セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。

Amazon

【検証】「Fire TV Stick」で「ニコニコ動画」を視聴する方法-2022年現在「Silkブラウザ」経由が「有効」


【検証】「Fire TV Stick」で「ニコニコ動画」を視聴する方法-2022年現在「Silkブラウザ」経由が「有効」

niko-fire-000

「Fire TV Stick」では、あらゆる「動画配信サービス」視聴用アプリ「公開」されています。

しかし、2019年に「ニコニコ動画」アプリ「Fire TV Stick」から消えてしまいました。

2019年までは「専用アプリ」が存在してようですが、現在では「ブラウザ経由」での視聴が「可能」です

では「Fire TV Stick」では「ニコニコ動画」が視聴できないのかというとそうではなく、あらかじめ搭載されている「テレビ向け」ブラウザ「Silk(シルク)」経由して視聴する事が「可能」です。

niko-fire-001


↓仕組みとしては、他の「Fire TV Stick」非対応の「動画」「音声」サービス同様「Silk(シルク)」ブラウザの「デスクトップ版サイト」に切り替える事で「PCで視聴する環境をテレビに表示させる」方式です。


*ちなみに、ブラウザアプリとして、別途「FireFox」をインストールできない事もないのですが「Silk(シルク)」ブラウザに比べ「動作や画面サイズが不安定」だったような気がします。

このあたり「Fire TV Stick」専用の「Silk(シルク)」ブラウザであれば「安心」かも知れません。


niko-fire-002

「ブラウザ」経由で視聴するには、まず「サイトを検索」して開き、「PC」のブラウザ同様で「視聴操作」する事が可能になります。

niko-fire-003


niko-fire-004

↓これで「ニコニコ動画」を視聴できる環境が整いました。

niko-fire-005

↓「PCブラウザ」同様、画面の「拡大アイコン」を選択する事により「テレビの大画面いっぱい」表示・視聴が可能になります。

niko-fire-006


↓なお「Fire TV Stick」リモコンでの操作には「クセが強い」ので「慣れ」が必要です。

下記事で「検証」していますので「参考」していただければ「幸い」です。




(関連製品)



(参考書籍)








家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】 「Fire TV Stick 4K MAX」には「Smart Tube TV」が残念ながら「インストール」できずー後継の「Smart Tube Next」が「有効」でした


【検証】「Fire TV Stick 4KMAX」には「Smart Tube TV」が残念ながら「インストール」できずー後継の「Smart Tube Next」が「有効」でした


stube-fire-001

「Fire TV Stick」での「YouTube」広告をカットして「再生」してくれる視聴アプリ「SmartTube TV」愛用していましたが、デバイス「Fire TV Stick 4K MAX」「交換」したところ「SmartTube TV」アプリの「インストール」自体ができなくなってしまいました。

「有志」が開発・公開している「後継」のAPKアプリ「Smart Tube Next」であれば「動作」確認できています

そこで「ネット上で検索」してみると、有志により「SmartTube」を元に開発された「SmatTube Next(ベータ版)」「公開」されていましたので、「インストール」して、動作を「検証」してみました。

↓「Smart Tube Next」アプリは、以下サイトから「ダウンロード」できます。


↓「非正規」のアプリですので「インストール」方法が「面倒」なのが「難点」ではあります「下記サイト」で「以前のバージョンのインストール方法を解説」していますので参考に「インストール」してみてください。



「インストール」が完了して「アイコン」を確認してみると、「以前のバージョン」が「オレンジ色のアイコン」だったのに対し、「SmartTube Next」では「青のアイコン」に替わっています。

stube-fire-000

以前の「Smart TubeTV」を「元」に開発された「Next」らしく「アプリのインターフェイス」「操作方法」も「ほぼ同じ」です。

「広告表示がストレス」に感じがちな「YouTube視聴」が「快適」になるかも知れません。


(関連製品)



(参考書籍)





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「Fire TV Stick」の「Silk(シルク)ブラウザ」操作方法の「使用例」


【情報共有】「Fire TV Stick」の「Silk(シルク)ブラウザ」操作方法の「使用例」

silk-rev-000

Amazon「Fire TV Stick」「動画配信サービス」については多くのアプリで対応されており、「テレビ代わり」として使うのにも「非常に使い勝手の良い」デバイスと言えるでしょう。

さらに「プリインストール」されている「Silkブラウザ」を使用する事により「一部のサービス」に於いては「パソコンブラウザ版のみの機能」を「Fire TV Stick」でも使用できる場合もあり「スティックPC」的な使い方もできそうです。




テレビ用ブラウザなので「ジョグダイヤル操作」と「ブックマーク方法」だけでも「より便利に使える」かも知れません

この「Silk(シルク)ブラウザ」「Amazon製品オリジナルのブラウザアプリ」になるため「操作方法」など「製品の取説」でもあまり「触れられていない」ようですので、私が使用している「操作方法」(多分一部でしょうが)を「紹介」します。

「internet」アイコンが「Silkブラウザ」

fire-silk-001

そもそも「Fire TV Stick」「ホーム画面」上では「Silkブラウザ」アイコンが「わかりにくい」のでその「存在にさえ気づかない」かも知れません。

あらかじめ「プリインストール」されているアプリなのですが、アイコン表記「internet」だけなのでとても「紛らわしい」ようです。

fire-silk-002


ちなみにブラウザですので「ネット検索」も当然できるのですが「検索エンジン」は「Bing」が採用されています。「設定」で「Google」などに変更できるのかも知れませんが、細かい「検索」など手持ちの「スマートフォン」で済ませるほうが早く「Fire TV Stick」で使用するサービスを表示させるだけでであれば「不自由はしない」でしょう。

「カースル」操作は「ジョグダイヤル」「上下ボタン」で「文字入力」までできます

fire-silk-005

「カースル」「マウスポインタ」などの操作は「Fire TV Stick」の「リモコン」で行う事になりますが、基本「ジョグダイヤルで移動」「真ん中のボタンで決定」を利用します。

この場合「マウス移動」が「ジョグダイヤル」、「マウス左クリック」「スマートフォンのダブルタップ」が「真ん中のボタンで決定」にそれぞれ「該当」するようです。

fire-silk-003


「文字入力」
当然「リモコン」で操作する事になるのですが、「入力欄」を選択すると「ソフトウェアキーボード」が画面に表示されますので、リモコンの「上下操作」で「文字を選択」して行く事で「文字入力」が可能になります。

ただし、この作業、非常に「時間がかかります」。

決して「快適に入力」とは行かないようです。

「ブックマーク」機能を覚えておけば後々便利です

「任意のページ」を素早く開けるように「ブックマーク(お気に入り)」する事も可能です。

fire-silk-004

「ブックマーク」したいページを開いた状態で、画面右上の「(星マーク)ブックマークを追加」を「選択」する事により「追加が完了」できます。

fire-silk-006

「ブックマーク」したページを「呼び出す」には、画面上の「メニュー」を「選択」。

fire-silk-007

「ブックマーク」したページの「一覧」が表示されますので「選択」して、素早く「ページ」を開く事が可能になります。

しかしながら「Fire TV Stick」の「リモコン」を使用する前提の操作ですので「パソコン代わり」には「ほど遠い操作感」である点は否めません。

あくまでも「メディア再生」の「サブ」的使用に限定されますが、「パソコンブラウザ」で「再生」できるサービスであれば「ある程度再現性」はありそうですので「覚えておいて損はない」機能かも知れません。

個人的には、以下の「用途」で「Silkブラウザ」を愛用しています。

↓「NHKプラス」の「リアルタイム視聴」




↓NHKラジオ「らじる★らじる」の「聞き逃し配信」




↓「ラジコ」の「タイムフリー再生」






(関連製品)


(参考書籍)





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「Fire TV Stick」でNHKラジオ配信「らじる★らじる」を再生してみた-「Radiko」同様「ブラウザ経由」で対応可能でした


【検証】「Fire TV Stick」でNHKラジオ配信「らじる★らじる」を再生してみた-「Radiko」同様「ブラウザ経由」で対応可能でした

firetv-radil

「民放ラジオ局」のネット配信サービス「Radiko(ラジコ)」をAmazon「Fire TV Stick」で「再生」する方法を紹介しましたが、同じ「Silkブラウザ」を使用して、「NHKラジオ」のネット配信「らじる★らじる」同様に「再生」できる事が確認できましたので「情報共有」します。



「AM放送」でも「デジタル配信」なので「音質」「FM」と同様の「高音質」で聴ける上、「聞き逃し配信」番組の「再生」も可能でした。

(関連記事)



「Silk(シルク)ブラウザ」を利用で「ひと手間」かかりますが「聞き逃し配信」も聴けます



「Silkブラウザ」で「らじる★らじる」を開く方法「Radiko(ラジコ)」とほぼ同様の操作になりますので、上記記事を参考にして下さい。

↓「Fire TV Stick」リモコンでの「Silkブラウザ」操作方法



firetv-radil-001

「Silkブラウザ」の検索結果「NHKラジオ らじる★らじる」が表示されたら「選択」して「ページ」を開きます。

firetv-radil-002

「Radiko(ラジコ)」の場合と同様、「Fire TV Stick」での「ページ表示がモバイル版」のままでは「操作ができません」ので「デスクットップサイトをリクエスト」「選択」「PCモード」に変更する必要があります。

firetv-radil-003

「リアルタイム再生」はもちろん「聞き逃し配信」にも対応されています。

firetv-radil-004

ただし「選曲方法」が「Radiko(ラジコ)」と「インターフェイス」が大きく異なるので「少々戸惑う」かも知れません。

firetv-radil-005

「Rdiko(ラジコ)」の場合も「同じ動作」なのですが「SilkブラウザのPC版表示」では「サイトを切り替える」ごとに「モバイル版に戻ってしまう」ので「都度PC版に戻さないと再生できない」といった状況になる恐れがありますので注意が必用です。







(関連製品)


(参考書籍)







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】解決!「Fire TV Stick」で「NHKプラス」リアルタイム視聴-「Silkブラウザ」経由で「成功」


【検証】解決!「Fire TV Stick」で「NHKプラス」リアルタイム視聴-「Silkブラウザ」経由で「成功」

firetv-nhk-001

「NHK(地上波 総合 Eテレ)」のネット配信サービス「NHKプラス」で始まった「リアルタイム配信」ですが、こと「Fire TV Stick」については「第3世代」以降のタイプでないと「非対応」である事を以前紹介しました。 



しかし、色々といじっているうちに「Fire TV Stick」に搭載されている「Silkブラウザ」を通して「リアルタイム視聴」できる事が確認できましたので「情報共有」します。

「Silkブラウザ」の「デスクトップ版ページをリクエスト」に変更しないと「再生」できませんので「注意」

↓以前も「PCブラウザ」から「Chromecast」を使用して「テレビ画面にキャスト」する方法を紹介していますが、「似たような機能」かも知れません。



利用可能なポイントは「Silkブラウザ」「NHKプラス」サイトを開いてから「デスクットップサイトをリクエスト」を「選択」する事が「前提」です。

↓サイトの開き方は以下記事を参考にして下さい。




↓「Fire TV Stick」リモコンでの「Silkブラウザ」操作方法



firetv-nhk-002

基本的に「Silkブラウザ」は「モバイルバージョン」のようなので、そのまま「視聴」しようとしても「お使いのブラウザでは再生できません」と表示され「先に進みません」。

「ブラウザをPCモード」に変更する必要があるようで、画面上の「デスクットップサイトをリクエスト」を「選択」「モード変更」を行います。

firetv-nhk-003

↑「デスクトップ版サイトで再生」すると「けっこうなタイムラグ」があるものの「リアルタイム視聴」に成功しました。

もっとも「Fire TV Stick第3世代」以降に対応されている、正規「NHKプラス」アプリでも同様の「タイムラグ」が発生されるとの事ですので「想定される現象」との事です。

「B-CAS非対応」
「海外仕様テレビ」「PC 向けモニター」などで日本国内のテレビが視聴できない場合には使えそうな機能と言えるでしょう。

しかしながら、仕組み上「テレビ受信料」が発生する事にはなってしまいますので「知らなくても良い」情報だったかも知れませんが・・・。



(関連記事)




(関連製品)


(参考書籍)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
  • SmaSurf クイック検索
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク