セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

内蔵HDD

【情報共有】テレビの「全録」「4Kチューナー」入り「不要論」


【情報共有】テレビの「全録」「4Kチューナー」入り「不要論」

rec-zen-000


家電量販店などの店頭で陳列されている「4K対応テレビ」の多くが「4Kチューナー内蔵」「HDD内蔵全録」や「タイムシフト録画」などの「付加価値」を付け「差別化」をはかっている一方、こうした機能を省いて「50Vで5万円を切る」ようなモデルも「ネット通販」「ゲオ」などでも見かけます。

「国内メーカー」「ジェネリック」「中華製」などの違いはあるものの、果たして「価格が高い」ほうが「本当にお得な買い物」なのか悩むところです。




「見逃し番組ならTVerかGyao!」で「そもそも配信系は録画不可」

「テレビの価格の基本的考え」は「画面パネルサイズあたりの価格差は国内・海外メーカー問わずほとんどなく、追加機能によって価格差がでる」
というものなので「テレビの視聴習慣」によって「製品選び」をするという考えもアリかも知れません。

あくまでも「個人的」的な話ですが、所有の「ブルーレイレコーダー」「HDD」は「WOWOW番組の録画専用化」されており「他の地上波、BS」などほぼ入っていない状態。

「4K放送」に関しては今のところ「NHK BS 4K」はじめ「民放BS 4K」も観たいコンテンツがない現状なので「必要ならレコーダーを買い替えて対応」する予定。




もっとも「地上波」「BS」などで「見逃し視聴」などしたい場合「TVer」「Gyao!」などの2つのサービスでほぼカバーされつつあるようなので「よっぽど残したい番組がある」ケース以外は「とくに録画する必要」はないのかも知れません。



TVer(ティーバー) 民放公式テレビポータル/動画アプリ
TVer(ティーバー) 民放公式テレビポータル/動画アプリ
開発元:TVer INC.
無料
posted withアプリーチ


GYAO! / ギャオ
GYAO! / ギャオ
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

「TVer」「Gyao!」はじめ「Amazonプライムビデオ」など「ネット配信」の番組は「テレビ」や「レコーダー」には録画できませんが、こうした「見放題」的なサービスならば「レコーダー」は不要でしょう。

我が家では基本的に「FireTV Stick」で「ネット動画」視聴が中心で、BSは「WOWOWオリジナルコンテンツ」だけでも「観る時間が足りない」状況なので、今のところ「これ以上の機能は不要」と考えています。

「地デジの4K化」もあまり需要はなさそうですし「足りない機能は必要に応じて後から補う」感覚テレビを選ぶ手もアリかも知れません。


(参考製品)





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

動かなくなった「ノートPC」のHDD内のデータを取り出す方法


動かなくなった「ノートPC」のHDD内のデータを取り出す方法

note-hdd-001

「 Operating System not found 」エラーが出て、PCが起動しなくなり、内蔵HDD内のデータを別の

PCに移動できないかとの相談をうけました。


基本的に、「 Operating System not found 」エラーは、ハードディスク内のOSが物理的に認識し

なくなる症状
で、「写真」や「音声」「動画」などのデータは残っている可能性は考えられます。

「Windows」 や「アプリケーション」などのソフトウェア・トラブルではないため、パソコンメーカーの

サポート窓口へ相談すれば、論理的・物理的な障害を問わず「ハードディスクの故障」として対応

してくれるようです。


保証期間であれば無料でパーツ交換してくれます。また保証期間外の場合は 4万円前後くらい

が相場
だといわれていますが、作業には2週間から1ヶ月ほどかかります。

また、「データ復旧業者」一時期存在していましたが、4~8万円の費用がかかる上、「個人情報流失」などのリスクや、仮にデータが復旧しなくても料金は請求されるなどトラブルが多く、現在ではこうしたサービスをする業者は見当たりません

「 Operating System not found 」エラーが出て起動しなくなったPCからデータの救出を試みる
メーカーや業者では、あくまでもハードディスクの交換と工場出荷時(購入時)の状態に戻すだけです。

写真などの大切なデータは救出してくれません。

こうした業者に依頼する場合、「データは消去されてしまうのであらかじめバックアップを取った上で修理に出して下さい」とかならず念をおされます。

しかし、バックアップを持っていない場合はどうすれば良いのか? 注意点も含めて検証してみました。


こればかりは、データ所持者が「自己責任でDIYで取り出す」必要があります。

デスクトップPCの場合、PC本体をバラバラにしないと「ハードディスク」を取り出せませんが、「ノートPC」の場合、メーカーにより方法は異なりますが、背面から取り出せる構造になっています。

動画は「富士通ノート」の取り出し方法です。↓



そして、取り出した「ハードディスク」を別のPCに接続するケースを用意する必要があります。

私の場合、「Amazon」で下記の製品を入手しました。





note-hdd-002

「動画」を参考に「ハードディスク」を取り出したら、この製品にセットして、別のPCの「USBスロット」に接続します。

note-hdd-003

「Windows」のブートシステム「ローカルディスク(C)」に入っています。

今回接続した「ハードディスク」「ローカルディスク(E)*機種によって表示が異なる場合もあるようです)」として認識されます。


note-hdd-004

「ブートシステム」が破損していても、「フォルダ」が表示されていれば、データ自体が残っている可能性があります。

「フォルダ名」はディスクのメーカーにより異なるようなので、それらしい「フォルダ」をクリックしてみて下さい。

写真・画像ファイルならば、拡張子が「.jpg,.png」音声ファイルならば、「.mp3,aac」動画ファイル「.mp4,flv」などが残っていれば、他のPCへはWindowsの「エクスプローラー」「マイ・コンピュータ」などで、任意のフォルダへ「コピー&ペースト」すれば、データの移動ができました。

うまく行けば、1,000円前後の出費で、「データ復旧」できる場合もあるので「ダメ元」で試してみる価値はあるかも知れません

尚、使い終わった「ケース」は現在、中古の500GBの「ハードディスク」を装着し、テレビ録画器の「サブ」として利用しています。

これも「コツ」があるので、別の機会に紹介したいと思います。


くれぐれも、「データファイルのバックアップ」は自己責任なので、私個人的には、写真・画像ファイルは「Googleフォト」と「Amazonプライムフォト」に自動的にアップロード。

音声ファイル「Google Play Music」にアップロード。


動画ファイル「YouTube」にアップロードしてバックアップしています。


いずれにしても「個人テータ」は自分自身で守るのが鉄則のようです。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事(画像付)
スポンサーリンク