セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

動画サブスクリプション

【情報共有】テレビの「全録」「4Kチューナー」入り「不要論」


【情報共有】テレビの「全録」「4Kチューナー」入り「不要論」

rec-zen-000


家電量販店などの店頭で陳列されている「4K対応テレビ」の多くが「4Kチューナー内蔵」「HDD内蔵全録」や「タイムシフト録画」などの「付加価値」を付け「差別化」をはかっている一方、こうした機能を省いて「50Vで5万円を切る」ようなモデルも「ネット通販」「ゲオ」などでも見かけます。

「国内メーカー」「ジェネリック」「中華製」などの違いはあるものの、果たして「価格が高い」ほうが「本当にお得な買い物」なのか悩むところです。




「見逃し番組ならTVerかGyao!」で「そもそも配信系は録画不可」

「テレビの価格の基本的考え」は「画面パネルサイズあたりの価格差は国内・海外メーカー問わずほとんどなく、追加機能によって価格差がでる」
というものなので「テレビの視聴習慣」によって「製品選び」をするという考えもアリかも知れません。

あくまでも「個人的」的な話ですが、所有の「ブルーレイレコーダー」「HDD」は「WOWOW番組の録画専用化」されており「他の地上波、BS」などほぼ入っていない状態。

「4K放送」に関しては今のところ「NHK BS 4K」はじめ「民放BS 4K」も観たいコンテンツがない現状なので「必要ならレコーダーを買い替えて対応」する予定。




もっとも「地上波」「BS」などで「見逃し視聴」などしたい場合「TVer」「Gyao!」などの2つのサービスでほぼカバーされつつあるようなので「よっぽど残したい番組がある」ケース以外は「とくに録画する必要」はないのかも知れません。



TVer(ティーバー) 民放公式テレビポータル/動画アプリ
TVer(ティーバー) 民放公式テレビポータル/動画アプリ
開発元:TVer INC.
無料
posted withアプリーチ


GYAO! / ギャオ
GYAO! / ギャオ
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

「TVer」「Gyao!」はじめ「Amazonプライムビデオ」など「ネット配信」の番組は「テレビ」や「レコーダー」には録画できませんが、こうした「見放題」的なサービスならば「レコーダー」は不要でしょう。

我が家では基本的に「FireTV Stick」で「ネット動画」視聴が中心で、BSは「WOWOWオリジナルコンテンツ」だけでも「観る時間が足りない」状況なので、今のところ「これ以上の機能は不要」と考えています。

「地デジの4K化」もあまり需要はなさそうですし「足りない機能は必要に応じて後から補う」感覚テレビを選ぶ手もアリかも知れません。


(参考製品)





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】観たい動画コンテンツがどこで配信されているか複数の「動画配信サイト」を横断して検索できるサービス-「Aukana(アウカナ)」


【これは便利!】観たい動画コンテンツがどこで配信されているか複数の「動画配信サイト」を横断して検索できるサービス-「Aukana(アウカナ)」

aukana-000

個人的に「動画サブスクリプション」「Amazonプライムビデオ」「WOWOWメンバーズオンデマンド」をメインに契約。

無料配信の「Gyao!」「TVer」をチェック、ときたま観たいコンテンツがある際「1か月だけ」の単発契約で「Netflix」など利用してなるべく「コスパ」を意識して「テレビライフ」を送っています。
意外と「TVer」や「Gyao!」など「無料」で観れるケースもあるのでチェックしておいて損はなさそうです
そこで問題になるのが「観たいコンテンツがどのサービスで配信されているか」調べる方法。


1サービスずつ配信サイトにアクセスしてコンテンツを検索していましたがこれがけっこう面倒です。

そんなとき「ネット記事」で見つけたのが「Aukana(アウカナ)」なる「複数の動画配信サービスをまとめて横断検索」してくれる「Webサイト」。



対応する「動画配信サービス」は30以上あり、「配信状況」「料金」「コンテンツのレビュー」など情報がよくまとめられており「使い勝手」がよく「重宝」できそうなサービスです。

aukana-001

「検索ボックス」に「観たい作品名」を入力し「検索」をかけると。

aukana-002

検索時に「配信されているサービス・料金」などが表示されますので「作品配信検索」が一発でできます。

PC上では「ブラウザ」からのアクセスになりますが、スマホ・タブレットからは「専用アプリ(無料)」インストールしての利用となります。

aukana(アウカナ)映画やドラマ・アニメの作品検索アプリ
aukana(アウカナ)映画やドラマ・アニメの作品検索アプリ
開発元:CyberOwl, INC.
無料
posted withアプリーチ


aukana-003

アプリをインストールしたら「利用している」もしくは「利用を検討しているサービスを登録」します。

aukana-004

「Webブラウザ版」同様「検索ボックス」に「作品名」を入力。

aukana-005

「Webブラウザ」ブラウザ版とは「できる事は同じだが見た目違うサービス」という感じかも知れません。

aukana-006

ただ、個人的な感覚として「スマホアプリ」はインターフェイスにけっこうクセがあり、「Webブラウザ」版のほうが使いやすい印象はありますが、そのあたり「人それぞれ」でしょう。



wowow



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「WOWOW」は他の「動画サブスク」に比べ「割高」と言われていますが


【情報共有】「WOWOW」は他の「動画サブスク」に比べ「割高」と言われていますが

wowow-malti-000

2019年ころから「Netflix」はじめ「hulu(フールー)」「Amazonプライムビデオ」など「動画サブスクリプションサービス」「CS」「CATV」「スカパー!」に替わり「有料映像コンテンツ視聴」の中心的存在に取って替わられた感がありますが、そんな中でも「国内勢」として相変わらず、BSの「WOWOW」が健闘しているようです。

かくゆう私も個人的には2000年8月の「サザンオールスターズ茅ヶ崎凱旋ライブ」を見たいがために加入したのがきっかけでもう「20年近く」契約しています。

wowow

当時は「専用チューナー」「ケーブルテレビのホームターミナル」「BSチューナー内蔵VHSビデオデッキ」などで繋いだテレビ1台でしか視聴できませんでしたが、現在市販されているテレビの多くが「地デジ・BS・110°CSチューナー」が内蔵されているので、こうしたテレビと「BS電波」が入る環境であれば当時と比べ「視聴環境のハードルが低くなっている」と言えるでしょう。



しかしテレビを複数所持するようになると以前のような「外付けチューナー」毎の料金体系ではなく各テレビに接続されている「B-CASカード」毎の契約が必要になるため「別のテレビで視聴・録画」するためには「B-CASカードの差し替え」など「ハード的にはあまりお勧めできない方法」しかアナウンスされていませんでした。

「B-CASカード」なしで他のテレビ・タブレット端末等最大5台まで同時視聴が可能な上「4K」にも対応している点を考慮すればあながち「高い」わけでもなさそうです


しかし、
ネットでの見逃し配信・同時配信が可能な「WOWOWメンバーズオンデマンド」のサービスの拡充と「AndroidTV」「Amazon Fire TV Stick」でアプリ対応された事により「B-CASカードで契約していないテレビ」はもちろん、スマホ・タブレットなど「モバイル端末」「非公式ながら同時5台まで」視聴が可能になっているようです。


ただし「番組録画」は「B-CASカード」の接続されたテレビ・レコーダーに限られますが。

wowow-malti-001


Google グーグル Chromecast with Google TV snow GA01919-JP[クロームキャスト]
by カエレバ

【4K】Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属
by カエレバ



「WOWOW」のチャンネルは「WOWOWプライム(総合)」「WOWOWライブ(音楽・演劇・スポーツ等)」「WOWOWシネマ(映画)」の3チャンネルと今後、2021年3月1日から「WOWOW4K」が加わる予定との事。

一部「配信コンテンツ数」「配信期間が短い」などで「料金が高い」という批判もあるようですが、「ドラマW」など「TSUTAYA」でDVD化したり「Netflix」「Amazonプライムビデオ」「hulu(フールー)」などでも「再配信されている作品」も多く「音楽・演劇(宝塚・劇団新感線・熱海五郎一座)」「スポーツ(サッカーブンデスリーガ・テニス・プロボクシング・総合格闘技UFC)」など、他の「動画サブスクリプションサービス」では提供されていないコンテンツが楽しめのるは「WOWOW」だけなので個人的にはけっして「高いサービス」とは言えないと考えで「契約」しています。

WOWOWメンバーズオンデマンド
WOWOWメンバーズオンデマンド
開発元:WOWOW INC.
無料
posted withアプリーチ
↓またAmazonのタブレット「FireHD」用のアプリも別途用意されています。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

Netflix「お試し30日間無料体験」を利用してみました


Netflix「お試し30日間無料体験」を利用してみました

Netflix-000

我が家では、有料テレビコンテンツとして、以前は「CS放送」を契約していましたが、「B-CASカード」ごとの契約が必要なうえ、ほとんど観る時間が限られ、割高感があるので、現在、「WOWOW」と「Amazon プライムビデオ」のみ契約しています。

とはいうものの「動画サブスクリプション」が複数群雄割拠状態な現在、「観たい」と思うコンテンツが「分散」したり、「魅力的なオリジナルコンテンツ」があったりと、どのサービスを選択すべきか悩むところです
気を抜くと「期間内解約」のタイミングを逃して「本登録」されてしまうケースが多々あったので「カレンダー・通知」で忘れないようにしたいものです
こうした「動画サブスクリプション」サービス各社も「2週間~30日間ほど」の「無料トライアル期間」を設けており、上手く使い分ければ「事実上無料」で視聴したいコンテンツも「期間限定」ながら視聴できるケースもあります。

2019年9月現在、個人的に観たいコンテンツとして、Netflixオリジナルの「全裸監督」、過去見逃していたアニメ作「ヱヴァンゲリヲン」「アキラ」「進撃の巨人」など配信されていたので、「Netflixの30日間無料トライアル」を登録してみました。

テレビについては、「Amazon Fire Stick」を所持しているので、テレビにキャストして視聴します。



Netflix-002

モバイル視聴については、手持ちの「iPad」のアプリがどうもうまく作動してくれないようなので、「Fire HD」で視聴する事にしました。



Netflix-003

幸い、「Fire HD」にはデフォルトで「Netflixアプリ」がプリインストールされているので、とくにダウンロード→インストールなどの操作なしにログインできれば、すぐに視聴可能でした。

Netflix-004

しかしながら、こうした「無料トライアル」期間内解約のタイミングを逃して「本登録」され、利用料金が請求されてしまった事が過去、多々経験しているので(とくにNetflixは高めなので)今回は「Googleカレンダー」プラス「メール通知」で忘れないようにしたいものです。

もちろん気に入ったら「本契約」するつもりですが・・・。

Netflix-005



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


2018年版「動画サブスクリプションサービス」をいろいろ試してみた


2018年版「動画サブスクリプションサービス」をいろいろ試してみた


video-sub

2017~2018年にかけて「AbemaTV」「DAZN」など新しい「動画サブスクリプションサービス」が出揃い、「スカパー!」等の「CS放送」の存在価値が薄れつつある一方、早くも淘汰、撤退するサービスも出てきそうな様相を呈してきそうな印象を受けます。

そんな中、「Chromecast」「FireTV」で、テレビにキャスト可能で、スマホ・タブレット端末でも視聴できるサービス「いろいろと」試用してみて、最終的に「Amazonプライムビデオ」「WOWOW」、「Gyao!」の3つのサービスで、個人的には、充分「観たいコンテンツを視聴する」を満たす結果になりました。

「Chromecast」と「Fire TV Stick」接続で「従来のTV波」いらず?

「Amzon Prime Video」


「Hulu」「Netflix」より後発になりますが、「Amazonプライム会員」なら、追加料金なしで利用できるサービスながらも、「オリジナル番組」のクオリティの高さと、ドラマ、映画については、新作には弱いものの、「CSの人気チャンネル作品」、「旧作映画」のラインナップの豊富さは、他のサービスに劣らぬ内容です。

「4Kコンテンツ」についても「Netflix」とほぼ同時期に配信が始まっている点も注目点です。

ただ、テレビドラマは仕方ないのですが、旧作映画の場合、「ブラウン管テレビ時代のテレビ放映用」の素材のコンテンツが多々存在するのは残念なところです。


また、「スポーツ」「音楽」「ドキュメンタリー」などはラインナップされていないので、他のサービスと併用しなければならないのも寂しい点ではあります。



WOWOWオンデマンドは「WOWOW加入者」のサービスです



PC・スマホ・タブレットでの「オンデマンド配信」に加え、「リルタイム視聴」が可能になり、かなり使い勝手が向上しました。

「WOWOW」ならではコンテンツとして、「音楽ライブ番組」の「WOWOW独占放映」が多く、「BD/DVD化」前の映像が観れるの他サービスと大きく差別化されているところ。

ただ、「スポーツ中継」については「ボクシング」「テニス」などに偏っている印象「DAZN」などに軍配が上がるジャンルと感じます。

一方、好評なのは「WOWOWオリジンルドラマ」で、話題作は「Amazonプライムビデオ」、BS「Dlife」などで再放映されたり、TSUTAYAでDVDレンタルされるなど、クオリティの高さがうかがえます。

映画の新作については、テレビ放映が一番早く、続いて「レンタルショップ」「Amazonプライム」→「Gyao!」「地デジ」の順番で配信されているように感じます。



「Gyao!」

sub-gyao

ご存知、老舗の「無料動画配信サイト」

とは言うものの、全てが「無料」で観られるという訳ではなく、一部のドラマ(特に韓流に多い)、アニメなど「第1話のみ無料」という番組も多く、続きを観るために「課金」が必要なのですが、「割高感」はあり、「DVDをレンタルした方が安い」場合もあるので注意が必要です。

コンテンツ「バラエティ」「ドキュメンタリー」「映画」「音楽」「ドラマ」等、結構充実していますが、「配信期間が短い」番組が多く「見逃がして」しまうケースがあるので、「通知をオン」にしておくなど工夫して見逃がさないようにしたいものです。


「スポーツ」は意外に多く配信されていて「WWE」などの人気コンテンツもここで観る事もできるので侮れません。


2019年1月現在、この3つの「配信サービス」で視聴していますが、。個人的にはこれだけでも充分楽しめていると思っています。

「Amazonプライム」「Gyao!」「Fire TV Stick」「WOWOWオンデマンド」は「Chromecast」テレビにキャストして楽しんでいます。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事(画像付)
スポンサーリンク