セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

キャンドゥ

【製品レビュー】「キャンドゥ」でやっと辿り着いた「スマートウォッチ液晶保護フィルム」-ただし「それなり感」は御愛嬌ですが


【製品レビュー】「キャンドゥ」でやっと辿り着いた「スマートウォッチ液晶保護フィルム」-ただし「それなり感」は御愛嬌ですが

cando-watch-000


「Appleウォッチ」同サイズの「SOUNDPEARTS」製の「スマートウォッチ」用の「液晶保護カバー」選びに「四苦八苦」しています。

最初「Amazon」で「専用フィルム」を同時購入して「貼って」みましたが「気泡が入りまくり」で、すぐ「剝がれて」しまうので、諦めていたところ、「Appleウォッチと同サイズ」である事が分かり「ダメもと」で「上から被せるケース」タイプのものがピッタリしたので「しばらく使い続けて」いましたが、どうも素材が「防水カバー」と同じものらしく「水分で曇ってしまい」非常に見づらくなってしまいました。




「純正品」でもなかなか対応出来なった「装着感」ただ表面は他社製に比べ弱々しい印象もなくはありませんが「100円(税抜)」ならまずまずの出来でしょう

しばらくは諦めて「そのまま」使い続けていましたが、この1か月ほどの間に「キャンドゥ」「ダイソー」でも「Appleウォッチ用保護フィルム」が販売されている事に気づき「両方とも購入」して貼り付けてみたところ「キャンドゥ」製品が「何とか使える」ように思われますので「報告」します。


cando-watch-001


この製品に辿り着くまで「数種類のフィルム」を貼り付け続けてみましたが「キャンドゥ」の製品が「一番気泡が入りにくく(多少は入るが)」思われます。


cando-watch-002


とはいうものの素材自体「ラップのようにかなり薄くペラペラで弱々しく」感じる上「指紋」「ホコリ」などがけっこう目立ちます。

しかし薄いがゆえか「ウォッチ画面自体、曲面になっている」ので「ピッタリと張り付くフィルム」は初めてです。


cando-watch-003


ちなみに「ダイソー」の製品も購入してみましたが「貼るフィルム」タイプのものは「素材が固め」で「曲面部分が浮いてしまう」、「被せるケース」タイプのものは「サイズはピッタリですがタッチ操作できない」など、「SOUNDPEARTS」のスマートウォッチには「合わない」ようでした。

とりあえず「100円ショップ」で
、という場合「キャンドゥ」の製品が一番「合いそう」に感じますが「あくまでサイズが同じ」だけ、という点と「本家Appleウォッチ」と言えども「同じような理由」で「液晶保護カバー」選びは「難しい」かも知れません。



(参考製品)











家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】キャンドゥの「500円(税抜)Qi(チー)対応ワイヤレス充電器」を購入してみた


【製品レビュー】キャンドゥの「500円(税抜)Qi(チー)対応ワイヤレス充電器」を購入してみた

daiso-qi-000


100円ショップ各社での高額商品で出遅れた「キャンドゥ」でも「家電ガジェット」小物を中心に高額商品の展開を進めていますが、特徴として、「HIDISC」こと磁気研究所の協力を得て、商品点数を増やしていっているようです。


「ワイヤレス充電器」を始め、「16GBのmicroSDHC」「USBメモリ」「ワイヤレスイヤホン」などが「HIDISCブランド」キャンドゥの店頭に並んでいます。



イメージとしては「Qi」登場時「3,000円前後」で販売されていた製品と同レベルな印象です

この「HIDISCブランド」ですが、「キャンドゥ」以外でも「ドラッグストア」でも「若干上乗せした価格」で販売されているのを見かける事もあるブランドです。

 

個人的には「microSD」「USBメモリ」などよく利用させてもらっています。

 



daiso-qi-001


似たような「ワイヤレス充電器」ダイソーでも販売されていますが「表面の仕上げ」もダイソーは安っぽさ全開であるのに対し、キャンドゥは500円にしては仕上がりも充分で、一見「ドンキ」や「Amazon」で2,000円前後で販売されている「無印ワイヤレス充電器」と遜色ないように感じます。


daiso-qi-002


セットして「iPhoneSE(2020)」を乗せてみると早速「充電マーク」が・・・。


daiso-qi-003


画面右上の「充電マーク」もちゃんと表示されています。


daiso-qi-004


本体が「充電されていない状態」ですと「赤く点灯」します。


daiso-qi-005


「iPhone」を乗せると「青く点灯」しますが「充電が終了しても青いまま」なので「いちいちiPhone側を確認」する必要はあります。

また「充電中に本体が熱を帯びて」くるのも気になります。


daiso-qi-006


「発熱」に関しては、数年前に購入した「Anker」製品と同様「キャンドゥ製品」は結構熱く気になります。

このあたり他社の充電器にも言える事ですが筐体サイズの大きさにより、熱が溜まりやすいからでしょうか。


また「キャンドゥ製品」に限らずですが「2,000円以下」の「ワイヤレス充電器」全般に言える事ですが「充電に思ったより時間がかかる」印象があります。


この製品も「一晩(約7時間)」充電して「やっと84%」というケースが多いのは「形状上致し方ない」のかも知れません


こうした「問題が気になる」人には「5,000円以上」の「複数台充電可能な大型タイプ」を導入するという選択肢もあります。



(参考製品)







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】「ダイソー」「キャンドゥ」の「USBマウス」-「買って良かった・イマイチだった」製品を報告


【製品レビュー】「ダイソー」「キャンドゥ」の「USBマウス」-「買って良かった・イマイチだった」製品を報告

can-mouse-000


「500円(税抜)」で購入した「ダイソー」の「ゲーミングマウス」1月も持たず「まったく反応して」くれなくなってしまい、今度は以前より気にはなっていた「キャンドゥ」の、400円「(税抜)ワイヤレスマウス」を購入してみました。

実は他のPCに「ダイソー」の「300円(税抜)ワイヤレスマウス」を取り付けて「半年」ほど問題なく使用できているので「100円」高い「キャンドゥ」製品には期待をしたいところです。


can-mouse-001


「キャンドゥ」「ダイソー」
それぞれの「ワイヤレスマウス」を並べてみてもその「100円の価格差」は見た目もさることながら「キャンドゥ」は「6ボタン」に対し「ダイソー」は「3ボタン」しかありません。





実際手にした感触でも「キャンドゥ」の方が「高級感」がありますが、「ダイソー」製品は「ワイヤレス認識がひと手間」かかるものの「あとはスムーズに操作できる」のに対し「キャンドゥ」製品は「最初から認識はスムーズながら、カクカクとした使用感」は感じます。

使う人を選ぶ製品かも知れませんが、なにせ「キャンドゥ」「ダイソー」両方購入しても「700円(税抜)」足らずの製品ですので「あまり気にせず使い分ける」的な利用法も「アリ」でしょう。



(参考製品)

「マウス」は「ワイヤレス」は使えるけど「ケーブルタイプ」は寿命が短期間な印象
「USBケーブル」タイプは「ダイソー」「キャンドゥ」製品とも「コネクタ部分」が貧弱な印象

「USB有線マウス」に関しては「キャンドゥ」「ダイソー」に限らず「Amazonベーシック」や「中華製で500円前後で購入できる激安マウス」全体に言えるのが「コネクタが貧弱」「ケーブルコードが細すぎる」など「弱点が目立つ」点です。





どの「激安マウス」にしても「見た目に騙された」感があり「ひと月持てばマシ」といった印象です。





「自宅でのちょっとした作業」程度の使い方であれば「キャンドゥ」「ダイソー」の「ワイヤレスマウス」でも十分使用に耐えられそうですが、仕事で「グラフィック」や「動画などの編集」を行ったり「ゲーミングPC」での「ハードな操作」にはとても頼りなく感じられると思われますので、それぞれ「ゲーミングマウス」などを購入したほうが「はじめは高価」と思えても「あとあとストレスを感じなく済む」かと思います。


(参考製品)

「マウス」は貧弱ですが同じ「USB機器」でも以下製品なら及第点かも

とはいうものの「キャンドゥ」「ダイソー」の「USB製品」全てが「貧弱」かというとそうでもなく「ケーブルがない」もしくは「マウスほどケーブルを引き回さない」製品(テンキーなど)には「けっこう長く使える」ものも存在し「雑誌などの100円ショップ・グッズ特集」で紹介されている「高評価」な製品も少なくありません。









家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】「キャンドゥ」で発見「テレビ用マルチリモコン」-「500円(税抜)」という価格帯で新品が手に入るのは今のところここだけ


【製品レビュー】「キャンドゥ」で発見「テレビ用マルチリモコン」-「500円(税抜)」という価格帯で新品が手に入るのは今のところここだけ

cando-rimo-000


使い方によってはテレビ本体より「寿命が短い」のが「リモコン」です。

ところが新たに購入しようとすると、けっこうな「ビックリ価格」に焦ります。





↑なので多くの人が選択するのが「汎用」「互換リモコン」と呼ばれる「サードパーティ」製品なのですが、これも「2,000円~3,000円」くらいしますのでけっして「気軽に買い替える」ものでもないのも現実です。





そういう事情で今までは「リサイクルショップ」で「ジャンク品」と呼ばれる「同じメーカー製の動作未確認・返品不可の製品」「300円~500円程度」の価格で購入し続けてきました。

23社のメーカー対応との表記ですが我が家の「SHARP AQUOS」「日立Wooo」「三菱REAL」の3台とも快適に作動してくれています

ところが最近、100円ショップ「キャンドゥ」メーカー汎用「マルチリモコン」「500円(税抜)」で販売されているのを発見!すかさず購入して我が家のテレビで「動作確認」してみました。


cando-rimo-001


「500円(税抜)」という「ジャンク品」程度の価格で購入できる製品にもかからわず、見た目にも「安物感」もなく、かつ「対応メーカー・ブランド」が「23社」他社の「互換リモコン」と比べても遜色ない印象です。


cando-rimo-004


驚いた点は今はテレビ事業から撤退している「DXアンテナ」「LG」をはじめ今は無き「バイ・デザイン」までカバーされています。


cando-rimo-002


リモコンの「設定」他の「汎用・互換リモコン」同様「電源ボタン」を押しながら「メーカーコード」を「チャンネルボタン」で入力するだけ。


cando-rimo-003


「0」から始まるコードが多い
のですが「0チャンネル」はありません。

この場合「10」チャンネルが「0」として割り当てられています。


cando-rimo-005


我が家のテレビ「居間のSHARP AQUOS」「寝室の三菱REAL」「親の部屋の日立Wooo」合計3台とも問題なく「接続」できました。


↓ちなみに「Amazon FireTV Stick」の操作設定もちゃんと「引き継いで」機能してくれています。






あくまで「汎用リモコン」なので機能も限られます「電源オン・オフ」「入力切替」「音量+-」「選局」の基本操作はもちろん「地デジ」「BS」「CS」ボタン、「データ放送」「番組表」まで対応して「500円(税抜)」で購入できるのですから「リモコンに困ったら迷わず買い」でしょう。


(参考製品)








家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】「キャンドゥ」の300円(税抜)「USBテンキーボード」


【製品レビュー】「キャンドゥ」の300円(税抜)「USBテンキーボード」

cando-10key-000


「WindowsXP」時代、ノートパソコン用に外付けして使用していた、エレコムの「USBテンキーボード」が、約10年ほど頑張ってくれましたが、とうとう「寿命」を迎えてしまいました。

メインで使用しているパソコンのキーボードではしっかり「テンキーボード」が搭載されているので、Amazonあたりで一番安いもので間に合わせようかと思案していたところ「キャンドゥ」で「300円(税抜)」の「テンキーボード」を発見。

ネット通販で、安いものでも「500~1、000円」はみる必要がある製品なので、「エクセル」等ほとんど使わない「サブ」に使っている「ubuntu」マシン用に「使えれば儲けもの」と購入してみました。

「エクセル」などガンガン使いまくるには物足りないかも知れませんが「自宅用」に使う分にはまあまあなレベルかと思われます

パッと見た目には「300円」とは思えない外観ですが、キータッチは明らかに「安っぽさ」致し方無いところ。

「ペラペラ感」
も否めません。

しかしながら、手元で「Num Lock」「/」「-」「Del」「Bsckspace」の操作も問題なく、特に「000」キ-が存在するのは「数値入力」など、思いの外助かります。


cando-10key-001


まあ「値段が値段」なので「エクセル」入力に重宝する「Tab」キーが「非搭載」なのは残念なところ。

「USB」ポート
挿すだけだけで「自動的に認識」してくれます。

ちなみに「対応OS」「Windows7,8,8.1,10」および「MacOS X10.5以降」と表記されていますが我が家の「ubuntu」マシン(dynabook)でも「軽快に動作」してくれていますのでしばらく様子を見てゆこうと思います。



(比較参考製品)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク