セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。

動画配信サービス

【情報共有】まぎらわしい「映画」「映像」「動画」の呼び方はどう違う?


【情報共有】まぎらわしい「映画」「映像」「動画」の呼び方はどう違うのか?

eiga-eizou-douga

「映画」「テレビ番組」「DVD・ブルーレイ」や、ネット上からの「動画配信」など、「動画」「ムービー」などと様々な「呼び方」も多くなりましたが、その「定義」が「曖昧」なような気がします。

ここ最近「スマートフォン」「パソコン」での「テレビ番組視聴」も当たり前になっていますので、その「名称の意味の定義」をまとめてみました。

「明確な定義」ではないかも知れませんが、全く同じコンテンツでも「視聴する環境」によって「使い分け」た呼び名のようです

かんたんに言うと「映画館で上映する」のが「映画」、「テレビで放映」するのが「映像」、「パソコン、スマートフォン、タブレット端末」で観るコンテンツが「動画」とされているケースが多いように感じますが、大まかに「3つ」に「使い分け」られる場合が多いように感じます。


「映画」(シネマ)(スクリーン)(フィルム)などとも呼ばれる場合も多い

現在では「映画館」での「スクリーン」で観る「コンテンツ」のことを指す名称として使われているようです。

ちなみに「フィルム」メディアを「スクリーン」に投影する「再生」する形式ですが、現在、フィルムを使わない「デジタルスクリーン」による上映が「主流」になっているようです。


「映像」(ビデオ)

基本的に「テレビ」機器で視聴する場合、たとえ「映画館で上映されていた作品」であったとしても「テレビ画面」を通して視聴する場合、「映像(ビデオ)」という呼び方が使われているようです。

「DVD・ブルーレイディスク」などによる「コンテンツ視聴」もこれに当てはまりますし、「TVゲーム(海外ではビデオゲームと呼ぶらしい)」も同様に使われている名称です。

「動画」(ムービー)

「映画館」や「テレビ」機器での「コンテンツ再生」ではなく「パソコン」や「スマートフォン」「タブレット端末」などで視聴する作品を「動画」と呼んでいるようです。

初期の「パソコン」での、文字通り「動くコンテンツ」をこう呼んでいたのが始まりかと思います。

また、最近販売されている「コネクテッドテレビ」「スマートテレビ」「スマートデバイス」を使い「ネット動画」を視聴する場合も「動画」と呼んでいるようです。

(関連記事)




「パソコン」「スマートフォン」「ハード」のスペックが向上して「映画」「映像」も「再生」できてしまうので「名称の違い」に「意味がなくなって」いますが「動画」という名称の「定義」としてこうした「テレビ筐体」以外の端末で視聴する場合「動画(ムービー)」という表現が多用されているように感じます。



(関連製品)





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

  • SmaSurf クイック検索

【情報共有】「コネクテッドテレビ」「スマートテレビ」の「定義」


【情報共有】「コネクテッドテレビ」「スマートテレビ」の「定義」

smart-tv-000

最近、「マスコミ」「ネット」等、メディア上でよく話題に上がっている「コネクテッドTV」という「概念の製品」。

「16:9」サイズの「薄型テレビ」が相次いで発売された時代、さかんに「スマートテレビ」と名乗る製品が出始めましが、最近の「コネクテッドTV」は単純に「スマートテレビ」から「名称が変わっただけ」というわけでもないようです。

「テレビ画面」で「スマートフォン」や「PC」だけで「視聴」していた「ネット動画」などを楽しむ環境の名称らしい

2011年前後の「地デジ化」あたりから「スマートテレビ」の名称が出始めましたが「イマイチ」普及せず

個人的に「2011年テレビの地デジ化」の「推進スタッフ」として携わっていた頃の「スマートテレビ」の「定義」としては「テレビひとつで、地デジ・BS・110°CSといった放送波すべてが視聴でき」かつ、日本国内独自のテレビ向けインターネット規格「アクトビラ」を搭載し「VOD(ビデオオンデマンド)」「通信カラオケ」などを利用できるテレビ「スマートテレビ」として紹介してい覚えがあります。

↓しかしながらこの「アクトビラ」という「規格」もすでに「消滅」。

actvilla-000

日本ではこの「アクトビラ」という「規格」が残念な結果に終わってしまっていましたが、その一方「米国」でも「AppleTV」をいち早く発表してはいましたが、今一つ「標準化」までに至らずといった状況でした。

2022年現在「店頭販売」されているテレビ」の多くが「ネット動画」対応の「コネクテッドTV」化されているようです

こうした「ネットメディア」と「テレビ」の「融合」「変化」「テレビメーカー以外」「Google」の「Chromecast(クロームキャスト)」、「Amazon」の「Fire TV Stick」という「STB(セットトップボックス)」または「ドングル」という呼び名の「外付けデバイス」をテレビの「HDMI端子」に挿して「PC」「スマートフォン」向け「動画配信サービス」などを「視聴」する方法が「普及」。

また「SONY」の「Playstationシリーズ」など「ネットコンテンツ」に対応した「テレビゲーム機」などを介して「ネットコンテンツ」を「視聴」可能になっています。

また、2022年現在、「テレビ」の新製品として「家電量販店」などで見かける製品の多く「Chromecast」「AndroidTV」「FireTV」などを内蔵し、前述のような「外付けデバイス」なしに、まさに「テレビひとつであらゆる映像を視聴」できるテレビも一般的になりました。

ctv-stv-001

2022年現在、「テレビひとつでネットコンテンツ」利用ができる機器を「スマートテレビ」、これを含め「Fire TV Stick」や「テレビゲーム」機など「テレビでインターネット」が利用できる環境を「総称」して「コネクテッドテレビ」と呼ばれているようです。



もはや「地デジ」「BS」「CS」でさえ観れない「チューナーレステレビ」なども「販売好調」という「現象」も・・・

さらに、2021-2022年の「傾向」として「ネットコンテンツ」しか視聴できない「テレビチューナーレス」テレビ?も「注目」されています。




最近話題に上がる「Netflix(ネットフリックス)」「hulu(フールー)」「TVer(ティーバー)」「YouTube」も、本来「PC」や「スマートフォン」などで楽しむコンテンツでしたが、こうした「コネクテッドテレビ」の普及により「自宅のテレビで視聴」できるようになっています。


(参考製品)






(参考書籍)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】解決!「Fire TV Stick」で「NHKプラス」リアルタイム視聴-「Silkブラウザ」経由で「成功」


【検証】解決!「Fire TV Stick」で「NHKプラス」リアルタイム視聴-「Silkブラウザ」経由で「成功」

firetv-nhk-001

「NHK(地上波 総合 Eテレ)」のネット配信サービス「NHKプラス」で始まった「リアルタイム配信」ですが、こと「Fire TV Stick」については「第3世代」以降のタイプでないと「非対応」である事を以前紹介しました。 



しかし、色々といじっているうちに「Fire TV Stick」に搭載されている「Silkブラウザ」を通して「リアルタイム視聴」できる事が確認できましたので「情報共有」します。

「Silkブラウザ」の「デスクトップ版ページをリクエスト」に変更しないと「再生」できませんので「注意」

↓以前も「PCブラウザ」から「Chromecast」を使用して「テレビ画面にキャスト」する方法を紹介していますが、「似たような機能」かも知れません。



利用可能なポイントは「Silkブラウザ」「NHKプラス」サイトを開いてから「デスクットップサイトをリクエスト」を「選択」する事が「前提」です。

↓サイトの開き方は以下記事を参考にして下さい。




↓「Fire TV Stick」リモコンでの「Silkブラウザ」操作方法



firetv-nhk-002

基本的に「Silkブラウザ」は「モバイルバージョン」のようなので、そのまま「視聴」しようとしても「お使いのブラウザでは再生できません」と表示され「先に進みません」。

「ブラウザをPCモード」に変更する必要があるようで、画面上の「デスクットップサイトをリクエスト」を「選択」「モード変更」を行います。

firetv-nhk-003

↑「デスクトップ版サイトで再生」すると「けっこうなタイムラグ」があるものの「リアルタイム視聴」に成功しました。

もっとも「Fire TV Stick第3世代」以降に対応されている、正規「NHKプラス」アプリでも同様の「タイムラグ」が発生されるとの事ですので「想定される現象」との事です。

「B-CAS非対応」
「海外仕様テレビ」「PC 向けモニター」などで日本国内のテレビが視聴できない場合には使えそうな機能と言えるでしょう。

しかしながら、仕組み上「テレビ受信料」が発生する事にはなってしまいますので「知らなくても良い」情報だったかも知れませんが・・・。



(関連記事)




(関連製品)


(参考書籍)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
  • SmaSurf クイック検索

【検証】「TVer」リアルタイム配信番組の「追っかけ再生」など機能追加-ただし「Fire TV Stick」や「GoogleTV」など「テレビ向けアプリ」には非対応


【検証】「TVer」リアルタイム配信番組の「追っかけ再生」など機能追加-ただし「Fire TV Stick」や「GoogleTV」など「テレビ向けアプリ」には非対応

tverid-000

民放テレビ「ドラマ」「バラエティ」「ドキュメンタリー」番組を、動画配信サービス「TVer」視聴されている方も多いようですが、2022年4月11日より「民放各局のリアルタイム視聴」および「追っかけ再生」が本格的に運用されるとアナウンスされています。

2022年4月4日現在でも、関東圏であれば「時間が限られて」いるものの「日本テレビ」など「リアルタイム視聴」に対応されていますし、個人の「Tver ID」「登録」(無料)する事により「リアルタイム再生中」番組の「追っかけ再生」ができるようになっています。

テレビ対応は「技術的には可能」なのでしょうが「広告」との関係か?「大人の事情」がありそうです

この機能は「TVer」アプリがインストールされていれば、2022年4月1日より「自動的に変更」されているようです。

tverid-003

↑しかしながら「Fire TV Stick」「AndroidTV」OSなど「テレビ対応OS」には「非対応」になっていますので、機能が「有効」なのは「スマートフォン」「タブレット端末」のみのようです。


↓手持ちの「iPhoneSE2」で「検証」してみました。

tverid-001

「リアルタイム視聴」したい場合は、「番組表」から「リアルタイム」アイコンをタップすると、配信時間内であれば「30秒遅れ」で「再生」が始まるようです。

↓現在では「18:54~」の配信に限られているようです。


tverid-002



tverid-006


↑「リアルタイム配信」中に。


tverid-007

↑「番組の始め」まで戻り、番組開始から「追っかけ再生」が可能になります。

↓「テレビ非対応」である事は分かっているのですが「ダメもと」で「Chromecast」で「リアルタイム視聴」の「再生」を試みてみましたが・・・。

tverid-008

↑「見逃し配信番組」はちゃんと「再生できます」が、「リアルタイム視聴」番組は「Cast再生待機中」のまま先に進みませんでした。


「テレビ」画面への対応「技術的には可能」なのでしょうが「広告」との関係か?「大人の事情」がありそうです。

この辺り、「ラジオ」と「Radiko」との関係似ているのかも知れません。

こうした理由から「Fire TV 内蔵」の「ヤマダ電機のフナイテレビ」や「ドンキ・ホーテ」の「チューナーレス(AndroidTV内蔵)」でも、この「新機能」は「非対応」という事になりそうです。

とは言え、個人的には「テレビでリアルタイム視聴」するのに「TVer」を使うのかどうか?と感じます。

「TVer」はあくまで「スマートフォン」「タブレット端末」を「テレビ代わり」に使用するためと考えていますので「非対応」と言えども「さほど不自由さは感じない」かな、と思うのですが・・・。




(関連製品)

「TVer」の「リアルタイム視聴」に対応はしていませんが「見逃し配信」には対応している製品です。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】YouTube「プレミアム」な「非公式テクニック」-「再生リスト」の動画の「順変更」ができなくなった時


【検証】YouTube「プレミアム」な「非公式テクニック」-「再生リスト」の動画の「順変更」ができなくなった時

y-t-pl-000


ほんの「つい最近」まで、PCでの「Chrome」「Brave」ブラウザ上で操作できていた、「YouTube」の「ライブラリ」→「再生リスト」の「動画再生順の変更」ができなくなってしまいました。

最初、「PCの不具合」かと思い、「再起動」してみたり、「別の機種で操作」してみたりと、いろいろと試してみたものの「一向に改善されない」ので「YouTube側の仕様変更なのかな?」と諦めていたところ、「ネット内で情報を探っていた」ところ、意外な「正攻法」で「解決」できました。

今のところ、PCを始め「ブラウザ」では「無効」になっているようですが「スマートフォンアプリ」からは「編集」可能のようです

2022年2月22日現在、以下の手法での「YouTube」動画の「再生リスト」編集が可能な事が「確認」できています。

↓使用には、「YouTube」公式スマートフォンアプリを「Appストア」「Playストア」それぞれから「機種」に合わせて導入している事が前提です(Android端末にはプレインストールされているはずです)。

なお「検証」時点「PC」および「Amazon Fire HD タブレット」向けには「公式アプリ」の存在は確認できませんでした。




YouTube

YouTube

Google LLC無料posted withアプリーチ




↓「YouTube」アプリを立ち上げ「ライブラリ」→「再生リスト」と進み「並べ替え」をタップします。


y-t-pl-001


↓この状態で「動画サムネイル」の左側「ー」指で上下移動できるようになりますので「任意の位置」に移動します。
y-t-pl-002


↓これで「再生リスト」の「並び替え」が完了できます。

y-t-pl-003



まあ、「仕様変更」がなされているのは確かですが正規「スマートフォンアプリ」でのみの「機能」として残っているという事のようです。


(参考書籍)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク