セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

Amazon

【トラブル解決!】Amazon「Fire HDタブレット」で「WiFiの自動接続」が有効にならない事が多い件


【トラブル解決!】Amazon「Fire HDタブレット」で「WiFiの自動接続」が有効にならない事が多い件

non-wifi-000


「リモートワーク」などの普及「公共施設」「商業施設」などの「フリーWiFi」「公衆無線LAN」を利用する機会が増えています。

基本的に「WiFi端末」の多くは最初に「WiFiスポット」の設定をしておいて、端末自体の「WiFi設定を常時オン」にしておけば、次回その「WiFi範囲内」に入れば「自動的に接続される」はずなのですが、Amazonオリジナルのタブレット端末「Fire HD」使用時に「自動的に接続できない」ケースが多く感じます。


「iPhone」「iPad」ですとこうしたトラブルはほぼ聞かれないのに対し「Androidベース」の端末については「機種」によりこうした手順が必要な場合もあるようです

「iPhone」「iPad」端末の場合、ほとんどこうしたケースが少ない印象ですが、特に「Android端末」の一部(に海外メーカー品が多い)や「Androidベースの改良OS」である「Fire HD」「FireTV Stick」用の「Fire OS」機器での「WiFi接続障害」はけっこう報告されているようです。

ちなみに別に所持している「Android端末」「SHARP AQUOS SENCEシリーズ」ではこうした問題も少なく、利用者からの報告として「京セラ」製もほぼ問題ないようですが、国内メーカーなら良いかというとそうでも無い様で「SONY エクスペリア」でも同様の「WiFi接続障害」もあるようなので、これも「仕様上の問題」と割り切って「都度設定する」動作を行うしかないようです。


以下「Fire HD」での画面で説明すると、「設定」→「インターネット」→「WiFiのオン・オフ」を一度「オフ」にし「オン」に戻す「使用可能なWiFiアクセスポイント一覧」が表示されます。


non-wifi-001


あくまで「個人的使用感」ですが比較的「コンビニ」「ファミレス」は概ね「自動接続」してくれるものの「イオンモール」「7スポット」「公共施設」「接続しているがインターネットが使えない」状態になる確率が高いようです。


non-wifi-002


大方「ここをタップしてネットワークにログイン」と表示されますので「タップ」します。


non-wifi-003


「WiFiスポット」によりインターフェースは異なりますが「ログインアカウント」(メール、SNSアカウントが多いと思われます)画面まで入れれば概ね「接続できる」ケースが多い印象です。


non-wifi-004



↓以上の操作で「接続が成功」する確率が高い気がします。



non-wifi-005



↓(関連記事)「公衆無線LAN」で「ビジネス上のやり取り」をやり取りする場合「VPN接続の設定」をして接続するのも「安全なポイント」かも知れません。







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「YouTube」プレミアムな「非公式テクニック」-「広告ブロックブラウザ Brave(ブレイブ)」が非対応の「Fire HDタブレット」に「Video for YouTube」を使ってみる


【検証】「YouTube」プレミアムな「非公式テクニック」-「広告ブロックブラウザ Brave(ブレイブ)」が非対応の「Fire HDタブレット」に「Video for YouTube」を使ってみる

v-f-y-000


「YouTube」動画内で表示される「広告をブロック」してくれ、快適に「動画視聴」が可能「Brave」アプリですが「基本的」「マルチOS」に対応されていますが、唯一、Amazonのタブレット端末「Fire HD」では、2021年8月現在、残念ながら「Brave」アプリが「非対応」です。





この「Brave」アプリに「相当」するわけではないものの「広告表示を最大限に抑えて動画を再生」してくれる、YouTube専用アプリがいくつか公開されていますが、その中のひとつ「Video for YouTube」割と「広告が少なく再生」してくれるようです。




「Fire OS」用「Brave」が公開されるまで「広告ブロック」にはすべての動画ではないようですがこのアプリが「有効」なようです

「Fire HD」
OS「Fire OS」「Androidベース」ながら「Brave」アプリのほか「LINE」「メルカリ」など、意外と「メジャーなアプリが使えない」ケースも多いのですが、「Brave」アプリもこの部類に入るようです。


v-f-y-001


アプリの「ダウンロード」「Amazon アプリストア」から「入手」します。


v-f-y-002


「Google アカウント」で「ログイン」すれば、他の端末で作成した「再生リスト」など「同期」して再生が可能です。


v-f-y-003


「似たようなアプリが存在」する中でも「ユーザーレビュー」も「平均点以上」な点も「試してみる価値大」でしょう。


v-f-y-004


ただし「正規」の「YouTube」アプリとは異なり「Chromecast」には「非対応」ですので、「テレビ画面で観たい」場合は「広告表示は我慢」しなければなりませんが、以下の記事を参考に「広告を少なく」できる場合もあるかもしれません。↓








家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】PC内動画を「FireTV Stick」でテレビにキャストする-「VLC for Fire」


【検証】PC内動画を「FireTV Stick」でテレビにキャストする-「VLC for Fire」

fire-vlc-000


Google「Chromecast(クロームキャスト)」を利用してPC内の「VLCメディアプレイヤー」で再生した動画をテレビ画面に「キャスト」する方法を以前紹介しましたが、「Amazon Fire TV Stick」の設定をいじっているうちに、偶然「VLC for Fire」なるアプリを発見し、「試しにインストール」してみたところ、思わぬ方法で「PC内動画をテレビにキャスト」できてしまったので、その経緯を報告します。

↓以前の記事はこちら



これができれば「FireTV Stick」「Chromecast」どちらでも使える機能は大方変わらないかも知れません

FireTV Stick」
「VLC for Fire」をインストールするにはまず「ホーム画面」上の「アプリ」に入ります。


fire-vlc-001


「アプリ」→「写真・カメラ」内に「VLC for Fire」というアプリが格納されています。


fire-vlc-002


他の「Fireアプリ」同様、選択すれば「インストール」画面に進みます。


fire-vlc-003


インストールしてから「動画をキャスト」する手法が「Chromecast」と違うところで、考え方としては「Chromecast」の場合「PC内で再生している動画をそのままテレビに飛ばしている」仕組みに対し、「FireTV Stick」を使用する場合「DLNA対応機器」と同様「PC側をサーバー」「FireTV Stickがクライアント機器」として作動する仕組みになっているという点。


fire-vlc-004


画面左メニュー「ブラウジング」→「ローカルネットワーク」WiFiネットワーク内に繋がれた対応機器一覧が表示されます。


fire-vlc-005


ここで接続された機器を選択するのですが、同じ機器名でも「smb」「upnp」の表示2つに分かれていますが「upnp」「サーバ」になるようです。


fire-vlc-006


「サーバ」内に入ると「ビデオ」「ミュージック」等「VLC for Fire」で再生できるファイルの「フォルダ」が表示されますので、それぞれのフォルダをたどって「再生したいファイルを見つけて」下さい。


初回接続するまで「けっこう時間がかかる」ので「失敗か?」と心配になりますが、一度接続してしまえば、次回から「スムーズ」に起動できるようです。


fire-vlc-007


こうした「サーバ」「クライアント」方式は少し理解しずらいと思うかも知れませんが、かんたんに言うと「YouTube」などの「ネット動画」を視聴するのと基本的に同じ仕組みで「YouTube→Googleのサーバ内」をアプリを通して観るのに対し「自分のPC→自分のサーバ内」の動画ファイルをアプリ(この場合VLC for Fire)を通して観るという仕組みとなるわけです。

もっとも一度設定してしまえば「ただ単にアプリを操作するだけ」なので「決して」むずかしいものでもないようです。


(参考製品)








家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】高コスパガジェエットの人気ブランド「AUKEY」「MPOW」が「Amazon」から消えた?


【情報共有】高コスパガジェエットの人気ブランド「AUKEY」「MPOW」が「Amazon」から消えた?

aukey-mpow-000



当サイトでもちょくちょく紹介している「Amazonで購入できる中華ガジェット」ですが、最近、ワイヤレスイヤホンやWebカメラなど、お手頃価格で機能もそこそこ「高コスパ」ブランドである「AUKEY(オーキー)」「MPOW(エムパウ)」など一部の製品が「Amazon」内から消えているように感じます。

個人的にも「ラジオ・ポッドキャスト・オーディオブックのリスニング」用に「AUKEY」の「Bluetoothイヤホン」、テレビでの「映画・音楽ライブ視聴」用に「MPOW」の「ヘッドホン」を愛用しているのですが「安いのに高品質」と、とても満足して利用しているのに「何があった」のでしょうか?。






AUKEY公式楽天市場店

エムパウジャパン楽天市場店


少なくとも国内に於いては「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」の「国内正規店」は健在のようですが・・・

要因として考察される記事が、月刊誌「ラジオライフ2021年7月号」にて公開されていました。↓





詳しい内容は同記事を参照いただきたくのが一番ですが、どうも「アメリカ版Amazon」の「不正レビュー(やらせレビュー)」に関連するものらしいのですが「日本版Amazon」に於いての関連は不明。

個人的に思い当たる節「確かに出品数が激減」しているのも明らかなのもそうですし、「Twitter」などで配布されている「割引クーポン」以前は「Amazonの割引コード」だったものが「楽天市場の正規店で利用するコード」に変更されている点。

「公式店」については現状「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」に於いては「アクティブ」に営業しているのは確認できますが、「Amazon」では「商品自体」少数ながら出品されたはいるものの「在庫限り」や正規店ではない「マーケットプレイス」(正規店以外の出品)の在庫のみな印象なので、今後「AUKEY」「MPOW」製品については扱いを「注視」して行きたいところです。



AUKEY公式楽天市場店


エムパウジャパン楽天市場店



(参考文献)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】オーディオブック「Audible(オーディブル)」サブスク解約-購入したコンテンツはその後も利用できるのか?


【情報共有】オーディオブック「Audible(オーディブル)」サブスク解約-購入したコンテンツはその後も利用できるのか?

audible-000


「聴く電子書籍」オーディオブック「Audible(オーディブル)」「期間ごと」「サブスク契約」を繰り返して利用していますが、今回も「10本」ほど聴いていない本がたまってしまったので「一度解約」して、しばらく「未読」の「オーディオブック」を聴いてみようと「サブスクを解約」しても「コンテンツを楽しめる」のか「検証」してみました。




「サブスクのコイン」「自身で購入したコンテンツ」は「ある条件下」で利用できますが「オリジナルポッドキャスト」は聴けなくなります

「解約」したとしても「Audible」アプリを介し、かつ「自身で購入」「サブスクのコインで入手」したコンテンツで、利用する「前提条件」として、「解約前」に「端末にダウンロード済み」にしておく必要があります。


audible-001


↓「購入・ダウンロード済み」のコンテンツについては「アプリ」で「サブスク契約時」同様、利用が可能であることを確認できています。


audible-002


この場合の「デメリット」として、他サービスでは「無料で楽しめるポッドキャスト番組が聴けなくなる」という点ですが、こと「Audibleオリジナルポッドキャスト」についてはあまり「更新されていない」印象が多く、個人的には「ほとんど利用していない」のが現状なので、さほど問題視しなくても良いかと思っています。






「Audible」については「定期的」「トライアルキャンペーン」で「1ヶ月99円」などのケースもありましたので、もしこうしたサービスが続いたとすれば、けっこうお得に「オーディオブック」のコレクションを充実させる事ができるかも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク