セガレの知恵袋

「ITライフハックマスター 」AI和泉(旧ぱわきち)が生活に役立つIT・通信・放送に関する情報をわかりやすく「情報共有」するブログです

「ITライフハックマスター」 AI和泉(旧ぱわきち)です。情報家電業界で40年以上の経験を持ち、消費生活アドバイザーやテレビ地デジ化推進業務なども行ってきました。この時代を生きる人に役立つIT・通信・放送に関する情報をわかりやすくお届けします。私の目標は、新時代のインフラやデバイス、ガジェットの仕組みや最新話題を「情報共有」してもらうことです。

オーディオブック

【検証】Kindle読み上げコンテンツをICレコーダーに持ち出しオーディオブック化する-要Fireタブレット


【検証】Kindle読み上げコンテンツをICレコーダーに持ち出しオーディオブック化する-要Fireタブレット

20240321-kindle-000

「Audible(オーディブル)」をはじめとしたオーディオブックは、ラジオ感覚で「聴く読書」体験ができるありがたいサービスですが、いかんせん「タイトル数が少ない」のと「けっこう値段が高い」という不満がありました。



そうした問題を補うため、Amazon「Kindle本」を、スマートフォンの読み上げ機能を利用する方法を利用していましたが、その手法ですと「動作が不安定」再生がとぎれとぎれ、途中停止になったり、なにしろ「バッテリー消費が早い」という欠点があり、最近では利用する機会が少なくなっています。



そこで最近は、Fireタブレット「読み上げ出力」し、ICレコーダーに録音して持ち出す、という方法を取っています。

上手く「録音」されていれば、バッテリーの不安も解消される上、何しろ本家ポータブルICレコーダーですので「動作も安定」しているようです。

Fireタブレットで「読み上げ出力」し、ICレコーダーに録音して持ち出す手法です

この手法を取るに使用しているものが、「Fireタブレット(読み上げ機能付き)」。

20240324-ic-001





ICレコーダー(録音のシンクロスタート機能があると便利)今回は、ORYMPUS VN-6200 「検証」。

20240324-ic-002




オーディオケーブル(3.5mm)

20240324-ic-003




録音の準備をします。

20240321-kindle-001

Fireタブレット端末(イヤホン側)ICレコーダー(マイク側)オーディオケーブルで接続します。

20240321-kindle-002

Kindleアプリで読み上げたい本を開き、ICレコーダーの録音/再生ボタンを押します。

20240321-kindle-003

Kindleアプリ再生ボタンを押し、録音を開始します。




20240324-ic-004

録音が終了したら、ICレコーダーでファイルを確認し、必要に応じて編集します。

録音された音声は、使用するICレコーダーにより、大きく異なるようです。

今回使用した「VN-6200」の場合、「モノラル」の「WMA形式」でしか録音できませんので、「両耳イヤホン」ですと「片方側しか音声が再生されません」。

また、使用するオーディオケーブルによるのかも知れませんが、ダイソーで購入したケーブルで録音したところ、若干、細かいノイズが入るようです。

しかし外部音が入るわけではないので、慣れれば問題なく聴ける音質かと思われます。

これで、Fireタブレットの読み上げ機能を使ってICレコーダーに録音し、Kindle本をオーディオブックとして楽しむ準備が整いました。

録音時の音量調整に注意し、クリアな音質で録音されるようになるまで慣れは必要です。

(参考製品)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】独立系インターネット放送局でのみ公開されている「オーディオファイル」を端末に保存してラジオ感覚で聴く方法


【検証】独立系インターネット放送局でのみ公開されている「オーディオファイル」を端末に保存してラジオ感覚で聴く方法

20240130-mp3-000

「独立系インターネット放送局」とは、Podcastなどとほぼ同時期に複数発生した、独自にサーバーを立ち上げたり、一部のレンタルサーバーに、音声ファイルをアップロードして、独自サイトで配布する形式のネットラジオ配信などを指します。

本来は「オンライン上で聴く」タイプのコンテンツになりますが、個人的に、スマートフォンに保存して「オフライン再生」を楽しんでいる方法を紹介します。

MP3、M4A形式ファイルであれば、ほとんどの音楽プレイヤーアプリで再生可能です

「検証」に用いた環境は、Windows10PCで音声ファイルを取込み、iCloud経由iPhoneに転送して「オフライン再生」させるという環境です。

ただし、この手法は、提供されている音声ファイルの形式が、汎用の「MP3」「M4A」である事、スマートフォン側にこのファイルに対応したアプリが必要になります。

今回は、個人的に愛聴させていただいている、経済アナリストさんの「インターネット放送局」を自前のiPhoneに取り込む方法を紹介します。




20240130-mp3-001

このサイトでは、同内容の「音声ファイル」と「YouTube動画のリンク」が掲載されている形式がとられていますが、音声ファイルのみをPCに保存したい場合は、「こちらからダウンロード」をクリックします。

20240130-mp3-002

すると以下の画面に切り替わりますので「・・・(縦向き)」をクリックし、「ダウンロード」に進みます。

20240130-mp3-003

任意のフォルダ(画面ではビデオフォルダに)に保存します。

このサイトでは、MP3形式ファイルで配布されます。


20240130-mp3-004

次に、ダウンロードしたMP3ファイルを、PCの「動画フォルダ」から「iCloudフォルダ」に移動します。
20240130-mp3-005
20240130-mp3-006

同期された、iPhoneの「iCloud」から、端末にダウンロードします。

20240130-mp3-007

個人的には、ネットラジオアプリ「らくらじ2」に転送して聴く方法が、操作法や音声含め「使い勝手」に相性が良く、気に入っています。

20240130-mp3-008



らくらじ2
らくらじ2
開発元:radiko Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】SIMなしスマートフォンの再活用法-「オーディオブック」専用機化できるのか「Alexa(アレクサ)」による読み上げは可能か?


【検証】SIMなしスマートフォンの再活用法-「オーディオブック」専用機化できるのか「Alexa(アレクサ)」による読み上げは可能か?

20230816-alexa-000

「Kindle」本を「スマートフォンで読み上げる」方法は「iPhone」に限って言えば「何とか」なりそうですが、「Android端末」に於いては「なかなか難しい」ようです。

そもそも「Wi-Fi」環境下では「けっこう動作が確認」できていますので、「逆」「オフライン環境ではAudible」、「Wi-Fi」環境下で「Kindle」本読み上げ用にと「割り切って使い分け」れば、「オーディオブック」専用端末として利用できるかも知れません。

「Wi-Fi」環境は必須ですが「屋内での家事作業時」や「イオンモール内での買い物中」など「利用シーンを選べば」快適に使えるかも知れません

この機能を利用するには「Kindle」、「Alexa」それぞれのアプリを「Wi-Fi」環境下でインストールしておく必要があります。


Kindle
Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ





Amazon Alexa


Amazon Alexa
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

↓細かい「設定方法」などは以下の記事にて「紹介」していますので「参照」下さい。




「Alexa(アレクサ)」アプリの場合、コンテンツ自体が「Alexa」に対応している、「2倍速」までした対応していないといった「制限」はあります。

また、他の手法同様に「連続再生時間の限界」が「30分程度」な場合がほとんどですので、「Wi-Fi」環境が整った「自宅での家事」時、や「Wi-Fi」環境完備の「イオンモール」などで「買い物中」など「恵まれた環境下」であれば、同じ「読み上げ機能」であれば「Alexa」での読み上げはけっこう快適(コンテンツが対応されている事が前提)なので、「試してみる価値」はありそうです。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】SIMなしスマートフォンの再活用法-「オーディオブック」専用機化できるのか「Audible(オーディブル)」の場合


【検証】SIMなしスマートフォンの再活用法-「オーディオブック」専用機化できるのか「Audible(オーディブル)」の場合

20230810-000

スマートフォンの買い替えなどで不要になった「SIMなし端末」「再利用法」として、Amazonのオーディオブック「Audible(オーディブル)」の「オフライン再生」が可能である事が「確認」できましたので「情報共有」します。

今回は、「iPhoneSE」購入で不要になった、Android端末「RakutenMINI(Android9)」「検証」しましたが、「iPhone」の「SIMなし端末」「iPad」(Wi-Fiモデル)でも「オフライン再生」「動作確認」ができています。

「アプリ」「コンテンツ」のダウンロードには「Wi-Fi」環境で行う必要はありますが「オフライン」での再生も可能です

「Audible(オーディブル)」「有料」の「オーディオブックのサブスクリプションサービス」になりますので、利用するためには「会員登録」する必要があります。



「Android端末」「iPhone」「iPad」向けに、それぞれ「専用アプリ」をインストールして利用します。

Amazonオーディオブック - オーディブル
Amazonオーディオブック - オーディブル
開発元:Audible, Inc.
無料
posted withアプリーチ
しかし、Amazonのサービスでありながら、何故か「Fireタブレット」には「非対応」です。(2023年8月現在)

最初に「アプリ」「コンテンツ」ダウンロードには、自宅や「Wi-Fiスポット」など「ネット環境」が必要です。

20230810-audible-001

購入した「コンテンツ」「端末」に保存し、「ダウンロード済み」一覧に表示されれば「オフライン再生」が可能になります。

20230810-audible-002

他の「読み上げ機能」に比べ「Audible(オーディブル)」アプリでは、再生速度を最大「3.5倍速」まで設定する事が可能です。

20230810-audible-003

この様に「コンテンツの追加」時に「Wi-Fi」などの「ネット環境」は必須ですが、「ダウンロードされた端末内の作品」「SIMなしスマートフォン」でも「ポッドキャスト」や「音楽プレイヤー」感覚で使用する事が可能です。


(関連記事)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【トラブル解決!】「Fireタブレット」での「Kindle書籍の読み上げ機能」が「不安定」なとき


【トラブル解決!】「Fireタブレット」での「Kindle書籍の読み上げ機能」が「不安定」なとき

20250225-fire-000

Amazon「Fireタブレット」では、電子書籍「Kindle」一部のコンテンツ「オーディオブック」のように「読み上げ」してくれる機能があり「愛用」させていただいています。



しかしながら「家の中で固定」した状態ではわりと「読み上げ続けて」くれるのですが、「外出時」など、端末を携帯した状態の場合、「読み上げ」機能が「途中で止まる」「ページが替わると停止する」など極端に「不安定」になるケースに悩まされていました。

「画面向き変更」「イヤホンマイク反応」など様々な理由があるそうですが「条件」を満たせば「何とかなる」レベルに

こうしたケースに対応する方法は「ネット上」ではほぼ見かける事ができなかったため「こんなものか」と諦めていたところ、「意図しない」ところで「改善」する事ができてしまったのでその「経緯」を「情報共有」します。

正しい方法かは「Amazon」「Kindle」の情報をたどっても「不明」なのでいつか「無効」になる可能性も「否定」できませんが、2023年2月時点では「有効」のようです。


「安定して読み上げ」させるには、まず「該当のページ」を開き、左下の表示を確認します。


20230225-fire-001 (2)

ここが「読書の速さを測定中」になっている状態ですと「読み上げ」が「途切れる」ようです。


20230225-fire-002 (2)

「書籍のページ数」にもよるようですが、「数分」待っている「~ページ/~」という表示に代わります。

20230225-fire-003 (2)

今のところ、以上の状態であれば「読み上げが途切れにくい」ように感じます。

また「端末を携帯」して「バッグ」などに収納した状態だと「けっこう読み上げが停止」して「面倒」な事になってしまいます。

これも「原因」がはっきりしないのですが、考えられるのは「マグネット付きカバー」で「保護」されている状態だとほぼ「ページが替わると停止する」ように感じます。

20230225-fire-004

そのため「マグネット付きカバー」を開いた状態で「袋状」の「保護ケース」に入れた状態で「読み上げ」させてみると「音声の途切れ」が少なくなるように感じます。

20230225-fire-005

また「画面の回転」で「ページが移動」してしまうと「読み上げが停止」してしまうケースも多いようですので、「画面ロック」しておく方法も「試してみる価値」はありそうです。

20230225-fire-006

屋内での「読み上げ」であれば「端末を固定」した状態であれば、ほぼ「途切れる」事なく「オーディオブック」的に利用する事も可能でした。

また、「マイク付きイヤホン」で聴いている場合「マイクの設定」により「音をひろう」タイミング「読み上げが停止する」ような気もします。

ただし「Fireタブレット」の「漢字の読み間違いが多すぎる問題」「相変らず」なので、そのあたりは「承知」の上利用するしかないようです。



(参考製品)


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク