セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

クラウドストレージ

【これは便利!】無料のクラウドストレージに「音楽MP3ファイル」を保存する-「MEGA」


【これは便利!】無料のクラウドストレージに「音楽MP3ファイル」を保存する-「MEGA」

mega-000
「Google Play Music」時代には、自前の「音楽ファイル無料で約1万曲保存可能」で「楽曲のクラウドストレージ」として重宝できたのですが、「YouTube Music」に移行された以降、こうした使用法が利用できなくなってしまいました。

↓「YouTube Music」に残っている「自前のバックアップファイルの一部」は下記方法で「PCにダウンロード」できたのですが・・・。






↓ちなみに「画像ファイル」については「Googleドライブ有料化」に備え以下記事のように「クラウドストレージ」の移行を完了しています。





無料プランでも「15GB」まで「保存可能」ですので、ちょっとした「MP3プレイヤー機」や「スマホにダウンロード」した楽曲の「バックアップ先」として使えるのでは?

いずれどこか「使い勝手のよいクラウドストレージ」の開発されるまでの間約1000曲ほどある「MP3」ファイルを保存できる「無料のクラウドストレージ」を探していたところ、本来有料のサービスながら「15GBまでなら無料で保存できる」「MEGA」なるサービスを見つけました。





「デスクトップアプリ」も公開されていますが、今回は「Chromeブラウザ版」で手持ちの「MP3」ファイルを「バックアップ」してみます。





今回は「MP3」ファイルを「フォルダごと」まとめて「アップロード」してみました。


mega-001


「MP3の音声ファイル」「MP4の動画クリップ」をまとめてバックアップしてみましたが、感覚的に「Googleドライブ」「Drobox」に比べ「けっこう時間はかかる」ので「心配」になりますが、ちゃんと「バックアップ」してくれるようです。


mega-002


「Google Play Music」からバックアップファイルを「ダウンロード」する際、「ファイル名が勝手に変更される」「楽曲が別バージョンでダウンロードされる」などの問題はありましたが、「MEGA」の場合、「元ファイル」どうしのやり取りになりますので「ただ単にファイルのコピペ」と思っても差し替えないようです。

ただ「時間」はかかります。



mega-003


私の場合「音楽ファイル」「動画ファイル」は基本的に「PCで編集したい」ので利用していません「iOs」「Android」端末用の「専用アプリ」も公開されていますので、「環境」によって「使い分け」もできそうです。



MEGA
MEGA
開発元:Mega Limited
無料
posted withアプリーチ

「15GB」あれば「MP3ファイル」だけなら軽く「1000曲」前後は今のところ、私の環境であれば問題なさそうです。








家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「Googleフォト」有料化-「Amazonフォト」にスマホ写真を自動アップロード先を変更してみる


【情報共有】「Googleフォト」有料化-「Amazonフォト」にスマホ写真を自動アップロード先を変更してみる

g-a-foto-000


現在、スマホで撮影した写真(.jpeg,.png)ファイルと「スクリーンショット」「Googleフォト」に自動的にアップロード・同期して、まさに「クラウドストレージ」として「便利」に利用していますが、Google側の発表によると、2021年6月1日より、「これまで無制限であったGoogleフォトの写真保存容量」を「Googleドライブのストレージにカウントする」とアンアウンスされています。

つまり、「ストレージ容量を超えた分が有料になる可能性」があります。

なお、2021年6月1日までに保存していた写真はカウントされない。

ちなみに「15GBの無料ストレージ」には、Googleフォト以外にも、「GoogleドライブやGmailが含まれる」ため、写真が保存できる容量は実際にはさらに少なくなるので、今後、「クラウドストレージ」容量の「無料分」を確保したいところです。

「Amazonプライム会員」である必要はありますが「実質最安値の写真ストレージ」のひとつかも知れません

幸い、同じようなサービスで「Amazonフォト」が利用できる環境(プライム会員特典対象)にありながら今まで「気づかず利用していなかった」ので「Googleフォト」の補完になるかも「検証」してみました。

↓スマホアプリ「App Store」「Goole Play」からダウンロードできます。

Amazon Photos
Amazon Photos
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

g-a-foto-002

それぞれの「アプリ」で「自動アップロード」に「設定」しておけば、「Googleフォト」同様、「スマホの写真を撮ったり、スクショを撮る」だけで「Amazonフォト」のクラウドストレージで「同期」する事が可能です。


g-a-foto-001


もっとも「無料」(実質的にはプライム会員会費内です)で利用するには「Amazonプライム会員」になる必要がありますが・・・。↓






ただ「PCで同期されたファイルをダウンロードして編集しよう」とすると、インターフェースに「慣れ」が必要なようで「イマイチ使い勝手に難」は感じますが、「Googleフォト」同様に使いこなせるまで「時間はかかる」かも知れません。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Dropbox」のデータ同期に時間がかかるときの対応


「Dropbox」のデータ同期に時間がかかるときの対応

dropbox-000

現在、ファイルの保存先を多数端末で共有するため「クラウドストレージ」を利用する手法がメインになりつつあります。

Appleの「iCloud」Microsoftの「OneDrive」Googleの「Googleドライブ」はほとんどのユーザーが知らずに使っているようですが、2GMまでは「無料」で利用できる「Dropbox(ドロップボックス)」というサービスも代表的な存在で、利用されている方も多いと思いますが、「無料版」だけの現象なのかも知れませんが、「PC」「スマホ」からファイルをアップロードするのですが、そのデータ同期に時間がかかる」という声をよく聞かれます。

確かに、同じファイルを「OneDrive」や「iCloud」のアップロードすると、ほぼ同時に「データの共有同期」される印象を感じますが「Dropbox」の場合、けっこう「同期」するのに時間がかかる気がします。
「有料版」にアップグレードすれば済むのでしょうが、「アプリ」を介せば何とかなりそうです



dropbox-001

とくにPCからアップロードする場合、「エクスプローラー」「マイコンピュータ」での「ファイルのコピペ」操作だと「端末内のDropboxファルダには移動できてもクラウド上で反映されない」傾向があるようです。

それを少しでも早く「同期」させるため「Microsoftストア」から「Dropboxアプリ」をダウンロードして、アプリを立ち上げた上で「タスクバー」のアイコンをクリックすると「アップロード」がこころなしか「早くなる」気がするので、最近多用しています。

dropbox-003

スマホアプリの場合も同様で、それぞれ「専用アプリ」を導入する事によりアクセスが「安定」する気は感じます。



Google Play で手に入れよう

同じ「クラウド」サービスである「EverNote(エバーノート)」が「無料版」と「有料版」で明らかに「同期」速度に差があるのと同様、「Dropbox」でも「有料版」にすれば改善されるのかも知れませんが、私の環境の場合「複数の無料サービスを使い分けている」ので「有料版」を使用したことがありませんので、何とも言えませんが・・・。

ちなみにどこの「クラウドストレージ」で言える事ですが、サイズの大きい「MP3」などの音楽ファイルの場合、「アルバムアートワーク」「タグ情報」「再生時間が短くなる」などの同期に時間がかかったり、「MP4」の動画ファイルですと「映像はアップされているのに音声が入っていない」というケースも多いようので「少し時間をおいて」ファイルを移動するなど、少し工夫が必要なのかな、と感じます。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スマホ・タブレットの「ストレージ」を使い分ける


スマホ・タブレットの「ストレージ」を使い分ける

strage-000

これも、高齢者のみならず、スマホネイティブ世代であるはずの「高校生・大学生」の間でもよく理解せず使っている言葉のようです。

「ストレージ」とは例えば「家の収納スペース」の容量と考えてみるとわかりやすいでましょうか。

現行のスマートフォン・タブレットの端末自体の「内蔵ストレージ」は「16GB~128GB」がメインに販売されていますが、これを家の大きさと考えます。

例えば「16GB」が「ワンルームマンションのクローゼット」とすれば「必要なものはとりあえず詰め込むことは可能ですが、住むには手狭な環境」「32GB」だと「こじんまりした戸建て住宅でまあまあ収納できるがもう少し庭が広かったりガレージなどが欲しい」ところ「64GB」あれば、値段は高いものの、今現在では概ね満足な環境かな、と置き換えて考えればわかりやすいでしょうか。
「iPhone」と「Androidスマホ」では「ストレージ追加」の「可・不可」が違いますので「使用用途に合わせて」選択したほうがあとあと後悔せずに済むかも知れません

                                                                                                                                                                      ここで分かりにくいのが「iPhone」「Androidスマホ」では「内蔵ストレージ」が固定されているのが「iPhone」「iPad」「MicroSDカード」を追加することによって「128GB」まで「保存容量を追加できる」のが「Android端末(一部対応していない機種もありますが・・・)」の違いがあります。

「クラウドストレージ」ならネット環境下であればどの端末でも「仮想保存領域」として利用できます
これに対して「クラウドストレージ」とは、家の外に「トランクルーム」を借りて荷物を保管するような概念。

「iPhone・iPad」では標準で「iCloud」が利用できるほか、有名なところでは「DropBox」、Windowsユーザーでは「OneDrive」を利用している人も多いのではないでしょうか。

ただ、「ストレージ追加」の注意点としては基本的に「SDカード」「クラウドストレージ」に保存できるのは「画像」「音声」「動画」など「データファイル」と呼ばれるもののみです。

一部「Android端末」では「SDカードを内蔵ストレージ化」してアプリを追加できる機種もありますが、「買い替え」「故障」などを考えた場合、あまりお勧めできる機能とは言えないようです。

今後、スマホ・タブレット端末の購入を検討する際、「自分の使用目的」を考慮して「店員さんに相談」するのも手段のひとつと言えるでしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「プレイリストおじさん」-「Google Play Music」にアップロードすると「アートワーク」が消えてしまう時の対応


「プレイリストおじさん」-「Google Play Music」にアップロードすると「アートワーク」が消えてしまう時の対応


a-pm-aa-000
「Google Play Music」クラウドストレージ楽曲をアップロードするには、PC内の「フォルダ」から「アルバム」を選択するのですが、アルバムによっては「アルバルアート」が非表示になってしまうことが、度々発生します。

これは、Google Play Musicアップロードした音楽データ自体にアルバムアート(ジャケット)が埋め込まれている場合、何もしなくてもそのアルバムにアルバムアートが表示されるという仕組みなのですが、多くの音楽ファイルにはアルバムアートが埋め込まれているので、Google Play Musicに音楽ファイルをアップロードすれば自動でアルバムアートが表示されますが、時には埋め込まれていないためにアルバムアートが表示されないケースがあるようです

こうした時は自分で「アルバムアート」を用意すれば画像を貼り付ける事が可能です
「Google」自体アメリカ企業なので、「邦楽」海外アーチストのアルバムでも「日本のみでの発売商品」によくある症状です。
-pm-aa-001

「アルバム名」「アーチスト名」「楽曲名」などの「タグ情報」は表示されているものの、「アルバムジャケット」が非表示になっています。

a-pm-aa-003

しかし、画像の追加は可能なので安心してください。

とりあえず、「Google」内に画像データが無いという事になるので、今回は「Amazon」で見つけ、「任意のフォルダ」「画像に名前を付けて保存」します。

a-pm-aa-004

編集画面の右側に「アルバムアート」欄がありますので、そこをクリック。

画像をクリックすると、先程保存した「ジャケット画像」が表示されますので、それをクリックして「貼り付け」ます

a-pm-aa-005

この辺「iTunes」と同様のようです。

おそらしく、「Google Music」で提供されていないアルバムの場合「アーチスト」「楽曲情報」は認識するものの、「アルバムアート」の場合、発売する国によって「ジャケットデザイン」が異なるケースも多いので、読み込んでくれないのも致し方ないところかも知れません。

この「ジャケット画像」でよければ、「保存」すれば完了になり反映されます。

注意
したいところは、単純に「アルバム」の画像を「右クリック」→「画像をコピー」→「画像を貼り付ける」という方法でも反映できる場合もあるのですが、曲によっては「コピー」「移動」しただけでは反映されない事が多いので、面倒でも、一度、「任意のフォルダ」に「名前を付けて画像を保存」してから、「Google Play Music」にアップロードしたほうが「失敗が少ない印象」です。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク