セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。

Amazon

【検証】「Fire TV Stick」非公式アプリ「SmartTube」の動作不調-「アップデート」は可能なのか?


【検証】「Fire TV Stick」非公式アプリ「SmartTube」の動作不調-「アップデート」は可能なのか?

20220814-fire-000

個人的に「Fire TV Stick」での「YouTube視聴」用に愛用している、非公式アプリ「SmartTube」

「広告カット」「細かい再生設定」などが可能なのですが、およそ「3ヵ月に1回」ほど「動作が不安定」になる事も多発するのも「ベータ版」ゆえ「致し方無い」ところでもあります。

「FireTVStick」用の「公式アプリ」であれば「ほぼ自動的に更新」してくれるのですが、こうした「非公式」にインストールしたアプリの場合、「アップデート」更新が「一見不可」のように「表示」されたりと「一筋縄ではいかない」ものの、「ひと手間」かかりますが「まったく不可能」でもないようです。



「SmartTubeNEXT」に関しては、何度か「アップデート」が成功していますので、今回のアップデートレポートします。




「非公式」ゆえ操作は面倒ですが「アップデート」可能なケースもあります

20220814-fire-001

基本的には、アプリを開いた状態「設定」→「アップデートをインストール」画面を選択して。

20220814-fire-002

「インストール」が可能な状態であれば。

20220814-003

「アップデート」更新が完了するはずなのですが・・・。

20220814-fire-003

ところが「非公式アプリ」によってはこの「インストール」画面までたどり着けません。

しかし、「ある設定」を行う事により「アップデート」に進む事が可能になります。

まず、「FireTVStick」ホーム画面の「設定」に進みます。

20220814-fire-004

「設定」メニューが表示されたら「マイFireTV」選択します。

20220814-fire-005

次に「未知のアプリをインストール」に進みます。

20220814-fire-006

ここで「FireTVStick」内にインストールされている「非公式アプリ」一覧が表示されますので、該当するアプリ(ここでは STN beta)を選択します。

20220814-fire-007

これでやっと「インストール」可能な状態になり「無時更新完了」となりました。

20220814-fire-008

とは言え、こうした「非公式アプリ」の場合、同じ「Fire TV Stick」でも「バージョン」によって、「インストール」の可否が分かれるアプリも確認できていますので、「使用は自己責任で」という事実も理解すべきなのは言うまでもありません。



(関連製品)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「Fire TV Stick」で「iPhone」画面をテレビに「ミラーリング再生」するーAirPlay対応アプリ「AirScreen」


【検証】「Fire TV Stick」で「iPhone」画面をテレビに「ミラーリング再生」するーAirPlay対応アプリ「AirScreen」

20220721-air ip-000

「iPhone」「iPad」などの画面を「テレビ画面」に「ミラーリング再生」させる方法として、「AirPlay」という機能があります。

「iPhone」などの「端末自体」には「AirPlay」機能が「標準搭載」されているのですが、「テレビ側」で再生するため「デバイス」として「AppleTV」という「STB(セットトップボックス)」を利用するのが便利なのは言うまでもありませんが、いかんせん「高価」な製品なのがネックになります。

しかし「FireTVStick」を所持していれば「対応アプリ」をインストールする事によって「AppleTV」ほどではないものの「AirPlay」機能を利用して「ミラーリング」できる事が確認できました。


(関連記事)



「ミラーリング不可」のアプリは当然「再生」できませんが「写真」や「スマホ動画」を共有するのに「便利」でしょう

「FireTVStick」向けの「AirPlay」対応アプリ
「有償」「無償」アプリ含め複数公開されていますが、今回は「一部機能」が「無料」で利用できる「AirScreen」というアプリインストールして「動作」を「検証」してみました。

「有料課金」すると「様々な機能」が使えるようですが「iPhone」画面を「テレビ画面」にミラーリングするだけであれば「無料機能」の範囲内で使用できるようです。

「FireTVStick」内の「アプリ一覧」では見つからないようですが「検索」欄「Air」「入力」すると「Air~」から始まるアプリがいくつか表示されます。

20220721-air ip-001

その中から「AirScreen」選択して「FireTVStick」内にインストールします。

20220721-air ip-002

「アプリとゲーム」「AirScreen」が追加されますので「初期設定」をします。

20220721-air ip-003

「ミラーリング」したい「iPhone」などの端末「FireTVStick」が同じ「WiFiネットワーク」につながっていれば「テレビ側」の「セットアップ」はかんたんに進んでくれるようです。

20220721-air ip-004

↓次に「端末側」の「設定」になります。

画面の「上から下」もしくは「下から上」に「スワイプ」(機種によって異なるようです)すると下の画像のように表示されます。

20220721-air ip-005

「画面の表示」に従って進んで行くと「ミラーリング」可能な状態に「セットアップ」されます。

20220721-air ip-006


20220721-air ip-007

下の画面のように「画面ミラーリング」が表示されれば「セットアップ完了」です。

20220721-air ip-008

「ミラーリング」が成功すると「テレビ画面」に「iPhone」の画面そのままが表示されます。

20220721-air ip-009

「YouTube」アプリを立ち上げて「動作を確認」してみます。

20220721-air ip-010

↓もちろん「大画面表示」も「有効」「テレビ画面いっぱい」に「ミラーリング再生」する事ができました。

20220721-air ip-011

しかしこの「ミラーリング」という方法の場合「FireTVStick」や「Chromecast」のように「アプリが独立」しているのではなく、「端末画面を直接映す」仕組みなので「データ容量が重く」なったり「端末のバッテリー消費が気になる」印象です。

「TVer」「Amazonプライムビデオ」など「AirPlay」に非対応のアプリではこの「AirScreen」アプリを使っても「ミラーリング」できませんが、それぞれ「FireTVStick」向けアプリが用意されていますので「専用アプリ」を利用すれば良いだけでしょう。

また、「ニコニコ動画」など、サービスによって「FireTVStick」搭載の「Silkブラウザ経由」のほうが「使い勝手が良い」場合もありますので「使い分け」る事によって「快適な視聴環境」を整える事ができそうです。

(関連記事)







(関連製品)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「FireHDタブレット」で「Kindle書籍」の「音声読み上げ機能」を有効化して「オーディオブック」のように使う


【検証】「FireHDタブレット」で「Kindle書籍」の「音声読み上げ機能」を有効化して「オーディオブック」のように使う

20220715-kindle-000

「Kindle端末」「FireHDタブレット」など「Amazonデバイス」ならではの機能として、「電子書籍」(対応された一部の本に限りますが)を「オーディオブック」のように「音声で読み上げ」してくれるというものがあります。




ところが、「機種のバージョン」によっては「初期設定」のままですと「読み上げ機能」が「オフ」になっていたりして「戸惑う」事がありますので「読み上げ機能」の「設定方法」を「確認」してみます。

一部読み上げ「非対応」の「Kindle書籍」もありますが「FireHDタブレット」ならではの便利な「独自機能」です

「初期設定」「機能オフ」になっている「意図」は不明ですが「端末の設定変更」で「読み上げ機能を有効」にする事が可能です。

まず「ホーム画面」「設定アイコン」タップします。

20220719-fire-kindle-011

「端末のバージョン」によって「表示」は若干異なりますが、ここでは、2020年発売の「FireHD 8(第10世代)」で確認してみます。

「設定」→「端末オプション」と進みます。

20220719-fire-kindle-001

「キーボードと言語」を選択します。

20220719-fire-kindle-002

「読み上げ機能」と進みます。

20220719-fire-kindle-003

ここでは「デフォルト音声」を選択しても問題ありませんが、「日本語以外の言語」を利用したい場合は「追加音声をダウンロード」で「他言語での読み上げ」に対応する事ができます。

20220719-fire-kindle-004

「対応言語」が表示されますので「読み上げたい言語」右に「チェック」を入れ「設定」を完了させます。

20220719-fire-kindle-005

↓「電子書籍の読み上げ」をするには「対象の書籍」を開き「端末の画面中央を長押し」します。

20220719-fire-kindle-006

「画面」下に「読み上げ機能」欄が表示されますので、右の設定を「オン」にします。

20220719-fire-kindle-008

すると、画面下に「読み上げを開始するには再生ボタンをタップ」と表示されます。

20220719-fire-kindle-009

これで「電子書籍の読み上げ」が「開始」されます。

しかしながら「Alexa(アレクサ)」による「AI機能の読み上げ」ですので「人名」「単語」などの「誤読の発生」はまだまだ発展途上といった印象ですが「年々学習進化」されてはいるように感じます。

残念なのは「画像の多用」や「レイアウト」の問題なのか「読み上げ」に「非対応」な「電子書籍」も少なくないという点。

今後の「進化」を期待したいところです。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「FireHDタブレット」で「GooglePlayストア」を使えるようにする-実行はあくまでも自己責任で


【検証】「FireHDタブレット」で「GooglePlayストア」を使えるようにする-実行はあくまでも自己責任で

20220715-tab-000

「Apple」製品「半導体不足による品薄」「値上げ」顕著な昨今、「iPad」に代わる「タブレット端末」の選択肢のひとつである、Amazon「FireHDタブレット」ですが、2022年7月現在に於いては「新製品」が発売されたり「セール」対象商品として「大幅値引き」もあり、製品によっては「数千円」から入手できるなど「タブレット入門機」として「導入を検討」される向きもあるかと思います。

確かに電子書籍「Kindle」「Amazonプライムビデオ」といった「Amazonコンテンツ向け端末」としては、さすが「使い勝手は抜群」という印象ではあります。

しかし使用されている「OS」「Androidベース」ながら「FireHDタブレット」向けにカスタマイズされた「Fire OS」という「Amazonデバイスに特化された仕様」のため、対応されたアプリが少なく、主な「SNS」でも「Twitter」「Facebook」「Instagram」「TikTok」アプリは対応されているものの、幅広く利用されている「LINE」が使えない「YouTube」「標準アプリ」に非対応など、「iPad代わり」には厳しいのと、さらに「GooglePlayストア」も使えないため、他社の「Androidタブレット」とも異なる使い勝手になりますので、使用目的によっては「けっこう限定された機能しか使えない」印象を受けるかも知れません。


「FireOS」のアップグレードにより「動作が確認」できるアプリも増えたようですが まだまだ「非対応」のアプリもあるので完全に「Androidタブレット」化とはいかないようです

とは言うものの「非公式で自己責任」ながら「GooglePlay」を導入する方法はいくつか「公開」されており、2022年7月現在「第10世代FireHD 8」「検証」したところ、「下記記事」で紹介されている方法が「有効」である事が「確認」できました。↓




↑導入には「少し戸惑う」かも知れませんが、「Playストア」のアイコンが表示されれば、他の「Android端末」と同じように「アプリ」のダウンロード・インストールが可能になります。

ところが「LINE」アプリに関しては「インストール」までは順調に進むものの「アプリ操作」が全体的に「動作が重い」印象で、「フリーズ」や「アプリが落ちる」などの現象が見られました

もっとも「LINE」に関しては「Androidスマートフォン」に於いても「最新スペックが推奨」されるアプリでもありますので「OSの相性」があるのかも知れません。

また、「画像・動画」系アプリに於いては「観る」分には「問題ない」のですが「編集」などは頻繁に「ダウン」するなど「FireHD」では「非力」なのではじめから「諦めて」おいたほうが「あとあと後悔」しないでしょう。

さらに「Audible」(同じAmazonのサービスなのに)など「インストールさえできないアプリも多数あります」ので、「購入」前に「自分が使いたい機能が稼働するのか」ネットなどで「確認」しておいたほうが「無難」でしょう。


とはいうものの、個人的には「電子書籍」「プライムビデオ」などの「ビューワー」として、かれこれ「3台目」と「買い替え続けて」います「アプリが重いアプリもある」くらいの不満しかなく「愛用」しています。

個人的には利用してませんが仲間うちでは「メルカリ」も「動作」するので「便利」という意見もあります。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】電子書籍「Kindle(キンドル)」アプリから「直接購入」できない件-ブラウザからダウンロードする方法


【情報共有】電子書籍「Kindle(キンドル)」アプリから「直接購入」できない件-ブラウザからダウンロードする方法

20220619-kindle-000

「電子書籍」として「メジャー」な存在の「Kindle(キンドル)」ですが、2022年6月1日より「電子書籍」「Android端末版」アプリから「直接ダウンロードできなく」なってしまいました。

Google「Playストア」側の都合ではあるのですが、そもそもiPhone・iPad用アプリでは「直接ダウンロードできない」仕組みですので「改悪」というよりは「統一」されたというべきなのかも知れません。



とは言うものの「iPhone・iPad」「Android端末」で「Kindle」が利用できなくなったわけではなく「ひと手間」かければ、「直接ダウンロードできない」以外は今までと「使い勝手は変わらない」ので「安心」しても良いでしょう。

さすがに(というか当然?)Amazon「Fire HD」「Kindle」端末では「購入」できるようですが・・・

iPhone・iPadでは「Safari」ブラウザ、Android端末では「Chrome」ブラウザからダウンロードが可能


Kindle
Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

「iPhone」「Safari」ブラウザでの「電子書籍の購入手順」を見てみましょう。

「Android端末」での「Chrome」ブラウザでも「ほぼ同様」の操作方法になります。

以下の「リンク先」から「Amazon内のKindleページ」にアクセスします。

Amazon Kindkeストア


20220618-kindle-001

「Amazon」ロゴ横の「メニューアイコン」タップして「Kindle 本&書籍リーダー」に進みます。

20220618-kindle-002

Amazon内「検索窓」から購入したい「書籍名」を入力します。

20220618-kindle-003

このあたり「ブラウザ」での操作が分かりにくく、慣れるまでは「ひと手間」どころか、書籍にたどり着くまで「四苦八苦」するかも知れません。

20220618-kindle-004


とは言うものの、「上記画面」が表示されれば、あとはタップして続けるだけです。

20220618-kindle-005

個人的には「スマートフォン」の「ブラウザ」での操作が面倒なので「PC」ブラウザで購入したほうが「画面も見やすく操作も簡単」に感じるのですが・・・。

「スマートフォン」と同じ「Amasonアカウント」で購入すれば、「購入した電子書籍」が「直接端末側に送信される」ので「PC環境」があれば、この手法もが一番「確実で便利」かも知れません。

Amazon「Kindle端末」「Fire HDタブレット」では「Kindleアプリ」からダウンロード可能

さすが「Amazon」のサービスなので(当然?)「Kindle端末」「Fire HDタブレット」では「Kindleアプリ」から「電子書籍」を「直接ダウンロード」が可能であるのは言うまでもありません。

20220618-kindle-006


(参考書籍)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク