セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。

Amazon

【トラブル解決】Amazon「Fireタブレット」-「ステータスバー」が表示されなくなってしまった時


【トラブル解決】Amazon「Fireタブレット」-「ステータスバー」が表示されなくなってしまった時

20221119-fire-000

Amazonオリジナルのタブレット端末「FireHD8(第10世代)」を愛用していますが、突然「ディスプレイ下」にあるはずの「▲ ● ■」の「ステータスバー」が表示されなくなってしまいました。

「スワイプ機能」で操作できるとの意見もあるようですが、「▲ボタン」で「戻る」機能が使えないのはこの上なく不便です。

20221119-fire-001

以前「Android」端末のOS「バージョン11」にアップデートされた際にも同じような症状が発生したので、以下記事の通り「復旧を試みた」のですが、どうやら同じ「Androidベース」とは言え「FireOS」では「事情が異なる」ようです。↓



気付かないうちに「Showモード」に変更されてしまっている可能性もありますのでこの部分を確認してみましょう

「電源ボタン長押しで再起動」など様々な方法を試してみましたが「結果この手法で解決」できました。

20221119-fire-005

「画面上部」から下に向け「スワイプ」します。

20221119-fire-002

すると表示された「メニュー」の一番上の「Showモード」の項目が「オン」になっています。

「Showモード」とは「Fireタブレット」を、Amazonのスマートスピーカー「EchoShow」のように「音声操作」で使用できるようにする機能です。

20221119-fire-003

この「Showモード」の項目を「オフ」にすると画面下に「ステータスバー」が復活できました。

20221119-fire-004

「EchoShow」「Showモード」では「Alexa(アレクサ)」を利用した操作が基本ですので「タッチ操作が不要」というコンセプトなのかどうかは定かではありませんが、どうやらこれが「原因」のようです。

自分では「Showモード」にした覚えはないのですが「何らか操作ミス」「モード変更」されてしまったのかも知れません。

ちなみに「ステータスバー」の一番左が「Alexa(アレクサ)ボタン」なので、誤ってタップして「Showモード」化された事も考えられます。

(関連書籍)


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】2022年新型Amazon「Fireタブレット」で「Google Play」を「強制インストールする裏ワザ」が使えなくなった件


【情報共有】2022年新型Amazon「Fireタブレット」で「Google Play」を「強制インストールする裏ワザ」が使えなくなった件

20221025-fire-000

Amazonオリジナル「低価格タブレット端末」である「Fire7」「FireHD8,10」「Androidベース」ではあるものの「FireOS」という「独自OS」を採用しているため、基本的に「Amazonアプリストア」からしか「アプリが入手」できません。

そのため「iPad」他社の「Androidタブレット端末」と異なり「アプリ数がかなり少なく」なります。

とくに「LINE」「メルカリ」を始め「Googleサービス」アプリ「ストアにない」ため、「iPad代わり」と考えたら「ガッカリ」する「タブレット端末」になってしまうかも知れません。

そのため「有志たち」が作ってくれた「非公式アプリ」を使って「GooglePlayストア」を導入する「あくまで自己責任」「裏ワザ」が存在します。↓



ところが、2022年に製造・販売された「FireOS 8」使用の製品で、この「裏ワザ」が使えないという報告が相次いで届いています。↓





OSが「Fire7」から「Fire8」にアップグレードされたの
が原因らしいが2022年10月現在対応法模索中

どうやら「FireOS」の「アップグレード」時に「仕様変更」されたためか、「現状試しえるあらゆる裏ワザ」を駆使しても、2022年10月現在、「FireOS 8」機種に於いては「インストールできない」ようです。

↓「参考」までに



確認できているのは、現行販売されている「FireOS 7」端末であれば「Google Play」インストールする「裏ワザ」が使えるようです。

今回は「2020年製造」の「第10世代FireHD 8」を入手して「裏ワザ」を試したところ「Google Play」がインストールできました。(ただし、Googleアプリは全滅)

界隈の「有志たち」が「何か発見」してくれるのを「期待する」しかないのが残念ですが「情報を追って」行きたいところです。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【トラブル解決】「Amazon」サイトが「英語表示」になってしまった際「日本語表示」に戻す方法-PCブラウザの場合


【トラブル解決】「Amazon」サイトが「英語表示」になってしまった際「日本語表示」に戻す方法-PCブラウザの場合

20221007-amazon-006


「Amazon(アマゾン)」「PCのブラウザから」使っている際、に何らのかタイミングで「英語表示」になってしまうことがあります。

もっとも「表示される言語が日本語から英語に変わってしまっただけ」「米国サイトにつながった」わけではなく「日本版サイト」なので、今まで通り「買い物」など「サービス」利用する分には「支障はない」のですが、やはり「日本語」で表示してくれないと面倒です。

20221007-amazon-001


「原因」は定かではありませんが、慌てず、適切な手順を踏むことで簡単に「日本語表示」に戻せる可能性がありますので、その方法を「共有」します。

「ウィルス」「乗っ取り」というわけではなさそうですので慌てず「適切な手順」で元に戻す事が可能です

「Amazon」
の任意のページで「最下部」まで「カースル」を動かし、「amazon English Japan」という項目に合わせます。

20221007-amazon-002

真ん中の「English」の箇所をクリックして「日本語-JA」に変更します。

20221007-amazon-003

大方、この動作だけで「日本語表示」に戻ります。

20221007-amazon-004

「修正前」「修正後」は、同じ「商品ページ」でもけっこう「印象が違う」事が確認できます。

20221007-amazon-000

20221007-amazon-005

この状況は、Amazonでは「公式」に「原因」や「復旧方法」なども「公開」されていないようですが「個人ブログ」などで何件か「検索でヒット」しました。

利用している「PC」や「ブラウザ」を「再起動」しても「復旧」しませんでしたので「Amazon」側「サーバメンテナンス」や「リセット」などの不具合が原因なのかも知れません。

「ウィルス」「乗っ取り」というわけではなさそうですので慌てず「適切な手順」で元に戻す事が可能ですので試してみてください。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「Fire TV Stick」非公式アプリ「SmartTube」の動作不調-「アップデート」は可能なのか?


【検証】「Fire TV Stick」非公式アプリ「SmartTube」の動作不調-「アップデート」は可能なのか?

20220814-fire-000

個人的に「Fire TV Stick」での「YouTube視聴」用に愛用している、非公式アプリ「SmartTube」

「広告カット」「細かい再生設定」などが可能なのですが、およそ「3ヵ月に1回」ほど「動作が不安定」になる事も多発するのも「ベータ版」ゆえ「致し方無い」ところでもあります。

「FireTVStick」用の「公式アプリ」であれば「ほぼ自動的に更新」してくれるのですが、こうした「非公式」にインストールしたアプリの場合、「アップデート」更新が「一見不可」のように「表示」されたりと「一筋縄ではいかない」ものの、「ひと手間」かかりますが「まったく不可能」でもないようです。



「SmartTubeNEXT」に関しては、何度か「アップデート」が成功していますので、今回のアップデートレポートします。




「非公式」ゆえ操作は面倒ですが「アップデート」可能なケースもあります

20220814-fire-001

基本的には、アプリを開いた状態「設定」→「アップデートをインストール」画面を選択して。

20220814-fire-002

「インストール」が可能な状態であれば。

20220814-003

「アップデート」更新が完了するはずなのですが・・・。

20220814-fire-003

ところが「非公式アプリ」によってはこの「インストール」画面までたどり着けません。

しかし、「ある設定」を行う事により「アップデート」に進む事が可能になります。

まず、「FireTVStick」ホーム画面の「設定」に進みます。

20220814-fire-004

「設定」メニューが表示されたら「マイFireTV」選択します。

20220814-fire-005

次に「未知のアプリをインストール」に進みます。

20220814-fire-006

ここで「FireTVStick」内にインストールされている「非公式アプリ」一覧が表示されますので、該当するアプリ(ここでは STN beta)を選択します。

20220814-fire-007

これでやっと「インストール」可能な状態になり「無時更新完了」となりました。

20220814-fire-008

とは言え、こうした「非公式アプリ」の場合、同じ「Fire TV Stick」でも「バージョン」によって、「インストール」の可否が分かれるアプリも確認できていますので、「使用は自己責任で」という事実も理解すべきなのは言うまでもありません。

(関連記事)



(関連製品)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「Fire TV Stick」で「iPhone」画面をテレビに「ミラーリング再生」するーAirPlay対応アプリ「AirScreen」


【検証】「Fire TV Stick」で「iPhone」画面をテレビに「ミラーリング再生」するーAirPlay対応アプリ「AirScreen」

20220721-air ip-000

「iPhone」「iPad」などの画面を「テレビ画面」に「ミラーリング再生」させる方法として、「AirPlay」という機能があります。

「iPhone」などの「端末自体」には「AirPlay」機能が「標準搭載」されているのですが、「テレビ側」で再生するため「デバイス」として「AppleTV」という「STB(セットトップボックス)」を利用するのが便利なのは言うまでもありませんが、いかんせん「高価」な製品なのがネックになります。

しかし「FireTVStick」を所持していれば「対応アプリ」をインストールする事によって「AppleTV」ほどではないものの「AirPlay」機能を利用して「ミラーリング」できる事が確認できました。


(関連記事)



「ミラーリング不可」のアプリは当然「再生」できませんが「写真」や「スマホ動画」を共有するのに「便利」でしょう

「FireTVStick」向けの「AirPlay」対応アプリ
「有償」「無償」アプリ含め複数公開されていますが、今回は「一部機能」が「無料」で利用できる「AirScreen」というアプリインストールして「動作」を「検証」してみました。

「有料課金」すると「様々な機能」が使えるようですが「iPhone」画面を「テレビ画面」にミラーリングするだけであれば「無料機能」の範囲内で使用できるようです。

「FireTVStick」内の「アプリ一覧」では見つからないようですが「検索」欄「Air」「入力」すると「Air~」から始まるアプリがいくつか表示されます。

20220721-air ip-001

その中から「AirScreen」選択して「FireTVStick」内にインストールします。

20220721-air ip-002

「アプリとゲーム」「AirScreen」が追加されますので「初期設定」をします。

20220721-air ip-003

「ミラーリング」したい「iPhone」などの端末「FireTVStick」が同じ「WiFiネットワーク」につながっていれば「テレビ側」の「セットアップ」はかんたんに進んでくれるようです。

20220721-air ip-004

↓次に「端末側」の「設定」になります。

画面の「上から下」もしくは「下から上」に「スワイプ」(機種によって異なるようです)すると下の画像のように表示されます。

20220721-air ip-005

「画面の表示」に従って進んで行くと「ミラーリング」可能な状態に「セットアップ」されます。

20220721-air ip-006


20220721-air ip-007

下の画面のように「画面ミラーリング」が表示されれば「セットアップ完了」です。

20220721-air ip-008

「ミラーリング」が成功すると「テレビ画面」に「iPhone」の画面そのままが表示されます。

20220721-air ip-009

「YouTube」アプリを立ち上げて「動作を確認」してみます。

20220721-air ip-010

↓もちろん「大画面表示」も「有効」「テレビ画面いっぱい」に「ミラーリング再生」する事ができました。

20220721-air ip-011

しかしこの「ミラーリング」という方法の場合「FireTVStick」や「Chromecast」のように「アプリが独立」しているのではなく、「端末画面を直接映す」仕組みなので「データ容量が重く」なったり「端末のバッテリー消費が気になる」印象です。

「TVer」「Amazonプライムビデオ」など「AirPlay」に非対応のアプリではこの「AirScreen」アプリを使っても「ミラーリング」できませんが、それぞれ「FireTVStick」向けアプリが用意されていますので「専用アプリ」を利用すれば良いだけでしょう。

また、「ニコニコ動画」など、サービスによって「FireTVStick」搭載の「Silkブラウザ経由」のほうが「使い勝手が良い」場合もありますので「使い分け」る事によって「快適な視聴環境」を整える事ができそうです。

(関連記事)







(関連製品)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク