セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

楽天市場

【情報共有】ネットショップでも「家電量販店」などの「楽天市場」内「公式ショップ」が安心



【情報共有】ネットショップでも「家電量販店」などの「楽天市場」内「公式ショップ」が安心

kaden-rakuten

楽天の「Rポイント」をためていて、かつ有名ところの「家電量販店」で製品を購入を検討している場合、「楽天市場」に「公式ショップ」を展開して、一部店舗では「ネットで注文して最寄りの店舗で受け取れたり」、流通、在庫の関係で店舗には並ばない「わけあり」「アウトレット」「ネット限定商品」など掘出し物が見つかるのがこうした「ネットショップ」です。
実機を店舗で確認してネットで安くなっている時注文できたり、店舗にない商品をネットで注文、店舗で受取りもできるシップもあり、かつ「実店舗」もあるのである意味安心して利用できると思います
「実店舗」も多く、ネットショップならではの「ショップ自体の安心」が魅力な「家電量販店」の多くが「楽天市場」に出店しています。




「店舗数日本一」を誇る「ヤマダ電機」では、店舗数が多いが故の「在庫品」がここに集まっているとのうわさ。



「Bic」ではメーカーカタログにはない「Bicオリジナルブランド」が多く見かけるのが特徴。




「Bicグループ」の「コジマ」は白物家電「ソフマップ」では「PC」「スマホ関連」に強い印象
があります。



関西圏を中心に、西日本での知名度がダントツの「ジョーシン」は関東地方では知名度がイマイチ感がありますが、けっこうな品揃えで、のぞいてみるべきでしょう。





「エディオン」も最近「TVCM」を流している強気な「家電量販店」のようです。


「ニトリ」は基本的に「家具」がメインのショップではありますが「LG製4Kテレビ」「使い勝手の良い電子レンジなど白物家電」「在宅ワークに役立つPCテーブル、チェア」など、最近注目を集めています。

実店舗などが近所に複数あって実際に見比べられる環境であれば理想的なのですが、ほとんどの地域では難しいと思われますのでこうして「楽天市場」内で見比べてられるのも便利です。

また「ソフマップ」など「中古品」「アウトレット品」は実店舗より「ネットショップ」に販売の場を移しつつあるようなので、定期的に覗いてみるのも良いかもしれません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「楽天市場」にも出店ー秋葉原名物「サンコーレアモノショップ」



【情報共有】「楽天市場」にも出店ー秋葉原名物「サンコーレアモノショップ」

akiba-000

不要不急の外出自粛」もまだまだ続く中、個人的に恒例だった「秋葉原」「横浜市西口」の「掘り出し物探し」巡りがままならぬところ、秋葉原に実店舗がある「サンコーレアモノショップ」が「楽天市場」に公式ショップを展開しているのを発見。

「週1回」ほど「オンラインでレアモノ巡り」を「ステイホーム」で実践できています。



「Amazon」など、ネット通販の「商品の選び方」として「目的の商品を検索」して「関連表示された商品をチェックする」という利用方法が主流になっているようですが、このサイトでは「実店舗と同じ感覚」で「入店してから買い回り」を「オンラインでできる」ショップです。

akiba-001

いかにもな「裏秋葉原」的「掘り出し物」もオンラインで見つかります
決して「積極的に見つける事はない、意外に使えそうだけど購入を思いつかない便利、アイデアグッズ」の数々がラインナップされています。





ただし、実店舗で手に取れれば「価格との評価」ができるのですが「ネット通販」に於いては「サイトのレビュー記事」に頼るしかないのですが、商品自体が「レアモノ」な性格上「レビュー数が少ない」「レビュー自体がない」「個人によって評価の差が大きすぎる」きらいはありますが、サイトを覗いてみると「思わぬ掘出し物」を発見できる可能性もありますので、見ているだけでも飽きないサイトかと思われます。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

Xiaomi(シャオミ・小米科技)製品の日本での正規販売は「Amazon」のみ?



Xiaomi(シャオミ・小米科技)製品の日本での正規販売は「Amazon」のみ?

m-i-c

スマートバンド「Mi Band 4」のヒットや、au「5Gスマホ」のラインナップに名前が挙がるなど「快進撃の中華メーカー」な印象な「Xiaomi(シャオミ)」ブランドですが、ここにきて「新コロ」問題が原因なのか定かではありませんが、発表されていた、日本国内での「実店舗」による「公式ショップ」展開が延期になったり、現状「Amazon」でしか手に入らないともされていますが・・・。




「ウィルス騒動」が修了して「公式ショップ」が国内展開されれば安心できる問題ですが、どうなるのか気になるところですね
2020年3月27日現在、巷の噂になっているのが「楽天市場」に於ける「公式ショップ」が「開店」したと思ったら、ショップのページ自体が↓下記の状態。

rakuten-xiaomi

じつはこの「オフィシャルストア」について、当初から良からぬ噂は存在されているようで、どうも「Xiaomi本体」ではなく、取次の日本企業が運営しているとか、「スマホとは別の会社らしく」で、かつ、Amazon以外での「問い合わせ窓口」が「本物かどうか疑わしい」との指摘はあったようです。



もっとも「実店舗による公式ショップ」が展開されればハッキリ解決する問題ではあると思うのですが、今の情勢下では、しばらく時間はかかりそうです。



現状、正式には「Amazon」に於いては在庫自体は「FBA倉庫」からの発送になっているようで「問題」はないとされているようですが、「サポート体制」など「Xiomi」に限らず「OPPO」「ZTE」など、いわゆる「大陸系メーカー」「日本の商習慣とは異なる考え方」が少なからず存在するようで、「製品自体は素晴らしいもの」なので、今後改善が期待されるところです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「弔電」ネット注文だと希望日時に間に合わない?ーNTTのD-MAILで間に合いました



「弔電」ネット注文だと希望日時に間に合わない?ーNTTのD-MAILで間に合いました

chouden-000

急な不幸があり、お通夜告別式にも参加できそうもなさそうなので、とりあえず「弔電」を送ろうと「Amazon」「楽天市場」で探してみると、ほとんどが「希望日時に届かない」という状況に・・・。思わず頭を抱えてしまいました。
「NTT」未加入者でも「クレジットカード決済」なら大丈夫でした
すると、近しい仲間も同じ状況だったようで「困った」と連絡があり、同じように頭を抱えているとのこと。

「そういえばネットで注文できるようになる以前は直接NTTに電話していたよな」と気づき「NTTの電報申し込みサイト」を探し当てました。

chouden-001

『灯台下暗し』さすがNTTです、他サイトでは「商品」を選んでから「お届け日」を選択する画面構成なので「当日中」では間に合わないケースが多いのかもしれませんが、NTTの「D-MAIL」なるサイトだと「お届け日」を決めてから「商品」を選ぶ事ができたので、希望の品とはいきませんでしたが、サイトの案内で「最速3時間」との事。迷わず注文しました。



するとPM13時過ぎに注文した「弔電」が、当日の「お通夜」の時間に何とか間に合いそうです。

dmail

早速、件の仲間2人にもこのサイトを連絡。

結果、私を含めこのサイトで注文した3人とも、無事「お通夜」の時間に「弔電」が間に合ったという連絡が来て安心しました。

もっともこうした「急の不幸」に於いては「弔電の台紙や御線香を選ぶ」より、確実に届けるのが「最優先」ですので「電報の元祖:NTT」に依頼するのが間違いはないという事を実感しました。

まあ、日程に余裕があれば「ネットでじっくり選ぶ」という選択肢もあるのですが、今回はやむなく、ですが確実に届けられたので良しとしましょう。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

せっかくの「宅配ボックス」に対応してくれない-時代に逆行してない?



せっかくの「宅配ボックス」に対応してくれない-時代に逆行してない?

taku-box

「Amazon」「楽天市場」など「ネット通販」を頻繁に利用している身にとって「留守」が多いのでいち早く「宅配ボックス」を自作し、それなりに運用できていたのですが、ここ最近「宅配ボックス」を用意しているのに関わらず「不在票」が入っているケースが多くなりました。


「Amazon」はほぼ非対応、「ゆうパック」「佐川便」もうまく連携してない印象


「Amazon」
については、配送業者がまちまちで対応できないのは理解できるので、なるべく「コンビニ受取」できるものは自身で対応できるのですが、「ゆうパック」「ヤマト運輸」「佐川急便」も「担当」が代わって「引継ぎ」できていないのか定かではありませんが、ほぼ「宅配ボックス」に入れてくれない状態です。



今の時代、問題になっている「宅配ボックス」設置を進めている割には、通販業者と宅配業者との連携がとれていない雰囲気も感じられますし、そもそも「注文画面」で「宅配ボックス」を選択できないのも何とかしてもらいたいところではあります。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク