セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

ダウンロード

【レビュー】「Amazon Prime Music」楽曲を「MP3ファイル」として「変換・保存」するソフト-「Tunelf Amatune Music Converter」


【レビュー】「Amazon Prime Music」楽曲を「MP3ファイル」として「変換・保存」するソフト-「Tunelf Amatune Music Converter」

tunelf-a-c-000


個人的に「音楽配信」については「Spotify」をメインに利用していますが、さすが最大手「Spotify」でもカバーされていなくても「Amaon Prime Music」のみで配信されているケースもありますので「併用」することにより、コレクションを充実させています。

「Spotify」については有料ソフトではありますが「DRmate」なる「変換・保存ソフト」を使用していますが、当然「Amaon Prime Music」には対応していません。

そんな中「Giveaway Of The Day」「Amaon Prime Music」の楽曲を「変換・保存」ができる「Tunelf Amatune Music Converter」なるソフトが配布されていましたので、さっそく「ダウンロード」して「検証」してみました。





↑「Spotify」用の「DRmate」同様、ネットからの「ダウンロード購入」販売での価格「US$39.95」*2021年3月14日現在、「4,236.78 円」となり、「アルバム2本程度の価格に当たる」金額設定になりますので、980円/月の「有料版」を契約するのが「得」なのか「利用するひとそれぞれ」でしょう。

個人的に「Amazon Music」アプリ自体の「音質」が相性がイマイチなのでこの手法も「アリ」ですね



↑上記「オフィシャルサイト」から「ダウンロード」して「インストール」します。


tunelf-a-c-001


「セットアップ」の際「日本語化」が選択できます。

多くの「CD取り込みソフト」と同じよう「フォーマット:MP3」「サンプルレート:44100」「ビットレート:320kbps」など「細かい保存形式の設定」ができるなど「Tunelf Amatune Music Converter」では可能な点は嬉しいところです。

↓「英語」での説明ですが「公式動画」で使用方法が紹介されています。



「Amaon Music」からの楽曲の「取り込み方法」ですが、少し「クセ」があり最初戸惑いますが、かんたんに言えば「曲名・アーチスト」名で「検索」すると収録「アルバム」の「情報」が表示されます。

最初「アルバム内楽曲すべてにチェックマークが入っています」「保存したい楽曲のみ」チェックを残し「Convert」をクリックします。


tunelf-a-c-002


↓無事「ダウンロード」されています。


tunelf-a-c-003


「変換」されたファイルは、あらかじめ「設定」しておいた「フォルダ」「MP3」形式で「保存」されました。


tunelf-a-c-004


「Spotify」「Amaon Prime Music」それぞれのアプリでは「別形式で保存」されていますので「アプリをまたいだプレイリスト」を作成する事ができませんが、「MP3形式」で保存できれば「音楽プレイヤー」アプリで「管理」できますので使ってみると、わりと「使える」印象です。

個人的に、PCでは「MusicBee」スマホでは、Onkyo「HF Player」愛用しています使い勝手に満足しています。












家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【情報共有】「5G(ファイブジー)」-現状では「オーバースペック」かも?


【情報共有】「5G(ファイブジー)」-現状では「オーバースペック」かも?

5G-000

最近、我が家の近所でも「5G中継アンテナ」の設置工事が始まりました。

当然、数か月のうちに「5G対応エリア」になると思われるのですが、我々「一般ユーザー」にとっては「高速大容量」としか情報が少なく、「何が便利になるのか」いまひとつ「ピン」とくる点が不明に感じている向きも多いのではないでしょうか。

「2時間」の動画を「数秒でダウンロード」可能とうたっているものの、個人的にイメージが「ピン」とこないのですが・・・

「5G」
として「自動運転」「無人店舗」「ライブ配信」など「新しいテクノロジー」に利用されるという点が期待される機能ですが、こと「個人的」に利用する分に「何が便利になるのか」微妙な印象です。

よく「4G」との比較で言われるのが「2時間の動画ファイルを数秒でダウンロードできる」「低遅延」
など「抽象的」に「速い」と表現
されてはいますが、2021年3月現在、「速さ」で言えば「有線の光ファイバー回線に分がある」のが現実なので、自宅のインターネットが「光回線」であれば今のところ「5G」は「オーバースペック」なのかも知れません。

例えば、同じ「ファイルをダウンロード」するにしても「家庭内に光回線インターネット」を通して「WiFi環境」で行えば「スマホのギガを消費しない」ので、ただ単にこうした使い方であれば「何も急いで5Gにする必要はない」印象です。

ましてや、いかに「数秒で」といっても「理論上可能」そうだとしても「配信側が対応」していなければ「5G」でもその機能が発揮されず当面は「必須」とも言えそうにもないでしょう。

また最近では「駅」「商業施設」など「屋外」でも「無料で使えるフリーWiFi環境」もけっこう整ってきていますので、こうした「個人的な使用」に関しては「4G/LTE環境」でもまだまだ「不自由」は感じないようです。

ただ「新しい生活様式」に於いての「スポーツ観戦」「音楽・演劇鑑賞」など「ライブ配信」から、その機能が発揮さるのではないかと思われます。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【レビュー】「Spotify」楽曲を「MP3ファイル」として「変換・保存」するソフト-「DRmate Spotify Music Converter」


【レビュー】「Spotify」楽曲を「MP3ファイル」として「変換・保存」するソフト-「DRmate Spotify Music Converter」

dr-mate-000


「音楽配信サブスクリプションサービス」も様々「試用」してみましたが、そんな中でも「Spotify」「個人的趣味」に合っている「楽曲数」も多く、「Podcast」番組「オリジナル作品」にも「興味深い」ものもあり「有料版」の契約も検討していたところ「DRmate Spotify Music Converter」なる「Spotify」コンテンツを「MP3ファイル」として「保存」できるツールを発見しました。


↓今回は「Giveaway Of The Day」にて「アップグレード不可」のバージョンを「無料ダウンロード」して「検証」してみました。



数曲まとめて「変換」しようとすると「曲の読み込みズレ」が発生するのが気になりますが、やり直せばちゃんと「ダウンロード」できました




通常、ネットからの「ダウンロード購入」販売での価格「US$39.95」*2021年2月26日現在、「4,236.78 円」となり、「アルバム2本程度の価格に当たる」金額設定になりますので、980円/月の「有料版」を契約するのが「得」なのか「利用するひとそれぞれ」でしょう。

dr-mate-001


「ダウンロード」はこちらから。なお当然ですが「Spotify」がインストールされている事が前提です。




dr-mate-004

「楽曲」の取り込み方法は、まず「Spotify」を立ち上げ「取り込みたい楽曲の欄を右クリック」「シェアする」→「曲のリンクをコピー」して「楽曲URLを取得」します。

dr-mate-003

「DRmate Music Converter」「URL欄」に、取得した「URL」を「貼り付け」て「+」をクリックすると「楽曲の情報」が読み込まれます。

そして右下の「変換」ボタンをクリックすると「MP3ファイル」として「変換」したファイルの保存が始まります。


dr-mate-002


↓この様に「任意のフォルダ」「MP3ファイル」として「保存」されていることが「確認」できます。


dr-mate-005

期待される「音質」ですが「Spotify」で配信されているもの「そのまま」な印象で、「アーチスト」「アルバム」などによって多少バラツキはあるものの、「日本国内」で「公開されていない」「リマスター版」が配信されているなど、様々ではあります「MP3ファイル」として「PCで編集」が可能ですので「プレイヤーアプリ」「イコライザ」など「工夫」すれば「まずまず」な環境で楽しめると感じています。







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「YouTube Premium」契約する前にー「YouTube Music 無料プラン」で以前自分でアップロードしていた楽曲をダウンロードできるのか?


【情報共有】「YouTube Premium」契約する前にー「YouTube Music 無料プラン」で以前自分でアップロードしていた楽曲をダウンロードできるのか?

ytmp-000


「Goole Play Music」から「YouTube Music」に移行する際に、「移行ツール」で完全に引き継げなかった「ファイル」「YouTube Music」内にあるものの、有料の「Premiumプラン」で契約しておかないと「端末への保存」が「不可」な上、「YouTube Music内での再生に限られる形式」なため、「移行失敗」を悔やまれるところですが、意外なところで、愛用しているネット動画のダウンロードツール「どがれこ」「YouTube Music」が対応しているのを発見、「自分でアップロードしたファイルのダウンロード」が可能か「検証」してみました。

あまり推奨できる方法ではないかも知れませんが「楽曲」によってはPCに保存できるケースを確認できました


ytmp-007


↑2021年2月18日現在、「YouTube Music」が「YouTube」「niconico動画」同様に対応されているようです。

ところが、自分の「Googleアカウント」で「ログイン」して「ライブラリ」から楽曲をダウンロードしようとするも「ダウンロードボタン」が「非表示」になってしまいます。


ytmp-002


そこで「ログイン」せずに「楽曲を検索」すると「ダウンロードボタン」が表示されたので「クリック」してみます。


ytmp-003

「Goole Play Music」時代と同様「楽曲によっては自分がアップしたものとGoole Playで配信されたものと入れ替わってしまう(ライブ版がスタジオ版になってしまうなど)の問題は残る」ものの「楽曲のダウンロード」自体は可能なようです。



ytmp-004

「どがれこ」「ライブラリ」内に「MP3」ファイルとして保存できた事を確認できます。


ytmp-005

「ダウンロードされたファイル」の保存先「PC/ローカルディスク/(メーカー名)/Documents/Music/youtube~/ファイル名」となりますが「任意のフォルダ」に移動し「編集」する事が可能です。

ytmp-006


とは言うものの、一部「消えてしまった楽曲」があるなど「100%完全」というわけではないようなので、より完全さを求めるのであれば、有料の「YouTube Premium」の契約も「検討する価値」はありそうです。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】「Spotify Free プラン(無料版)」でも「Podcast番組」だけは「ダウンロード」「オフライン」で聴く事が可能


【これは便利!】「Spotify Free プラン(無料版)」でも「Podcast番組」だけは「ダウンロード」「オフライン」で聴く事が可能

spotify-pod-000

「音楽配信サブスクリプションサービス」としては「独り勝ち」状態で、さしずめ「音声メディア」に於いての「Netflix」的存在を目指しているかの勢いの「Spotify」ですが、スマホアプリにおける利用で「Freeプラン(無料版)」の場合「音楽の曲再生」については「シャッフル再生のみ」「ダウンロードしてのオフライン利用不可」などの制限があるのですが、2020年からサービスが開始された「Podcast」番組については「スマホアプリ」に「ダウンロード」でき「オフライン利用」が可能です。


「音声のNetflix」とも呼ばれる「Spotify」。オリジナルPodcast番組も魅力的なコンテンツがあり見逃せません
spotify-pod-001

↑「Freeプラン(無料版)」での音楽再生はけっこう「制限」がありますが・・・。

spotify-pod-003

こと「Podcast」番組については画面右下に「ダウンロード」マークが表示され、「端末に番組を保存」する事が可能です。

spotify-002

また「Spotify」での「Podcast番組」のラインナップが偏っているという報告も「相変わらず」ではありますが、かえって「オリジナル番組配信」が増えており、アプリ自体の操作感もよく、今後を期待したいところです。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク