セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

個人情報流出

【情報共有】国内No.1のSNS「LINE」の安全な利用方法ー正しく「設定」すれば怖くない?



【情報共有】国内No.1のSNS「LINE」の安全な利用方法ー正しく「設定」すれば怖くない?

sns-trable-000

「メッセージやりとりのビジュアル」「無料音声通信」「官公庁でのサービス配信」などで一気に国内での「SNS」としてだけではなく「インフラ」として認知されている「LINE」ですが、便利なのは確かなのですが「無料」で利用できるが故に「設定」を「インストール時」のままにしていると「諸々の問題が発生」しているケースも見受けられるように感じます。

新たに「LINEデビュー」される方、また既に「LINE」を活用されている方にも「アプリのアップデート時に勝手に変更」されている場合も多いので「再確認」していただきたい項目をチェックしてみましょう。
「位置情報」「IDによる友だち追加を拒否」「情報の提供」などの設定に「注意」すれば安全か?
「LINE」を利用している人の「不安」な点、として「見知らぬ人物から勝手に友達登録される」「怪しいメッセージが届く」「居場所など特定されネットストーキングされているかも」と言ったケースが多いのですが、あらかじめ「設定」を見直すことで、こうした「被害」を防げるかも知れません。


「LINE」アプリの「設定」を確認、変更するにはまず「ホーム」画面から「右上の設定マーク」をタップします。

sns-line-001

「設定確認・変更」する項目は「プロフィール」「アカウント」「友だち」「情報の提供」の4点チェックしましょう。

sns-line-002

「IDによる友だち追加を許可」を「オフ」にすることにより、他のユーザーが勝手にIDを検索して友だち登録することができないようすることができます。

sns-line-003

「友だち自動追加」をオフにしておけば「端末の連絡先に含まれるLINEユーザーを自動で友だち追加することができなくなり、LINEでつながりたくない相手」とは直接「LINE交換」しない限り「友だち追加」されないように「設定」できます。

sns-line-000
「電話番号」を知られている相手に勝手に「友だち追加」されるケースを防ぐため「友だちへの追加を許可」項目も「オフ」にしておきましょう。

sns-line-004

他人に自分のログイン情報が洩れてしまい「アカウントに勝手にログインされる」のを防ぐため「ログイン許可」のチェックも外しておいたほうが「無難」でしょう。

sns-line-005
「コミュニケーション関連情報」の取得も「要らぬ情報を送信しかねない」心配なので「オフ」にするのが望ましく、「位置情報の取得を許可」「位置情報がダダモレ」でストーカー被害などを誘発する恐れが心配であれば「オフ」にしておくべきでしょう。(オフの場合でも端末の位置情報を利用したサービスの機能のほとんど利用可能との事)

なお2020年現在、日本国内に於いて「SNS」「LINE」一強のようですが、こと国外については一時「ロシア」「台湾」「東南アジア」で利用されていた時期もありましたが現在は使われていないようです。

理由は定かではありませんが往年の「ミクシィ」や「グリー」同様、変化の早い業界ですので「今のうちがピーク」なのかも知れません。

国内でも「ビジネスの現場」では「Slack」に置き換える向きもあるようです。



(参考動画)
*真偽のほどは現状状況変化があるかも知れませんが参考までに。↓





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Google Chrome」の「保護されていない通信」サイトは安全か?



「Google Chrome」の「保護されていない通信」サイトは安全か?


SSL

当ブログもそうなのですが、現在多くのブログを「Chrome」ブラウザで表示すると、HTTP接続を使っているWebサイトはアドレスバーのURLの左側に「i」のアイコンが表示され、クリックすると「このサイトへの接続は保護されていません」という警告が表示されるようになっています。

これは、Google側の措置で、2018年初頭からこのように「https」から始まるアドレス以外のサイトに表示されるのですが、現在各サーバーにより対応がまちまちなので「混乱」されるユーザーさんも多いと思います。
当ブログも「ライブドア」のシステムを使用して配信しているのですが、「順次対応予定」となっているものの、いまだ対応されていないのが現状です。
2019年1月現在、Googleの「勇み足」のような面も・・・
現在、「ブログサービス」として対応が確認されているのは、「レンタルサーバによるワードプレス」「はてな」「アメブロ」「Yhooブログ」などまだ少数で、利用者の多い「ライブドア」「FC2」「忍者」など対応を予定しているものの、なかなか時間がかかっているのが現状のようです。

この辺、Googleが先走ってしまった感はあります。

chrom-ssl-001

「人気ブログランキング1位」のこのサイトでも未対応。

さらの「メーカーの公式ブログ」でも同様です。

chrom-ssl-002

ただし、「ブログ」での「商品紹介」「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」などへのリンクがほとんどなので、ブログ配信者に「個人情報」が知られる心配はありませんので、こうしたブログサイトを閲覧、利用する事は決して「危険」という訳でもなさそうです。

しかし、ブログ管理者からしてみれば、いち早く解決してもらいたい問題ではあります。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

詐欺はがき「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」



詐欺はがき「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」


sagi-000


我が家では、この類のはがきは、即ゴミ箱直行便となっているので気づきませんでしたが、ご近所さん数件に入っていたらしいです。
sagi-hagaki

新手の詐欺らしいですが、実際30万払ってしまった例もあるそうなので即通報してみるべきでしょう
内容としては、送付対象は「70歳以上の女性宅」で、気づいた方が警察に通報したところ、「詐欺はがき」である事が判明したとのことで、我が家にも自治会から連絡がありました。

以前から「ネット上」で同様の詐欺が横行していましたが、こうしたネット使えない層を狙った新手の詐欺のようです。

自治会からの通知にあるように、仮に記載の電話番号に連絡してしまうと、金銭的被害を免れたとしても「個人情報」を相手に確認させる結果になるおそれがあるので、「絶対、はがきの中の電話番号に電話しないで下さい」事を心がけておくにこした事はないでしょう




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【注意】自治体以外の「無料不用品回収業者」



【注意】自治体以外の「無料不用品回収業者」


keitora


最近は減ってきた気もする、「電化製品、すべて無料でお引取りします。」と住宅街の中を流して走る白い軽トラック。目にされた人も多いのではないでしょうか?

パターンとしては、ポストに「不用品回収日のお知らせ」というチラシが入っていて、連絡先の電話番号「090,080から始まる携帯電話番号」になっているものがここのところよく投函されています。

「私」も一度だけ被害に遭っていました
私も何度か「引っ越し」をしていましたが、一度だけ「冷蔵庫」の処分に困り、このサービスに連絡してしまったことがありました。

しかし、「無料」だと電話口で言っておきながら、訪問してきた男はなんと、8,000円料金を請求してきました。なんでも「冷蔵庫は処分費用がかかるから」というではありませんですか。

納得いきませんでしたが、引っ越し日に間に合わないので仕方ないと思い、領収書を請求すると、しぶしぶ「会社名の入ってない」手書きの領収書を書いてよこした。という経験がありました。

こうした思いをしている人も多いらしく、こうしたケースをまとめた動画もアップされていましたので参考にして下さい。



業者にスタッフとしてスカウトされた事もあります
所用で「ハローワーク」に1週間程出入りしていた時期、「求職者」勘違いされたのか、「怪しい男」「クルマの免許持ってる?いい仕事があるんだけど話聞かない?」と付き回られてしまい、2回ほど「無視」していましたが、3回めにバス停まで付いてきて一方的に話をしてきたので聞いていたらどうも「住宅地の不用品を回収し、外国に売り飛ばす」ような話でした。


しばらくして、市内で同じ様な手口の業者が摘発されたとの報道があり、「ああ、あの類いの業者かな」と思いました。


「経産省」のガイドラインでもこうした業者を利用しないよう「注意喚起」しています。

ちなみに、自分で処分できない場合は、最寄りの「家電量販店」「ホームセンター」でも自社で購入していなくても「有料」にはなってしまいますが引き取ってもらえる店がありますので相談してみるのも良いと思います。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク