セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

スマホ/タブレット

【トラブル解決】「オンライン会議」の回線状況が不安定な理由-「ホスト」が「ポケットWiFi」ではないですか?


【トラブル解決】「オンライン会議」の回線状況が不安定理由-「ホスト」が「ポケットWiFi」ではないですか?

mob-wifi-000
「オンライン会議」などを利用した「リモートワーク」も主流ななりつつある現在、平日日中こそなおさら「回線状況が不安定」なケースが見られます。

政府などで「リモートワーク」を推奨されている中「回線状況」の混乱を「考慮」せず進めた結果、「起こるべくして起こった」自体のようです。

最近報告されているケースでは「フリーWiFi」などの「公衆無線LAN」も「ギガもすぐ減る」などけっこう厳しいようです

確実な理由と言えないかも知れませんが、「定期的にオンライン会議」を主催している身として感じるのは通常「自宅・事務所」などの「光回線直結」でホストを立てている場合、あまり「回線不良」を感じないのですが「屋内WiFi化」の環境ですと、クライアント側が「スマホのデータ通信やWiFi」の場合「ときどき通信が途切れる」ように感じます。

ましてや「ポケットWiFi」や「スマホ通信」でホストを立てると「あっという間にギガを消費してしまう」上、けっこう「不安定な環境」になってしまいます。


さらに「フリーWiFi」「公衆無線LAN」の場合は施設によって「様々」「ビジネスホテル」ですと割と使用できる印象がありますが、「公共施設」や最近出始めた、こうした用途向けのはずの「ワーキングスペース」がけっこう「通信環境が不安定」なのは意外です(もっともホストでなければ快適に使えますが・・・)。


とりあえず、「ホスト」を立てる場合は、「自宅や会社」などの固定の「光回線」に「直付け」で「設定」したほうが「無難」かも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利】?スマホ・タブレットに「地図データをダウンロード」して「オフライン」上で「GPSカーナビ」として使えるアプリ-「MAPS.ME」


【これは便利】?スマホ・タブレットに「地図データをダウンロード」して「オフライン」上で「GPSカーナビ」として使えるアプリ-「MAPS.ME」

mapsme-000


「Googleマップ」など「オンライン地図アプリ」を利用して「スマホ・タブレットをカーナビ代わり」に利用するのも「当たり前」な時代となりましたが、便利で高機能な反面「インターネット通信環境下で動作する」前提のアプリのため、「Googleマップ」などの地図アプリでルート案内する間、使用中はずっと地図をダウンロードし続けるので多くの通信量を消費するのは「必須」です。

本家「Googleマップ」でも「一部マップのオフライン化」は可能なのですが「記録」など「機能がけっこう限られて」しまいます。

そこでいくつか公開されている「オフライン地図アプリ」の出番なのですが「オフライン」ゆえ「機能が千差万別な評価」があり「選択に迷う」ところ。

いろいろ試してみた結果「MAPS.ME(マップス・ミー)」なるアプリ個人的に一番使いがってが良かったので愛用アプリのひとつとなっています。


オフライン地図、GPSナビ:MAPS.ME
オフライン地図、GPSナビ:MAPS.ME
開発元:STOLMO LIMITED
無料
posted withアプリーチ


「賛否両論」あるアプリですが使い方によっては「通信費」を気にせず「GPSカーナビ化」として使用できそうです


「元祖オフラインマップ」とも呼べる、この「MAPS.ME」の最大の魅力はなんといっても「ネット環境のない海外でも、事前にダウンロードしておいた地図をオフラインで見られる」ことです。


mapsme-001


アプリインストール直後詳細な地図データが一切ないため、まずは地図データのダウンロードから。簡易地図上で地図を見たい地域に移動し、地域ごとのデータをダウンロードすることで地図アプリとして使えるようになります。


mapsme-003


比較的自由に使える形式「地図データ」提供している「OpenStreetMap」という機能を採用したもので、日本を含む世界中の地図をオフラインで参照できます。

このあたり他の「オフライン地図アプリ」と異なる「MAPS.ME」の特徴でしょう。


mapsme-004


一般的な「スマホ・タブレット」であれば「GPS機能が標準で搭載」されているので、単に自分の居場所を知りたいだけなら「MAPS.ME」だけでも充分かも知れません。


mapsme-005


mapsme-002


↑アプリの「レビュー」でも「高評価」ではあるものの「ネガティブ」な意見も無くはないのですが「通信費」がかからず「カーナビ機能」が利用できるのですから「多少の不満は致し方無い」ところではあります。


こうした「オフライン地図アプリ」を利用することで、「モバイルデータ通信の節約に大きく貢献」するはずです。

「地図参照時に逐次データダウンロードが発生しない」分「レスポンスが高速」なのもメリットのひとつと言えるでしょう。



こうしてみると「けっこう使えそう」なように思えますが鉄道を利用するルートは正しく検索できない」など「得意分野」は異なるようなので「鉄道ルート」に関しては「WiFi環境下でGoogleマップ」を利用し「MAPS.MEはカーナビ専用」にと使い分けるようにしています。

(関連製品)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】「SOUNDPEATS」のスマートウォッチに「Apple Watch」用「カバーケース」を取り付けてみた


【製品レビュー】「SOUNDPEATS」のスマートウォッチに「Apple Watch」用「カバーケース」を取り付けてみた

aw-sp-000


「Apple Watch」をはじめ「スマートウォッチ」も多種出回ってきています「スマホ・タブレット」と異なり「ウォッチ」ならではの「曲面部分」がある構造ゆえ「液晶保護カバー」など「満足いくレベルの品がない」分野な印象があります。

個人的には「Apple Watch」は購入した事はありませんが「中華製スマートウォッチ」をいくつか購入して「愛用」していますが、こうした「スマートウォッチ用保護カバー」はすぐはがれてしまったり、くすんでしまうものも少なくなく、本家「Apple Watch」を含め、皆さん「試行錯誤」されているようです。

↓現在メインに使用している「SOUNDPEATS」のスマートウォッチ




↓今まで満足いく「液晶保護グッズ」に出会わなかったので使用していた「液体保フィルム」



あくまでも「サイズが同じ」だけなので「無理やりはめ込む」方法はけっして「おすすめ」できませんが、何とか使えてはいるよう・・・

とはいうものの、お気に入りの「スマートウォッチ」の「画面」は何とか「保護」したいので「装着したまま作業できる」ものを探してみたところ「Apple Watch」用ではあるものの、所有の「スマートウォッチ」と「サイズがピッタリ」な「カバーケース」を見つけ「ダメもと」で購入してみました。





aw-sp-001


aw-sp-002


↓予想した通りサイズは合っているものの「違う製品のケース」ですので、なかなか装着に苦労します。

aw-sp-003


↑↓「サイズ」は合っているハズなのですが「上下の形状が異なるので悪戦苦闘」しましたが何とか「装着」できました。


aw-sp-004


aw-sp-005


↓しかし思わぬ誤算「充電口」が隠れてしまいます・・・。


aw-sp-007


どうやら「充電」の際は「取り外す」必要があるようです。


aw-sp-006


とはいうものの「別の製品用のカバー」を無理やり取り付けているので「多少の不具合、欠点は致し方無い」ところではあるでしょう。

もっとも「Amazonレビュー」で「本家Apple Watch」での評価としても「隙間が空く」「曇る」「タッチ反応が悪い」などの意見が見られますので「画面を守る」という意味では「十分役目は果たせる」とは言えるのでかと「個人的」には思います。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「古いiPad」こう再活用しています-「Facetime」「SkyPhone」専用機として「固定電話代わり」に


【検証】「古いiPad」こう再活用しています-「Facetime」「SkyPhone」専用機として「固定電話代わり」に

ipad-os9-000


亡父の形見である「iPad(初代第3モデル)」搭載の「iOs9」対応アプリもいよいよ無くなりつつあり、頼みの「Safari」でさえ「旧バーージョン」の上「多くの機能に対応」されないようになってしまいました。

「形見」ですので、最終的に「亡父の仏壇」の横に置く事にしたのですが、「以前その場所に固定電話の子機」が置いてあった事を思いだし「最後のおつとめ」として「通話アプリ」で他の家族のスマホと連絡が取れる環境に整えてみました。

高齢の親の部屋に設置して家族のスマホと「通話アプリ」で「タップ操作」だけで繋がれるようにしてみました

相手のスマホが「iPhone」であればお互いに標準機能として「Facetime(フェイスタイム)」でやり取りが可能ですので「アカウント」を作るだけで済むのですが「Android」端末の場合「Facetime」が存在しないので「iOs」「Android」両方でやり取りできる「通話アプリ」をインストールする必要があります。

ところが「iOs9」に対応できるアプリがほとんど全滅で、本当は「ビデオ通話」にも対応できる定番の「Skype(スカイプ)」導入したかったのですが、やはり「非対応」なので、似た名前で「音声通話のみ」「SkyPhone(スカイフォン)」なるアプリを導入してみました。


SkyPhone - 高音質通話アプリ
SkyPhone - 高音質通話アプリ
開発元:QuadSystem Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

「iPad」「Android」スマホそれぞれに「SkyPhone」アプリをインストール。個々に「アカウント」を設定すると「8桁のSkyPhone番号」が発行され、両方の端末に「お互いの番号を登録」する事が可能です。

一度登録してしまえば、あとは「登録名をタップ」するだけの操作で相手と繋がります。


ipad-os9-001


気になる「音質」ですが、「他の通話アプリ」「IP電話」同様「通信環境に依存」するものなので「可もなく不可もなく」といった印象ですが「本家Skype」と比べると「若干期待外れ」感はあるかもしれませんが、家族内での個人的な「通話」であれば「利用できる」レベルと言えるでしょう。



ipad-os9-002


若干「聞き取りにくい」ケースがありましたので「外付けスピーカホン」を接続して「強化」してみると「なかなか」使い勝手が上がります。


ipad-os9-003


↑標準の「Facetime」であれば「ビデオ通話」にも対応されていますので「より使いで」があるでしょう。


ipad-os9-004


導入してみて気づいたのですが「SkyPhoneがブルー」「Facetimeがグリーン」のアイコンなので「利用する人に色で誰への通話かわかる」という説明ができます。


ipad-os9-005


↑この機能も「設定」中に気づいたのですが「iOs9」でも「Siri(シリ)」が「ホームボタン長押しで起動」する事ができますので「スマートスピーカー代わり」に使えるかも知れません。(まだ試していませんが・・・)。

これで「まだまだ延命」できそうなので「神社でお焚き上げ」をしてもらう日もしばらく先になりそうです。

この「iPad」は「9.7インチ」なので「画面を大きく使う」には最適思ですが、「iPhone5」までの「iOs9」スマホでも「同じ使い方」が可能と思われますので「処分」する前にこうした利用法を試してみてもいいかもしれません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【トラブル解決】「iPhone」充電されているはずなのに「電源が入らない」時-とりあえず試してみる事


【トラブル解決】「iPhone」充電されているはずなのに「電源が入らない」時-とりあえず試してみる事

iphon-trb-000


2021年6月26日現在「インターネット通信」や「OSなどの不具合」など「スマートフォン廻りのトラブル」の報告が増えている昨今ですが、このケースも「同様な問題」なのか正式にアナウンスされていませんので「情報として定かではない」ものの、私の仲間内で相次いでいる「iPhone(アイフォン)が充電されいるはずなのに電源がダウンしていまう」という現象。

今朝、私の「iPhoneSE(2020)」起床してみたら「画面がブラックアウト」してしまっていたのですが、あれこれいじっているうちに「復旧」し、今のところ「問題なく作動できているよう」なので、「試してみた事」を報告します。


最近「何故か」こうした相談が増えていますが、とりあえずこの方法で復帰するようです

「最近の現象」としては「情報」はあがっていないよう
ですが、「iPhone」の場合「iOSの自動アップデート」の際「自動で電源がオフになる」ケースもあるようです。


この原因の場合「端末の再起動」「強制リセット」が「有効」との記事があったので「電源ボタン」を何度も押してみたのですが「再起動」してくれません。

そこで「強制リセット」の方法を試してみました。

方法は、

①「音量ボタン」の「↑大」を1回押す

②「音量ボタン」の「↓小」を1回押す

③「電源ボタン」を「5秒ほど長押し」


という手順なのですが、なかなか「再起動」してくれません。


iphone-trb-001


しかしこの動作を「しばらく繰り返し」していたら「5分ほど経って」からやっと「リンゴマーク」が表示され、無事「再起動」できました。


iphone-trb-002


「強制リセット」と言っても「指紋認証」を「有効」にするための「パスコード入力」が表示されただけで「とくに変更点」などなく「以前と設定は変更されておらず」使用できています。


iphone-trb-003


何度か「再起動を繰り返し」てみましたが「問題なく使用」できています。


iphone-trb-004

↓手持ちの「iPhone」「SE(2020年版)」しかありませんので、他機種ではどうかは「検証できていません」「参考」となりそうな動画を見つけましたので「リンク」を貼っておきます。↓





「設定」を確認してみたところ「iOSのアップデート」が実行されていましたので、私の「iPhoneSE」の場合はこのケースに当たるのかと思われます。

いずれにしても最近、こうした「スマートフォントラブルが多発」していますので、「安全な方法で再起動」してみるのも「有効」かも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事(画像付)
スポンサーリンク