セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

無料アプリ

【これは便利】?スマホ・タブレットに「地図データをダウンロード」して「オフライン」上で「GPSカーナビ」として使えるアプリ-「MAPS.ME」


【これは便利】?スマホ・タブレットに「地図データをダウンロード」して「オフライン」上で「GPSカーナビ」として使えるアプリ-「MAPS.ME」

mapsme-000


「Googleマップ」など「オンライン地図アプリ」を利用して「スマホ・タブレットをカーナビ代わり」に利用するのも「当たり前」な時代となりましたが、便利で高機能な反面「インターネット通信環境下で動作する」前提のアプリのため、「Googleマップ」などの地図アプリでルート案内する間、使用中はずっと地図をダウンロードし続けるので多くの通信量を消費するのは「必須」です。

本家「Googleマップ」でも「一部マップのオフライン化」は可能なのですが「記録」など「機能がけっこう限られて」しまいます。

そこでいくつか公開されている「オフライン地図アプリ」の出番なのですが「オフライン」ゆえ「機能が千差万別な評価」があり「選択に迷う」ところ。

いろいろ試してみた結果「MAPS.ME(マップス・ミー)」なるアプリ個人的に一番使いがってが良かったので愛用アプリのひとつとなっています。


オフライン地図、GPSナビ:MAPS.ME
オフライン地図、GPSナビ:MAPS.ME
開発元:STOLMO LIMITED
無料
posted withアプリーチ


「賛否両論」あるアプリですが使い方によっては「通信費」を気にせず「GPSカーナビ化」として使用できそうです


「元祖オフラインマップ」とも呼べる、この「MAPS.ME」の最大の魅力はなんといっても「ネット環境のない海外でも、事前にダウンロードしておいた地図をオフラインで見られる」ことです。


mapsme-001


アプリインストール直後詳細な地図データが一切ないため、まずは地図データのダウンロードから。簡易地図上で地図を見たい地域に移動し、地域ごとのデータをダウンロードすることで地図アプリとして使えるようになります。


mapsme-003


比較的自由に使える形式「地図データ」提供している「OpenStreetMap」という機能を採用したもので、日本を含む世界中の地図をオフラインで参照できます。

このあたり他の「オフライン地図アプリ」と異なる「MAPS.ME」の特徴でしょう。


mapsme-004


一般的な「スマホ・タブレット」であれば「GPS機能が標準で搭載」されているので、単に自分の居場所を知りたいだけなら「MAPS.ME」だけでも充分かも知れません。


mapsme-005


mapsme-002


↑アプリの「レビュー」でも「高評価」ではあるものの「ネガティブ」な意見も無くはないのですが「通信費」がかからず「カーナビ機能」が利用できるのですから「多少の不満は致し方無い」ところではあります。


こうした「オフライン地図アプリ」を利用することで、「モバイルデータ通信の節約に大きく貢献」するはずです。

「地図参照時に逐次データダウンロードが発生しない」分「レスポンスが高速」なのもメリットのひとつと言えるでしょう。



こうしてみると「けっこう使えそう」なように思えますが鉄道を利用するルートは正しく検索できない」など「得意分野」は異なるようなので「鉄道ルート」に関しては「WiFi環境下でGoogleマップ」を利用し「MAPS.MEはカーナビ専用」にと使い分けるようにしています。

(関連製品)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】「YouTube」プレミアムな「非公式テクニック」-iPhoneで動画を「ながら見操作」できるアプリ「ながらTube」「TubeNote」


【これは便利!】「YouTube」プレミアムな「非公式テクニック」-iPhoneで動画を「ながら見操作」できるアプリ「ながらTube」「TubeNote」

nagaratube-000

「YouTube Premium」「売り」として「スマホ・タブレット」使用時での「バックグラウンド再生」が挙げられます。

これは、「YouTube」を再生しながら他の作業が可能という機能なのですが、「iPhone」「iPad」に限られます「ながらTube」「TubeNote」なる「無料アプリ」を使って「似たような動作」をさせる事ができそうです。

「SNS」などを同時チェックしたり「動画内容」を「メモ」したりといろいろ使えそうです

「iPhone」「iPad」のみのアプリ
になっていまいますが、「YouTube」を再生しながら「ながら作業」が可能な「無料アプリ」が2点「公開」されています。


「ながらTube」


ながらTube/動画みながら2画面操作
ながらTube/動画みながら2画面操作
開発元:Shota Nakaguchi
無料
posted withアプリーチ

nagara-tube-001

このアプリは「画面を上下2分割」して「上でYouTube動画」「下がブラウザ作業」「SNS操作」ができるもので、例えば「SNSをチェックしながらYouTubeを聴く」ような使い方が可能です。


nagara-tube-002


「TubeNote」


TubeNote - 動画を見ながらメモできる!
TubeNote - 動画を見ながらメモできる!
開発元:Ryunosuke Nagase
無料
posted withアプリーチ
tubenote-001

動画を見ながらメモ書きができる、という意外と使えるアプリで、「料理のレシピチェック」や「動画を見ながら原稿の下書きができる」など、活用範囲の広いアプリです。

tubenote-002


とはいうものの、「広告カット機能」など、「YouTube Premium」に完全に置き換わるというわけではありませんので、そのあたり「割り切って」使うものと考えたほうが良いでしょう。


(参考製品)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】既存のスマホを疑似「らくらくスマホ」化するランチャーアプリー「ラクホン」


【検証】既存のスマホを疑似「らくらくスマホ」化するランチャーアプリー「ラクホン」

rakuphone-000

このサイトでは、あまり「らくらくスマホ」については「機能が限定されている上割高」「MVNO(格安SIM)が利用できない」との理由で推奨はしていないのですが、既存のスマホ「iPhone,Android」とも、操作画面のアイコン・文字などを大きくしたり、見た目「らくらくスマホ」風にできるアプリが公開されており「上手く組み合わせれば」「オリジナルな格安スマホ」的な利用方法ができそうです。






iPhone4、Android2.2から対応できるので「自分のお古になったスマホ」にインストールして家族の「スマホデビュー」用に使えるかも
この手のアプリは、以前からPCではWindowの操作を楽にする「ランチャー」と呼ばれるもので操作を「かんたん」にする事に特化したアプリになります。

以前は有料アプリでしたが、現在は「無料」で使用できているようです。

ラクホン(Rakuhon)

ラクホン(Rakuhon)

System Advance Co., Ltd.無料posted withアプリーチ



rakuphone-001

「画面」上では「らくらくスマホ」スマホ風です。

rakuphone-002

「ガラケー」「らくらくスマホ」のように「ショートカットボタン」によくかける「電話番号」「メールアドレス」等登録することができます。

rakuphone-003

その他「頻繁に利用するアプリ」の「ショートカット」もかんたんに割り当てる事が可能です。

rakuphone-004

ただ、あくまでも「機器の標準」ではなく、一種の「ランチャーアプリ」ですので、「再起動」したり「何等かのタイミング」で「ホーム画面」に戻ってしまう事も度々あり「スマホ初心者」には戸惑うケースも多いようですが、そんなときは「ホーム画面」の「ラクホン」のアイコンをタップすれば「ラクホン」モードに戻ります。

主に「通話」「メール」「facetime」「skype」しか使わないという前提であれば、iPhone4、Android2.2から対応できるので、高齢の親など、自分の「お古」のスマホにインストールし「MVNO(格安SIM)」との組み合わせて「らくらくスマホ」の代わりに使用可能かと思われます。

しかしながら「LINE」に関しては「OS」自体が対応するかの問題はあるものの「一般的なスマホと同じアプリが使える」メリットもあるかも知れません。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「青空文庫」で定番小説を読み尽くすアプリ


「青空文庫」で定番小説を読み尽くすアプリ

aozora-main

「電子書籍」の分野では、割と「老舗」であり、「完全無料」で利用できるサービスながらも、「コミック」「雑誌」の「読み放題サブスク」が全盛期な今、忘れ去られた「感」のある「青空文庫」

この「青空文庫」は有志のボランティアの運営による「著作権の切れた過去の名作小説」等をデジタル化して「データベース」して公開されているものです。
「有志のボランティア」によりデジタル化された膨大な蔵書データベースの「ビュワーアプリ」
もちろん、PCの「ブラウザ」でも閲覧できますが、「Android端末」用の「ビューワアプリ」が数種類公開されていて、これらの中でも「青空読手」なるアプリは、サービス開始時から利用されている「定評ある」アプリのひとつです。

↓こちらからダウンロードできます。
aozora-001



 

この「青空読手」ではあらかじめ人気の高い「500タイトル」が収録されているほか、SDカード等に保存されている「青空文庫」形式ファイルを「読み込む」事が可能です。

また、↓「青空プロバイダ」なる「書籍データベースアプリ」と組み合わせることにより、「蔵書コレクション」が充実できるという特徴があります。
aozora-002
ただ、最近の「Kindle」「楽天マガジン」など他の「電子書籍リーダー」などと比べると「操作性に違和感がある」点は否めないところではありますが、「慣れ」れば、どうしたこともない、という印象なので心配はないでしょう。

今後、流通量が激減している過去作品の多くがここでしか読めなくなるかも知れないので「読書好き」には押さえておきたいサービスと思われます。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Googleアシスタント」アプリで「翻訳機」代わりになるのか


「Googleアシスタント」アプリで「翻訳機」代わりになるのか

f94ca0c2c17f5a17de8e14414ef064f6_s


2019年12月より「Googleアシスタント」「通訳機能」がスマホアプリで使えるようになりました。

これが「無料アプリ」ながら非常に良い出来との評判のようです。
国内での使用であれば、とりあえずこの機能でも何とかなりそうです
「Android端末」であれば「最新OS」なら標準機能として搭載されていますが、以前のバージョン、また「iPhone」など「iOs」についてもそれぞれ「Playストア」「Appストア」からダウンロードする事ができます。


Google Play で手に入れよう
「Android」「iPhone」ともインストールして起動すればどちらも使い方は同様です。

g-as-001

アプリを立ち上げ「マイクアイコン」をタップし、「OK グーグル 通訳して」と話しかけると「はい、何語に訳しますか?」と聞いてくるので「英語」「中国語」「スペイン語」などと指定します。

現状「44か国語」に対応しているとの事ですが、個人で一般的な海外旅行に出る程度であれば、ほぼ間に合うであろうという印象です。

ただし、注意点としては「通訳」ではなく「翻訳して」と話しかけると「Googe翻訳アプリ」が立ち上がり「別」の操作になってしまいます。


g-as-002

あとの操作は簡単で、「マイクボタン」を押して話しかけるとすぐさま翻訳してくれます。

画面で文字を表示しながらの操作なので、日本語を話した時点で正しく認識されているかを確認しながら使用できるのも思いのほか便利です。


g-as-003

イメージ的に「ホテルのフロント」「買い物中」でのやりとりなどとても役立ちそうです。


g-as-004

特筆すべき点は、相手の言葉も認識してくれるというところで、たとえば「英語」でスマホに話しかけてもらえば今度は「日本語」で返してくれるので、まさに「翻訳機代わり」として機能してくれます。




面白い使い方としては、スマートスピーカー「Google Home」で利用すると、スマホよりもマイク、スピーカーが優れているので、普通に会話する感覚で「通訳」してくれますお店や会社などに一台設置しておけば「通訳いらず」でコミュニケーションが取れそうです。

ただ、この機能も「WiFi」など国内の通信環境下では確かに便利なのですが、「海外旅行」先など「通信環境がままならないとき」など、「専用端末」がやはり頼りになるのかも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク