セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

純正リモコン

【検証】壊れた?テレビリモコンを「自力修理」できなかったので「ジャンクリモコン」で試してみた


【検証】壊れた?テレビリモコンを「自力修理」できなかったので「ジャンクリモコン」で試してみる

rimo-junk-000

2011年の「テレビの地デジ化」に伴って購入した、三菱の「REAL」を寝室で使用していますが、「リモコン」の調子がおかしくなってきました。

もう「10年以上」経ったテレビなので「そろそろ買い替え時」かも知れませんが(三菱もテレビ事業から撤退して久しい)、「テレビ自体はまだまだ現役で視聴可能」ですので「リモコン」さえ何とかなれば、と「様々な方法」を「検証」してみましたので「有効な方法を紹介」します。


rimo-junk-001

現状の問題として、頻繫に押すケースが多い「電源ボタン」「チャンネルの数字ボタン」の反応が著しく悪いので「電池交換」「センサー部分のクリーニング」など試してみましたが「効果」は現れません。

rimo-junk-002


そこで「リモコン自体の交換」も視野に入れ「Amazon」で探してみると「三菱製純正リモコン」が、3,200円(税込)。

三菱 Mitsubishi Electric 純正テレビ用リモコン RL18905【部品番号:M01290P18905】[M01290P18905]
by カエレバ

「ELPA」の三菱テレビ向け「互換リモコン」が、1,500円(税込)。*いずれも2021年1月10日現在。

エルパ テレビリモコン 三菱用 MITSUBISHI REAL用 RC-TV019MI 互換リモコン /ELPA 朝日電器
by カエレバ





「10年以上昔」のテレビのリモコンに、1,000円以上出すのも、なんか「躊躇」してしまいます。

買い替える予定なら「ダメもと」で自力修理してみるのもアリかとチャレンジしてみましたが「分解」できませんでした
そこで「ダメもとで」自力で修理できないかと「YouTube」などで「検索」してみると「リモコン修理法」なる動画がけっこうアップされていたので「試みて」みるも・・・。

rimo-junk-004


しかし、何日、何回にも分けてトライしてみたものの「分解すらできず」この手法は諦めました。


(参考動画)








次に考えたのが「アナログテレビ」試合によく利用していた「ジャンクリモコン」を買ってきて試してみる事。

(参考記事)



「アナログ機器」の時代、同一メーカー、ブランドであれば「センサー信号が同じケースが多く、完全といかなくても幾分接続できた」ものです。


rimo-junk-003


定期的にチェックしている「ハードオフ」「JUNKBOX」を漁ってみたところ「REAL」用ではありませんが、同じ時代の「三菱DVDレコーダー」のリモコンを、300円(税込)で入手。


rimo-junk-005

このリモコンは「テレビ/レコーダー」に「切り替え」て使用するタイプですので「動作を確認」してみます。

rimo-junk-006

↑右上の「元々のリモコン」で反応が悪かった「電源ボタン」「音量ボタン」はちゃんと「反応」してくれます。

rimo-junk-007


ところが一番使う機会の多い「チャンネルの数字ボタン」がまったく反応してくれないのが「残念」な点。

チャンネル切り替え「左側のチャンネル Λ(順)、V(逆)」を使い「上下に選局」するほうが「スムーズ」に作動してくれるようなのでこの辺り使えそうです。


rimo-junk-008

今回はたまたま「信号が同じ」だったのか「電源」「選局」「音量」の問題はクリアできましたが、「SONY」「HITACHI」の機器をはじめ「ORION」「ドウシシャ」など「製造年が新しい機種」ですと「まったく無反応」というケースもあるようですので、こうした「ジャンクリモコン」で試してみるのも、300円くらいまでが「判断の分かれ目」かも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】「FireTV Stick」をテレビ純正のリモコンで操作する方法


【これは便利!】「FireTV Stick」をテレビ純正のリモコンで操作する方法

firetv-rimo-000

最近販売されているテレビの多くが「AndroidTV」や独自の「ブラウザ機能」「Netflix」「プライムビデオ」「YouTube」が視聴できるようになり「リモコン」自体にも「YouTUbe」ボタンなど付いているのを見かけますが、2009~2011年前後に出回ったテレビでも、ある工夫をすれば「FireTV Stick」と接続し、テレビ純正のリモコンのまま「YouTube」など、普通の番組感覚で操作できるケースもあるようです。
この手法でとりあえず「FireTV機能」についてはテレビ純正のリモコンのまま操作できるようになります
この手法の前提として、Amazon「FireTV Stick」が接続されたテレビである事。

また、テレビのリモコンで「Fire TV機器」を操作するためには、テレビ側がCEC機能(Consumer Electronics Control)に対応している必要(HDMIで接続された機器同士をコントロールするための機能)がありますが、「HDMI機器」に対応されたテレビであればほとんどの機種で作動する事が報告されています。

スマホ(iPhone,Androidいずれでも可)に「FireTVアプリ」をインストールし「スマホでリモコン代わりに操作できる状態」にしておく必要があります。

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ


まずは「スマホ」をリモコン化する
上記アプリを「Appストア」「Playストア」それぞれからダウンロードし、現状接続
されている「FireTV Stick名」が表示されたらタップします。

firetv-rimo-001

この操作だけで「スマホ端末」を「FireTV Stick」リモコン化するようになります。

firetv-rimo-003


firetv-rimo-004

「FireTV」側の設定
次に「リモコン化したスマホ」と「FireTV Stick」をペアリングします。

「FireTV画面」で「設定」を選択します。

firetv-rimo-005

「設定」画面→「ディスプレイとサウンド」と進みます。

firetv-rimo-006

「ディスプレとサウンド」内の「HDMI CEC端末制限」「オン」にします。

firetv-rimo-007

すると「テレビ画面上」に「FireTVリモコンアプリへの接続要求」と「4桁のPINコード」が表示されますので「スマホアプリ」側にこのPINコードを入力します。

firetv-rimo-002

以上の操作で「テレビ純正のリモコン」で「FireTV Stick」を操作できるようになります。
使い勝手の確認
我が家のSHARP「AQUOS」では特に設定することなく、リモコンでのFire TV機器の操作が可能でした。

他社メーカーのテレビの場合、「メニュー」から「以下に該当する項目」をいじってみると「設定」できるかも知れませんので試してみてください。

①「メニュー」より「設定」「外部入力設定」を選択

②「HDMI機器制御設定」を選択

③「HDMI機器一覧」を選択し、「つないだ機器のHDMI機器制御を有効にしますか?」を有効にします



firetv-rimo-008

この「設定」が完了すると、「チャンネル選択」の代わりに「入力切替」「FireTVが接続されているHDMI」を選択し「各矢印キー」が「ジョグダイヤル」の代わりに、「FireTV Stick」リモコンの左上の「戻る」ボタンが「テレビリモコン」の「終了」ボタンに入れ替わるだけで、慣れてしまえば「1つのリモコンである程度操作が完結する」のでかえって便利に感じるかも知れません。

また、「Fire TV機器のリモコンを紛失した」場合にも、スマホのリモコンアプリから一時的に本体を操作したうえで設定することもできます。

新たに「リモコン」だけ購入しようとすると、結構「高価」なのでビックリします。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク