セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

4Kチューナー

【検証】「4Kチュ-ナー内蔵」不要説-観たい番組がない?


【検証】「4Kチュ-ナー内蔵」不要説-観たい番組がない?

4K-tv-000


昨今「4Kテレビ」の投売りが著しい状況ですが、とくに「TCL」「ハイセンス」といった「中華製品」「アイリスオーヤマ」「マクスゼン」など「国内ジェネリックブランド」ですと「43インチ3万円台」「50インチ4万円台」も珍しくないようです。





とくに「安め感」がある機種「4Kディスプレイ」ながらも「BS4Kチュ-ナー非搭載」のモデル「お買い得」感があります。


とは言え私の身近に限った話だけかも知れません「BS4Kチュ-ナー」が必要なチャンネルがほとんど視聴されていないという意見も多いので「検証」してみました。

「地デジ・HD」化時でもそうでしたが、何故か「テレビショッピング系チャンネル」はいち早く対応しているようですが・・・

せっかく「4Kテレビ」を購入したのに「地デジ」と「動画サブスクリプションサービス」しか利用していない層が多い印象がありますが、大きく「2つ」の理由が考えられると思われます。


①「BS4K」は設備費用がかかる割に「コンテンツが乏しい」印象がある

「無料(NHK料金は別として)」で視聴できる「チャンネル」は現在、「NHK」「民放」各局で番組が提供されていますが、現行の「4K放送」に対し「番組がほとんど通常のBSと一緒」「4Kとしての画質の良さをあまり感じられない」という意見が目立つようです。

たしかに「NHK」はそこそこ健闘している感はあるのですが「スポーツ中継」など正直「画質よりもコンテンツに魅力がない」イメージもありますし「オリジナルコンテンツ」よりも過去ドラマ「刑事コロンボ」や、他局の「ウルトラQ」「ウルトラセブン」の「4Kリマスター版」といった番組が目立ち、かつて「BS放送」が始まった頃の「コンテンツ不足」で「NHKなのに民法の再放送ばかり」という状態を「再現」しているようです。

対して「民放BS局」にしても「4K用に制作した番組が極端に少なく」「通常のHD画質番組を4K相当にアップコンバートした番組」ばかりという印象があります。

その割に「テレビショップ系」の番組はけっこう「4K向けに制作」されているのがやけに目立ちますが・・・。

こういった「コンテンツばかり」であれば、現在販売されている「4K対応テレビ」で「50インチ以上」の機種の多くで「HD番組の4Kアップコンバート機能」搭載テレビであれば「BS4Kチューナー」が無くても「それなりの画質」で視聴することができますので「観たい番組とテレビ機能との相談」で「安く購入できれば」選択肢も多いと言えそうです。

さらに、こうした従来の設備でも何とか視聴できそうな「BS4K番組」は、いわゆる「BS右旋波」という方式を利用しており「基本的に無料」なので、現在・今後も正直あまり「期待できない」かも知れません。

「BS4Kチューナー」をもっとも発揮できそうなのが「WOWOW 4K」をはじめとした「有料BS放送」になりますが、こちらは「BS左旋波」という電波を利用しており、対応する「パラボラアンテナ」の買い替えの必要なのはもちろん、建物・配線によっては「分配器」「ケーブル」などの「設備投資」が必要になりますので、建築物件によるそうなのですが「10万〜20万円ほどの費用がかかった」というお宅もあり、かつ「WOWOW」など「月々の利用料を発生」しますので、「4K放送を充分に堪能したい」というのもけっこう「ハードルが高い」イメージです。



②「動画配信サブスクリプションサービス」だと「わずかな金額で豊富なコンテンツが揃っている」

すでに「Netflix」「Amazonプライムビデオ」「YouTube」テレビで視聴できる環境であれば、何も「設備投資」にお金を使うより「ネット経由」で「4Kコンテンツ」を楽しむ事ができますので、ほとんどのユーザーがこの方法で「4Kテレビライフ」を楽しんでいるように感じます。


「無料コンテンツ」の豊富な「YouTube」でもけっこうな「4K動画」が公開されていますので、これだけでも「4K対応テレビ」の良さを実感できると思われます。





多くのテレビでこうした「動画サブスクリプションサービス」に対応するようになっていますが、どうも今後の展望として「BS4K」よりも「ネット配信」のほうへシフトしていくように思われます。

↓テレビによっては「4Kコンテンツ」に対応されていない場合
もあるかも知れませんが、「1万円以内の出費」で「外付けデバイス」という方法もありますので「格安の4Kチューナーなしテレビ」と組み合わせても充分楽しめると思います。







これなら「4Kチューナー不要」かも知れませんね。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「WOWOW/4K放送」を視聴するには「対応パラボラアンテナ」が必要


【情報共有】「WOWOW/4K放送」を視聴するには「対応パラボラアンテナ」が必要

bs4k-wow-000

「4チューナー内蔵テレビ本体」自体はけっこう出回ってきましたが、肝心の「4Kコンテンツ」が少なく「Netflix」「Amazonプライムビデオ」「YouTube」など「ネット配信」のコンテンツのほうが豊富でせっかくの「4Kチューナー」を生かせるチャンネル・コンテンツがまだまだ揃っていない印象なので「宝の持ち腐れ」状態な環境も多いのではないでしょうか。

しかし、2021年3月1日より、BS(左旋パラボラアンテナ)対応の「WOWOW/4Kチャンネル」が登場するとアナウンスされています。
「ネット環境は不要」ですがいわゆる一般的な「4Kチューナー」と「BS左旋対応アンテナ」など設備が必要です
現在「NHK/BS4K」「ショップチャンネル」など一部チャンネルのコンテンツのいくつかは従来の「パラボラアンテナ(右旋)」で「運がよければ(環境が偶然揃えばのはなしですが)視聴できる場合もある」状態ですが「WOWOW/4Kチャンネル」については「新しい(左旋)対応アンテナ」および「BS4Kチューナー」「4K対応ケーブル」などが必要なケースがあります。

4k-wowow-001

「WOWOW」に現在加入されている場合は「何も契約の変更」なく2021年3月1より「WOWOWプライム」「WOWOWライブ」「WOWOWシネマ」に続く「WOWOW/4K」が自動的に追加されるだけですので視聴を考えている場合は「アンテナ」「チューナー」を確認しておきましょう。

4k-wowow-002



多くの「動画配信サービス」が「映画・ドラマ」中心なのに対し「WOWOW」の場合「映画のテレビ配信が早い」「音楽ライブ番組がわりと充実」「スポーツもテニス・ボクシング・スペインサッカー」「ゴルフ」などのコンテンツが楽しめる上、テレビブルーレイレコーダーに「通常のBS番組」同様「録画」して楽しめますので「4K放送受信可能」な環境ならば「契約の検討」もアリかも知れません。

wowow

個人的にはこの「WOWOW/4K」と「Amazonプライムビデオ」さえ視聴できれば「4K放送」は十分と考えています。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【検証】「4K番組録画」事情ー外付けHDDよりも「4K対応ブルーレイレコーダー」が使い勝手が良さそう


【検証】「4K番組録画」事情ー外付けHDDよりも「4K対応ブルーレイレコーダー」が使い勝手が良さそう

4k-rec-000

家電量販店などで並んでいるテレビも32型以上のサイズがほぼ「4K」化していますが、ほとんどのメーカーの製品が「4K」放送の録画については「内蔵HDD」「外付けHDD」での利用を推奨しているように感じます。



しかしながら、一時期多く出回っていた「SeeQVault対応 HDD」(テレビを買い替えてもHDD内容が引き継げ視聴できる)が、一部メーカーのテレビ、特に「4K放送にはテレビのチューナーに依存しているため未対応」というのが現状なようで、「HDD」は価格がこなれてきているものの「SeeQVault対応 HDD」をほとんど見かけなくなってしまいました。

「4Kチューナー内蔵レコーダー」ならテレビを買い替えても手間なしでしょう
これは「USB接続の外付けHDD」は「テレビのチューナー機能に依存して録画・再生」しているため「新しいテレビに買い替えても、たとえ「同じメーカー・モデル」であっても、テレビを替えた場合「HDDのデータが初期化され、保存していたデータが消去」されてしまう仕組みなのと「4K放送の録画」については「各社バラバラに開発」していた事が原因のようです。

そこで現在テレビを買いにいくとお勧めされるのが「4Kチューナー内蔵ブルーレイレコーダー」です。

現行の「ブルーレイレコーダー」であれば内蔵した「4Kチューナー」の機能を使うのでテレビを替えても「内容の視聴」に制限がありません
当然ながら「ブルーレイプレイヤー」として「録画」のみならず「市販のブルーレイソフト」ももちろん4K高画質の「Ultra HDブルーレイ」も再生できます。

BDZ-FBT2000 ソニー 2TB HDD/3チューナー搭載 ブルーレイレコーダー4Kチューナー内蔵4K Ultra HDブルーレイ再生対応 SONY BRAVIA FBシリーズ
by カエレバ

もちろんテレビに「4Kチューナー」が非搭載な機器でも「レコーダー側に複数チューナーが内蔵」されていれば「4K」番組の「視聴」「録画」ができる環境になります。

パナソニック ブルーレイレコーダー DMR-4W200 2TB 4Kチューナー内蔵 4K放送長時間録画 W録画対応 DIGA 送料無料 | 【SK10494】
by カエレバ

その他、「外付けHDD」では不可能な「録画画質を調整」してハードディスク容量を節約したり、当たり前ながら録画した「4K番組をブルーレイディスクに保存」できるので使い勝手はさらに高まります。

シャープ SHARP 4B-C20BT3 ブルーレイレコーダー AQUOS(アクオス) [2TB /3番組同時録画 /BS・CS 4Kチューナー内蔵][ブルーレイレコーダー 3チューナー 2tb 4BC20BT3]
by カエレバ

各社いろんな機能を「売り」にしていますが、共通して言えるのが「DLNA」対応で「宅内の他のテレビ・タブレット端末」「外出先でスマホ視聴」できる点や実質「4Kチューナーが複数」になり「裏録」「W録」が可能になりますので、購入する際には「高い買い物になる」と思いがちですが、結果的に「割安」なのかも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

じつは店員さんもよくわかっていない「4Kテレビ」の受信方法ー「ケーブルテレビ」


じつは店員さんもよくわかっていない「4Kテレビ」の受信方法ー「ケーブルテレビ」

4k-catv-000

「配線」「設置工事」などすべておまかせできる上、2011年の「地デジ化」の際、対応している建物であれば、大がかりな工事が必要なく「4K・8K」対応できるのが「ケーブルテレビ」の利点なのですが、それだけの利点しか「説明しない」いや「説明できるだけの知識をもった営業さんが少ない」、家電量販店の販売員さんによっては「仕組みさえわかっていない」ケースが目立つのが「ケーブルテレビ」による受信方法。

あとあと「トラブルにならないため」のケーブルテレビならではの注意点をみてみましょう。


一番手っ取り早い方法なのは確かですが「録画」の可否をよく確認したほうが良いでしょう
「ケーブルテレビ(CATV)」というのは屋根の上にアンテナを立てずに「光ファイバーと同軸ケーブルのハイブリッド回線」で宅内に「有線で引き込む方法」のひとつで、現在は「au」「J:COM」「JCN」などほとんどの「元電鉄系の業者」を傘下に治め全国展開されています。


特徴としては、「4K/8Kチューナー」は、月々レンタルされる「スマートTVBOX」なる「STB(セット・トップ・ボックス)」を介して視聴する形式なので「チューナー非搭載の4Kテレビ」でも自分で用意する必要がない、というのが「売り」なのですが・・・。


4k-catv-001


↓(実物ではありませんがこんな感じな外付けチューナー)韓国メーカー製がほとんどのようです。

PIXELA(ピクセラ) Smart Box 4K HDR対応(KSTB5043)ここで見落としがちになるのが、あくまで「ケーブルテレビ」による「テレビ信号」は「トランスモジュレーション形式」と呼ばれる、前述の「スマートTVBOX」に内蔵しているチューナーからでしか受信できない信号のため、仮にテレビ自体や「BDレコーダー」が「4K/8Kチューナー内蔵」であってもその機能が使えない仕組みです。

そこで問題になってくるのが、「番組の録画」問題。

この辺、テレビ・レコーダーのメーカー、機種によっても「録画対応しているか、検証、保証もされていない」というのが現状のようです。テレビの「デジタル化」時にも問題ななりましたが「メーカーごとの相性」も未だ解決されていないまま、「4K・8K」時代に入ってしまったようです。

この問題「訪問営業」「量販店店員さん」だと質問してもほぼ解決されるケースは少ない印象です。



現在、一番この辺の情報を持っているのが、営業さんや「営業所」ではなく、「コールセンター」の「テクニカルサポート窓口(会社によって名称は異なる)」のようなので、契約する前や、これからテレビ、レコーダーを購入しようというのであれば「コールセンター」に相談してからのほうが良いかも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

じつは店員さんもよくわかっていない「4Kテレビ」の受信方法ー「パラボラアンテナ」


じつは店員さんもよくわかっていない「4Kテレビ」の受信方法ー「パラボラアンテナ」

4k-para-000

2020年1月現在、家電量販店に並んでいる「43インチ以下」のテレビはほとんど「4Kテレビ」ばかりという印象です。

さすがに「アウトレット」「ジェネリック」ブランド以外では、国内メーカーはもとより、「LG」「Hisense」など、海外メーカーでも「4Kチューナー内蔵」は当たり前になっているようで購入する側も選びやすくはなっているようですが、一部の販売店員さんによっては、テレビ自体の説明は詳しいものの、「4Kの電波」の受信方法について、よく理解されていないケースもあり、「設置してみないと分かりません」と言われたケースも少なからず報告されているようです。
現行のパラボラアンテナでも「無料チャンネル」であれば視聴可能な場合も
「公式」に発表されている情報としては「4K番組」「BS」放送用の「衛星」から発信されているのですが、「4K放送」を視聴するために「4K/8K対応BS・110°CSアンテナ」と、それに伴う「分配器」「配線ケーブル」を用意する必要があるとされているようです。

この辺の情報のあいまいさ「地デジ化」のときと同様、混乱しているように感じます。


この「パラボラアンテナ」について「誤解」「説明不足」が指摘されているのが、現行の「BS・110°CSデジタル」が受信できるアンテナでも、「地デジ化」時に新規に設置したアンテナであれば交換しなくても、一部のチャンネルが視聴できるという報告も上がっています。技術的な用語として現行のアンテナは「右旋のみ」と呼ばれているものですが、「右旋」で放映されているチャンネルは「NHK SHV4K」「BS朝日4K」「BSジャパン4K」「BS日テレ4K」「BSフジ4K」「BSTBS4K」の6チャンネルが対応されています。

4k-para-001

一方、現在店舗で販売されている「パラボラアンテナ」はこの「右旋」と「4K用に新たに追加されたチャンネル」と「NHK SHV8K」に対応する「左旋」が視聴できる「SH規格」のものがほとんどで、アンテナ単体1万円前後で販売されているのを見かけます。(設置工事費は別)

これから「パラボラアンテナ」を立てるならばこの「SH」対応一択になるでしょう。

4k-para-002

ただ、チャンネルが増えるといっても「NHK SHV8K」「ショップチャンネル」「QVC」が無料で視聴できるだけで、基本的に「有料放送」なので、これらを利用するつもりがなければあまり急ぐ必要はないかもしれませんが・・・。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク