セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

ブラウザ

【注意喚起!】「Chromeブラウザ」使用中のしつこい「迷惑通知」「ポップアップ」が「危険!」-「無効化」する方法


【注意喚起!】「Chromeブラウザ」使用中のしつこい「迷惑通知」「ポップアップ」が「危険!」-「無効化」する方法

chrome-pop-000



「Windows10」「Mac」「Linux」系OSに限らず、ネット閲覧用ブラウザに「Google Chrome」を使用している際、以下のような「ポップアップメッセージ」が頻繁に表示され「大変迷惑な思い」を発生するケースがあります。↓


chrome-pop-001-vert

↑「Chromeブラウザ」を使っているから「必ず発生する」かというと、そうでもなく「とある、特定のサイトを訪れる」事により発生するらしいので、このメッセージが出る場合「身に覚え」があるかも知れません。

ブラウザの「通知機能」を悪用し「有害サイトへ誘導」される危険があるので「無効化」しておくほうが良いでしょう

とはいうものの、「ほおっておくのも邪魔」ですし「間違ってクリック」してしまうと「怪しい有害サイト」に誘導され、「思わぬ被害に合う恐れ」がありますので「無効化」しておいたほうが「無難」でしょう。


chrome-pop-005


このメッセージは「Chromeブラウザ」の「通知機能」を利用していますので「Chromeブラウザ」の「設定」から「無効化」する事が可能です。


chrome-pop-006

「ブラウザ」右上の「設定ボタン」→「設定」→「詳細設定」と進みます。

chrome-pop-007


「プライバシーとセキュリティ」→「セキュリティ」と進むと・・・。


chrome-pop-008


「Chrome」が「通知を許可」されている「サイト一覧」が表示されます。


chrome-pop-009


この中に「迷惑とおぼしきサイト」が表示されているのを探します。

「サイトのURL」はおおむね「迷惑メッセージ内に隠れている」ので「目安」に見つけて下さい。

chrome-pop-001-vert


見つけ出す事ができたら、右の「設定」をクリック「データを駆除」を実行すれば、以降こうした「ポップアップメッセージ」が表示されなくなります。



chrome-pop-010



ここまで「操作」を行っても「また表示される」という場合、「訪れるサイト」に問題があるのかも知れませんので確認・見直してみたほうが良いと思います。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】「YouTube Premium」契約する前に-「Chromeブラウザ機能」を使って「仮想デスクトップアプリ化」してみる


【これは便利!】「YouTube Premium」契約する前に-「Chromeブラウザ機能」を使って「仮想デスクトップアプリ化」してみる

yt-pre-ap-003
「無償版」「有料Premium版」にかからわず、「YouTube動画」をPCのブラウザで再生して「ながら見」することも多いと思いますが、「タブ」を開きすぎて、うっかり「YouTube」のタブを「見失ったり」「閉じてしまう」ケースも多いかと思います。

そんな時に便利なのが、ブラウザ「Google Chrome」の機能を利用して「YouTube」のウィンドウだけを「仮想デスクトップアプリ化」するという方法です。

この設定を行う事により「YouTube」の画面と「Chrome」の画面が「分割」され、「リンク」を新しいタブで開いても「YouTube画面」に影響が出なくなります。

また「仮想デスクトップアプリ化」したウインドウには「Chrome」の「UI」が表示されず、スッキリとしたデザインで、表示スペースを効率よく使用する事が可能になります。

この機能は「Chrome」がインストールされているPCであれば「Windows」「Mac」「ubuntu」(Linux系OSの場合、Chromiumウェブブラウザ)で動作が確認できています。
あくまで「Chrome」の機能を利用しているので「ブラウザ」を閉じると一緒に終了してしまうので注意!
設定方法は、まず「Google Chrome」「YouTube」を再生し、ブラウザ右上の「メニュー」ボタンから「その他のツール」→「ショートカットを作成」と進みます。

yt-pre-ap-005

次に「ウィンドウとして開く」という欄にチェックを入れ「作成」をクリック。

yt-pre-ap-000

これで「YouTube」アプリとして「デスクトップ」上に表示されます。

yt-pre-ap-004

他のアプリソフト同様、タスクトレイにも表示可能です。

yt-pre-ap-002

また、「ウィンドウサイズ」は自由に変更でき「マルチタスク」での作業も可能になります。

しかしながら「一見独立したアプリ」のように見えますが、あくまでも「Chrome」を「複数表示する」機能ですので、当然ながら「ブラウザ」を閉じれば「YouTube」も終了してしまうので注意は必要です。

この点を理解した上で使用すれば、思いの外,快適に「ブラウジング」できる便利さを体感できると思われます。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】「YouTube Premium」契約する前にーブラウザ「Safari」利用でバックグラウンド再生(iPhone)


【これは便利!】「YouTube Premium」契約する前にーブラウザ「Safari」利用でバックグラウンド再生(iPhone)

yt-iphone-000

(注)この情報は修正版を2020年9月25日の公開しましたのでご参照ください↓


「YouTube Premium」の目玉機能
として「バックグラウンド再生」というものが注目されています。

これはPCに於いては当然「マルチタスク」(複数の作業を同時進行で行える機能)なのであまり気にする事はなかったのですが、ことスマホ・タブレット端末については、一部「音楽再生アプリ」などを除いて、他の作業中に「同時に作動する」機能が限定されており「YouTube」に於いては「Premium」を契約しなければ「バックグラウンド再生」に対応されず、他のアプリを開く際「YouTube」はいったん終了しなければなりません。

↓「非公認」ながら「バックグラウンド再生」できるアプリもないわけではないのですが、「上手く起動できなかったり」「突然サービスが停止」する事を覚悟しなければならないのも致し方ないところではあります。


正規のブラウザ「Safari」を利用するので安心ではありますが視聴するまでの設定が面倒かも
PCでは「ブラウザ」を介して視聴されるのが前提ですので、一部メディアでは「スマホ」でも「ブラウザのPC版表示機能」を利用して視聴できると言われていますので「検証」してみました。



確認に使用したのが、2020年発売のApple「iPhoneSE(第2世代)」「Safariブラウザ」です。

yt-iphone-001

「Safari」ブラウザで「YouTube」を開き、視聴したい動画を再生し、左上の「AA」をタップし「設定画面」を開き「デスクトップ用Webサイトを表示」を選択します。

ここで「ホームボタン」で「戻る」の操作をしますが「一度再生が止まった」ような動作になります。

ここで「iPhone」画面の「下から上にスワイプ」して「コントロールセンター」を呼び出し画面右上の「再生ボタン」をタップする事によって「再生が再開」し、他のアプリを使用しながらでも「YouTubeをバックグラウンド再生」する事ができるようになりました。

yt-iphone-003

「戻る」際は再度「コントロールセンター」を呼び出して「停止」する必要があります。

このように「ひと手間二手間かかる」ものの、さほど難しくなく使用できます「操作が面倒」なのは確かではあります。

しかし「怪しげ」な「サードパーティアプリ」ではなく、標準装備のブラウザ「Safiari」の機能を使う方法ですので「安心して利用できる」のは確かです。

また「Android」端末に於いては「Chrome」ブラウザでも同様に利用できると記事にはありましたが、手持ちの「Android」端末では上手く作動しませんでした、端末との相性も考慮する必要もありそうなので再度検証し直してまた「報告」できればと思います。


Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、サンドストーン
by カエレバ



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【情報共有】「Netflix」アカウント不要で一部ドラマの第一話や映画の無料配信キャンペーン中


【情報共有】「Netflix」アカウント不要で一部ドラマの第一話や映画の無料配信キャンペーン中

netflix-trial-000

動画配信サブスクリクションの代名詞ともなりつつあり、現行販売されている「4Kテレビのリモコン」の多くにも「YouTube」と並んで「Netflix」ボタンが付いている機種も多く「名前だけはよく聞く」的な認識なユーザーも多いと思います。

しかし「Netflix」は有料配信サービスなので利用していないケースが多々あるようなので、時たま「無料トライアル」を行っているようですが、2020年9月現在、一部コンテンツのアカウント不要の無料提供が開始されました。 これまでも初回登録時には30日間の無料体験が可能でしたが、https://www.netflix.com/jp/watch-freeで提供されるコンテンツはアカウントの登録も不要で、すぐに視聴することができるのが今までのキャンペーンと異なる点。 残念ながら視聴環境についてはPCまたはAndroidデバイスのみとアナウンスされており、現時点でで「iOS」はサポートされていません。
PC・Androidの「ブラウザ」からの視聴のみの対応なので「Chromecast」「FireTV Stick」では視聴確認できませんでした
「お試し無料」を試すにはココからアクセス



2020年9月現在提供されているコンテンツは以下の通り。なお映画は全編視聴できますが、ドラマシリーズ作品は第1話のみ

・「ストレンジャー・シングス 未知の世界」 ・「
マーダー・ミステリー」 ・「エリート」 ・「ボス・ベイビー ビジネスは赤ちゃんにおまかせ!」 ・「バード・ボックス」 ・「ボクらを見る目」 ・「ラブ・イズ・ブラインド 〜外見なんて関係ない?!〜」 ・「2人のローマ教皇」 ・「アワープラネット 私たちの地球」 ・「フレイス&フランキー」

また視聴可能な作品は随時変更されるとの事。

netflix-trial-001

Windows10版「Chromeブラウザ」からhttps://www.netflix.com/jp/watch-free にアクセス「ログイン」せずに「番組」の「今すぐ観る」をクリックすれば「再生」が始まります。

netflix-trial-002

「Android」端末の場合標準のブラウザが「Chrome」になっていますので同じように「専用ページ」https://www.netflix.com/jp/watch-free をタップすればPCと同じような感覚で視聴できますが、注意しなければならないのは、端末にあらかじめインストールされている「Netflix」アプリではこの「無料視聴対象外」という点。

あくまでも「アプリではなくブラウザ視聴」に限られている「ちょっと分かりにくい」措置のようです。

netflix-trial-003

ちなみにPC「Chrome」ブラウザの「キャスト」機能「Chromecast」をつないで「テレビ画面にキャスト」を試みるものの「Netflixのロゴが表示」されたまま先に進みません。

また「FireTV Stick」の場合、デバイス内専用アプリでの視聴になるためインストールされている「Silk」「FireFox」ブラウザで試してみるも「ロゴの表示すらできない」状況ですので、今回の「無料配信」「あくまで条件を限定した特別措置のトライアルキャンペーン」と思われます。

さらに「AppleTV+」とのからみからでしょうか?「iOs」「Safariブラウザ」等も含め「Apple」製品には「非対応」になようで、私の環境の「Apple製品」での視聴は不可でした。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】「YouTube Premium」契約する前に-スマホ・タブレットで「広告非表示」にするには?


【これは便利!】「YouTube Premium」契約する前に-スマホ・タブレットで「広告非表示」にするには?

yt-pre-000

「YouTube Premium」の特徴として「広告を非表示する」というストレスフリーな便利機能があるのですが、利用したい用途にもよりますが、その理由だけで「有料版」にするのも「コスト面でどうも・・・」というケースもありますよね。

↓PCでは「Chrome」「Firefox」の「拡張機能」で対応できますが・・・。



アプリではなく「ブラウザベース」なので「使い勝手はイマイチ」ですが「無料で広告ブロック」できるのはありがたいものです
スマホ・タブレット機器での視聴の場合、「Chrome」等PC向けの「拡張機能」はありませんが、「個人情報保護に対応したブラウザ」が「iOs・iPadOS」「Android」端末向けの「Braveブラウザ」というアプリが公開されています。

Brave: 高速で安全なプライバシー保護ブラウザ&検索

Brave: 高速で安全なプライバシー保護ブラウザ&検索

Brave Software無料posted withアプリーチ


「Appストア」「Playストア」からアプリをダウンロードして、「検索窓」から「YouTube」を立ち上げ、それぞれの「YouTube ID」でログインします。

brave-001

デフォルトで「広告をブロック」の設定になっています。

brave-002

これで有料「Premium契約」をせずとも「広告が非表示」になるのはうれしいポイントですが「公式アプリ」に比べると「使い勝手にクセ」があるのと「Google側の仕様」なのか、一部非表示にならない広告も存在するのも「無料アプリ」ならではの所以ですが、我慢できるレベルと思われます。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク