない」手法と思われます。

ならば「ポケットWi-Fi」や「他のスマートフォンからのテザリング」ではどうかと言うと「確かに可能」ではありますが、それならば「テザリング」に使用している「スマートフォン」で「QRコード・バーコード決済」を行えばよい話でしょう。

こうした「QRコード・バーコード決済」アプリや、店舗などの「ポイントカード」アプリ「ネット上のクラウド処理」がほとんどですので「端末の容量」自体さほど「影響」するものでもありません。

このような理由から「古い端末」を「コード決済専用端末化」するという「利用法」「あまり現実的ではない」ように思われます。


(参考書籍)


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク