セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。

ゲオ

【情報共有】「ゲオ」で発見!「チューナーレス4KUHDテレビ」-もちろん「受信料不要」の「43型4Kモニタ-」扱いになります


【情報共有】「ゲオ」で発見!「チューナーレス4KUHDテレビ」-もちろん「受信料不要」の「43型4Kモニタ-」扱いになります

20220810-geo-003

ここ最近「ゲオ」店舗での「低価格液晶テレビ」品揃えの「充実」が気になっています。

個人的に「居間用」のメインテレビが「そろそろ寿命」かなという状況なので、こまめにチェックしていたのですが、何と「ゲオ」店舗で、最近話題「チューナーレステレビ」が販売されているのを「発見」しました。

「GoogleTV経由コンテンツ」しか観ないのであれば、「43型」で「4KUHD」は現在「最安」かも知れません

この「チューナーレステレビ」。当然海外製ではありますが「WIS(ASTEX)」という国内の「ファブレス企業」の製品で、「ゲオ」ではよく見かけるメーカー製品です。



特筆すべき点は、最近ちょくちょく見かけるこの手のテレビですと、解析度が「フルHD」の製品のイメージなのですが、このテレビは「4KUHD」対応なのが気になります。

20220810-geo-000

「チューナーレステレビ」なので、当然「地デジ」「BS」「110°CS」放送は視聴できないため「受信料不要」とうたってはいますが、「HDMI」端子「デジタルチューナー内蔵レコーダー」を繋げれば「レコーダー」側のリモコン操作が前提ですが通常の「テレビ放送」の「視聴」が楽しめます。

20220810-geo-001

基本的には、内蔵されている「AndroidTV」機能を使用して「YouTube」「プライムビデオ」「Netflix」などの「ネット配信コンテンツ」を視聴する方法がメインになります。

20220810-geo-002

↑まぎらわしいのは「チューナー」の表記がそれぞれ「x0」となっているのは「混乱」されるかも知れません。

とは言え「43型」でかつ「4KUHD」のテレビ(モニター)が「32,780円(税込)」で手に入るのはやはり「気になる」ところです。

しかしながら「ゲオ」に限った話ではありませんが、こうした「チューナーレステレビ」のほとんどが「店舗に在庫されて」いても何故か「実機が展示されておらず画質などを確認できない」ので「なかなか購入に至らない」ので、あれこれと「比較できない」という残念な現状でもあります。

↓この分野の始まりは「ドン・キホーテ」「チューナーレススマートテレビ」。



↓「ヤマダ電機」オリジナル「FUNAI FireTV」「AndroidTV」ではなく、Amazon「FireTV」を採用されていますが「チューナーレス」ではありませんので「受信料不要テレビ」とは言えないようです。




↓「エディオン」では「TCL」「共同」「チューナーレステレビ」を販売。




↓「ORION」製品も評判が良いらしいです




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】「ゲオ」で見つけた「スマホ用電源不要木製スピーカー」-思いのほか「安定感」があり「ラジオ代わり」になりそうな印象


【製品レビュー】「ゲオ」で見つけた「スマホ用電源不要木製スピーカー」-思いのほか「安定感」があり「ラジオ代わり」になりそうな印象

20220728-geo-wood-000

「スマートフォン」の音声を「反射」させる事によって「増幅」「電源不要」の「疑似スピーカー」として利用できる製品がいくつか販売されています。

以前も「110円(税込)」の製品をレビューしており、意外と「使える」印象でした。

しかし、その「形状」ゆえか「置き場所により不安定」という問題も「気になるところ」でもあります。



「スピーカー」部分が「2つ」あるので「疑似ステレオ?」的な音声が楽しめますが「音」は値段なりか

たまたまではありましたが、行きつけの「ゲオ」店舗で、同じようなコンセプトの「スマホ用電源不要木製スピーカー」「シングルスピーカー」「ダブルスピーカー」の2種類の製品が、それぞれ「1,078円(税込)」で販売されているのを「発見」。

20220729-geo-001

「設置時の安定性」「ダブルスピーカー」による「疑似ステレオ?」を期待して「ダブル」タイプを購入。

20220728-geo-wood-001

さすが「木製」なだけあって「1,078円(税込)」な値段ながらも「頑丈感」「高級感」には期待が持てます。

20220728-geo-wood-004

「説明書き」「充電しながら使用できる」とありますが、手持ちの「充電ケーブル」だと「はみ出して」しまいます。

対応する「充電ケーブル」選ぶ必要があるようです。

20220728-geo-wood-002

とは言え「スピーカースタンド」としての「安定感」は抜群です。

20220728-geo-wood-003

肝心の「音質」については、プラスチック製の「110円(税込)」の製品に比べれば「音の深みは若干感じる」ものの「高音のキンキン感」は気になります。

「スマートフォン」側の「音量」「イコライザ」の設定で調節する必要はあるでしょう。

「気になって」いた「ダブルスピーカー」による「疑似ステレオ?」については「左右2個所から音声が出力されている」からか「何となくステレオ?」のように感じますが、この感覚は「人それぞれ」かも知れません。

コンパクトな製品がゆえに「じっくり音楽を聴く」というよりは、「ラジオ」感覚で利用する分には「複数人数」でも「共有」できますので「電源不要のスピーカー」として、ひとつ「所持」しておくと「停電時」の「ラジオ代わり」など、あとあと「役に立つ」かも知れません。


(参考製品)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】最近の「中古スマホ・タブレット」があまりお勧めできない理由


【情報共有】最近の「中古スマホ・タブレット」があまりお勧めできない理由

watman-sp-000

総務省による「スマホ料金値下げ推進」による「通信料の値下げ」により、安いスマホ端末を求め「ゲオ」や「ハードオフ」などの「中古スマホ・タブレット」が気になっている方も多いかも知れません。

確かに「数千円台」から販売されている機種もあるのですが,Apple社製としては「安価」「iPhoneSE(第2世代)」「シャオミ」「OPPO」など「中華スマホ」など新品でも「2~3万円台」で入手できる状況下でこうした「中古スマホ」との違いを考えてみましょう。


「iOs9」「Android6」までの機種だとほとんどのアプリが利用できない上「バッテリー」「ストレージ容量」もわずかなので「海外製の廉価スマホ」を購入したほうがかえってお得かも知れません

「新品」との大きな違いとして、中古品の多くスペックが「ストレージ容量が8~16GB」と少なくインストールできる「アプリ」の数が極端に少ない機種がある点。

また「OS」が古くインストールできるアプリが限られるところ。

例えば「iPhone」の場合「iOs12.0以降」でないとメッセンジャーアプリ「LINE」すらインストールができません。



中古で手に入る「iPhone」の機種ですと「iPhone6以降」であれば「iOs12.0」にアップグレードが可能ですが、自分で行う必要があるため、ビギナーにはハードルが高そうです。

「Android端末」の場合、中古で出回っているスマホの多くの端末のOSが「Android4.4」の機種が多いのですが「Android5以降」が「新旧の分岐点」とは言われてはいます、しかし現実的には最低限「Android7」はないと「満足いく端末」にならない恐れがあります。


watman-sp-001

しかも、「スマホ・タブレット」の場合「バッテリー」の持ちが問題で、中古品の場合「極端にバッテリー消費が著しい」ケースが多く「モバイルバッテリー」が手放せないのも「ストレス」になる恐れも否定できません。



いずれにしても中古端末購入は「ビギナーには敷居が高い」ケースもありますので、家族や知人に詳しい人が身近にいない場合「海外製激安スマホ」と「格安SIM」のキャリアのプランとの組み合わせをショップや量販店で相談するのも手でしょう。

ドコモの「20ギガ2,980円プラン」をはじめ今後、各社いろんなプランが発表されそうなので急がなくても良いのなら「スマホデビュー」はもう少し待ったほうがお得かも知れません。





こと「スマホ・タブレット」についてはPCと違い自分で拡張・アップグレードできないので「数千円で購入できる端末」の使い道としては「デジタルカメラ代わり」「音楽プレイヤー化」「ワンセグテレビ専用」などけっこう高性能な機器として割り切って使う分には有用かと思われます。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品情報】「ゲオ」でHisense(ハイセンス)43型4Kチューナー内蔵テレビを5万円台で販売中


【製品情報】「ゲオ」でHisense(ハイセンス)43型4Kチューナー内蔵テレビを5万円台で販売中

4k-hs-000

「グリーンハウス」「グラモックス」ブランドなどの「映像製品」販売でもおなじみになった「ゲオ」。

定期的に「4Kテレビ」も格安で販売しているので、こまめにチェックしているのですが「Hisense(ハイセンス)」製品ながら「BS/110°CS4Kチューナー内蔵」の43インチ「4K UHD対応テレビ」「5万円台」で販売されているのを発見しました。

そろそろ「居間のテレビ」の買い替えを検討しているので「選択肢」に入るものかいろいろと調べてみました。


↓2022年8月時点での類似最新記事


wowow
東芝映像ソリューションとの共同開発した「NEOレグザエンジン」「低遅延ゲームモード」搭載の上「4Kチューナー内蔵」でこの価格は「ニューノーマル」なテレビか?
4k-hs-001




スペックとしては「BS4K」「110°CS4K」チューナーそれぞれ「1基ずつ」「地デジ」「BS」「110°CS」チューナーはそれぞれ「裏録」が可能な「3基ずつ」搭載されているのが注目点。

4k-hs-002

しかしながら「HDMI」端子が「2つ」しかないので「ブルーレイレコーダー」と「TVゲーム機」を接続するとすぐ埋まってしまうので「HDMI切替器」は必須でしょう。

HDMI 切替器 セレクター 切り替え 3HDMI から HDMI メス → オス HDMIスイッチャー 送料無料 3ポート
by カエレバ


4k-hs-003

また、「ネット配信コンテンツ」についても「YouTube」「Netflix」には対応しているものの「Amazonプライムビデオ」には非対応なので別途「FireTV Stick」が欲しいところです。

新登場 新型 Amazon Fire TV Stick (アマゾン ファイヤー TV スティック) Alexa対応 音声認識リモコン付属 第3世代
by カエレバ


プラス5千円前後「WOWOWメンバーズオンデマンド」「AbemaTV」「TVer」「Gyao!」など、一気に視聴できるコンテンツが増えます。



「東芝」売りだった「REGZAエンジン」もさらに発展し、現「東芝映像ソリューション」と共同開発した「NEOエンジン」として生まれ変わり搭載、評判の「低遅延ゲームモード」も健在です。

以前より「東芝REGZA」の評判機能の「画像アップコンバータ機能」も他メーカーが「地デジ」でのみ「アプコン有効」表記をうたっている製品が多い中、この製品では「地デジ」「BS」「110°CS」「ブルーレイ」「HDR」「DVD」など「すべての映像ソースに対しアップコンバート対応」とされているのも「検討するに値する製品」のひとつの目安と言えるでしょう。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「ソフトバンクモデル」の「 Xperia 1」「 Pixel 4」の「未使用品」が一部店舗で投げ売り中らしい


【情報共有】「ソフトバンクモデル」の「 Xperia 1」「 Pixel 4」の「未使用品」が一部店舗で投げ売り中らしい

used-001

最近、秋葉原の「イオシス」「ゲオ」などで、未使用品のしかも SIM ロック解除済み Xperia 1」「Pixel4」などで5万円を切るぐらいの価格で出ているらしいとの事。

used-000

それも「ソフトバンクモデル」「新品」「型落ち」「未使用品」です。
スマホの大胆な値引き販売用の「型落ち」「旧モデル」の処分とかがしにくくなったためこういうところに出回っているという噂もあるようですが・・・
以前であれば、「0円」「1円」「10円」などで「在庫処分」されていたであろう機種でしょうが、昨今の「販売規制」の影響キャリア本体」からなのか「代理店」なのか出所は不明ですが、在庫は限られていて「無くなり次第終了」な製品との事。

↓(参考製品)
白ロム au 未使用 【SIMロック解除済】Xperia1 SOV40 White【当社6ヶ月保証】 スマホ 中古 本体 送料無料【中古】 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】
by カエレバ


白ロム SoftBank 未使用 【SIMロック解除済】Google Pixel4 G020N 128GB Just Black【当社6ヶ月保証】 スマホ 中古 本体 送料無料【中古】 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】
by カエレバ
価格的「スマホデビュー」向けの「入門機」としてすすめたい「SONY」「Google」製品ですが、iPhoneと違い「設定等初心者にけっしてやさしいとも言えない」機種なので、わかる人が身近にいれば「選択肢」としてはアリかも知れません。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク