セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

Amazon

【トラブル解決】Amazon「Fire HD タブレット」-「WiFi」に繋がらない時


【トラブル解決】Amazon「Fire HD タブレット」-「WiFi」に繋がらない時

fire-wifi-000


けっこう「一般的」になりつつある「公衆WiFi」「Free WiFiスポット」での「ネット接続」ですが、「Amazon Fire HD タブレット」「Androidベース」の端末の一部機種「自動的にネットに接続しない」という相談があります。

「IPhone・iPad」と違い「Androidベースの端末」の場合、「接続情報が保存」されていても「機種」によって「再ログイン」が必要なケースもあるようです

公式にはアナウンスされてはいないようですが、おそらく「OS側の問題」と考えられ、「機器的に不具合があるわけではない」ようで、もし「繋がらなくなって」「再度ログイン」すれば「接続」できるケースが多いようです。


fire-wifi-001


「再接続」方法のおさらいとして、「設定」ボタンから画面に入り「再ログイン」します。


fire-wifi-002


「設定画面」内で「インターネット」→「WiFi」と進みます。


fire-wifi-003


この工程を進むとほとんどの場合、「ログイン画面」に入れます。


fire-wifi-004



一度「ログイン」した事がある「WiFiスポット」であれば「ログイン情報が端末に保存されている」なので、ひと手間かかるものの「ネット接続」が可能なようです。


fire-wifi-005


この問題は「不具合」「相性」問題でもなく、あくまで「現状での技術的な仕様」になるみたいです。

いずれ「改善される事を期待」して「タウンWiFi」などのアプリと「併用」するなど「自力で工夫」して使う必要はありそうです。

タウンWiFi by GMO WiFi自動接続アプリ
タウンWiFi by GMO WiFi自動接続アプリ
開発元:TownWiFi Inc.
無料
posted withアプリーチ
    







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【トラブル解決】「Fire TV Stick」で「YouTubeアプリ」が観れなくなった際試してみた事


【トラブル解決】「Fire TV Stick」で「YouTubeアプリ」が観れなくなった際試してみた事

yt-fire-000


Amazon「Fire TV Stick」でいままで「YouTubeアプリ」で動画視聴できていたのに、突然「アプリから視聴できなく」なってしまいました。

「無効」なのは「YouTube」のみのようで「プライムビデオ」「TVer」「Gyao!」などはしっかり視聴できています。

ネットで検索してみると主に「3通り」の「復旧方法」が多く報告されていましたので、すべて試してみました。

「キャッシュの削除」「データ削除」「再ログイン」「スクリーンセーバーの無効化」などいろいろ試してみましたが、結局「物理的に接続し直し」たらなおりました

①「アプリ」の「キャッシュ」を削除する

yt-fire-001

「Fire TV Stick」の「設定」→「アプリケーション」→「インストール済みアプリ」と進みます。

yt-fire-002

「インストール済みアプリ」の「YouTube」
を選択し、「キャッシュの削除」をチェックします。

yt-fire-003

これで「復旧できない」場合、「データの削除」も試してみてください。


②「再起動」「再ログイン」してみる

それでも「復旧」できないときもあります。そんなときは一度「ロウアウト」して「再起動・再ログイン」してみてください。

yt-fire-006

「設定」→「My Fire TV」と進み「再起動」します。

yt-fire-007


yt-fire-008

「Fire TV Stick」自体が「再起動」
され、「YouTube」アプリが無事起動して「動画が再生」できれば「OK」です。

yt-fire-009


基本的に以上の操作で「YouTube」アプリの「再起動」が可能
なのですが、それでも「アプリで視聴できない」ときは「Fire TV Stick」側の「スクリーンセーバーをオフ」にするという記事もあります。


③「スクリーンセーバー」を「無効化」する

yt-fire-010

「設定」→「ディスプレイとサウンド」と進み。

yt-fire-011

「スクリーンセーバーの設定」画面の「開始までの時間」の部分を調整します。

yt-fire-012

デフォルトで「5分」で設定されていますので「なし」に変更します。

yt-fire-013

以上の事を全て試してみましたが、我が家の「Fire TV Stick」では「改善」しません。


☆最終的に「デバイス」自体の「再接続」してみる

結果的に
ですが、「デバイス」自体を「電源ごと」取り外し「15分以上」放電させ、「再度接続」しなおしたところ「無事復旧」できました。

もしかしたら、「最初から」この処置をしておけば「1発でなおったかも」知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】「Fire TV Stick」で「アレクサ」を使って「Spotify」を音声操作する


【これは便利!】「Fire TV Stick」で「アレクサ」を使って「Spotify」を音声操作する

alexa-spo-000

「Fire TV Stick」の「アレクサ」音声操作で「Amazonミュージック」以外の「radiko」や「Podcast」コンテンツの再生方法を以前紹介しましたが、当時「Spotify」アプリについては「有料版」のみの対応という事でしたので「未検証」でした。





ところが、いつの間にか「フリープラン(無料版)」でも「アレクサ」で操作できるようになっているとの「ネットの書き込み」を見つけましたので、操作感など確認、「検証」してみました。




「SpotifyオリジナルのPodcast番組」「音楽プレイリストのレコメンド機能」が続々更新されている「Spotify」ならではの機能「アレクサ」の音声操作で使用できれば、「けっこう便利」かと考えたのですが。

以前は「有料プラン」のみの機能でしたが、現在「フリープラン(無料版)」にも対応、とりあず「使えること」は確かではありますが・・・
alexa-spo-001


「Fire TV Stick」での「アレクサ」操作は「専用リモコン」の「マイクボタン」を押しながら「アレクサ、Spotifyで、○○○を再生して」と話すだけで作動するかと思われたのですが・・・。

「Spotifyの再生はAlexaアプリとのリンクが必要云々〜」というメッセージが出るだけです。

どうも「Fire TV Stick」側では「設定できない」ようです。

手持ちの、Amazon「Fire HDタブレット」にも同時にメッセージが表示されたので「FireタブレットのAlexsa」アプリでの接続を試みましたが、何度トライしても接続できません。


Amazon Alexa
Amazon Alexa
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ


そこで「iPhone」に「Alexa」アプリをインストールして「設定」→「すべてのデバイス」と進むと手持ちの「Alexa対応デバイス」が一覧表示されたので「Fire TV Stick」を選択してみます。


alexa-spo-002


ようやく「Fire TV Stick」に接続されたようです。


alexa-spo-003


↓実際に「(アーチスト名)を再生して」と音声入力すると「単一アーチストのプレイリスト順に楽曲再生」はしてくれますが「ジャンル毎」で指定すると「聞き取れませんでした」「よくわかりません」などと返ってきます。このあたり「Amazonミュージックでの再生」とは「使い勝手」が異なるようです。


alexa-spo-004


↓「Podcast番組」再生も同様「番組名を指定」すると「聞き取れませんでした」「SpotifyでPodcastを再生して」と「音声入力」すると、どういう基準かは定かではありませんが「勝手に番組を選択して再生」が始まってしまいます。


alexa-spo-005




以上、現時点では「使い勝手がイマイチ理解しにくい」インターフェースのようなので、さらに「検証」を深めて行かないと「Spotifyならではのコンテンツ」が楽しめそうにありません。

もっとも、現段階で「アレクサ音声入力」で「Spotify」自体の起動は確認できましたので、とりあえず後の操作は「リモコン」で行う、という「使い分け」もアリかも知れません。







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「Amazonプライムビデオ」PCに動画をダウンロード-「Windows10」アプリで正規対応


【情報共有】「Amazonプライムビデオ」PCに動画をダウンロード-「Windows10」アプリで正規対応

primevieo-000

「動画配信サブスクリプションサービス」の中でも「動画ダウンロード」して「オフライン」で視聴できる「Amazonプライムビデオ」ですが、この機能、専用のアプリでしか有効ではないため、今まで「iOs」「Android」スマホ・タブレットなど限られた環境でしかダウンロード視聴できず「WindowsPC」など「ブラウザ」からの配信では「観るだけ」しかなく、「裏ワザ」として、PCに「Androidエミュレータ」をインストールし、「Android端末」として「動画を保存」する手法を取る方法がネット上で紹介されていた事もありましたが、現在では「無効」のようです。(2021年1月現在)





以前ネット上で出回っていた「Androidエミュレータ」による「裏ワザ」が無効になった今「正規アプリ」でダウンロード可能に「改良」されました

その代わり現在「Windows用」の正規の「Amazonプライムビデオ」アプリが登場、スマホ・タブレット同様「アプリ内での視聴」に限られますが、PCでも「番組を保存してオフライン視聴」できるように
なりました。



primevideo-003


操作方法は同じ「スマホ・タブレット」アプリの「PC版」になりますので、すでに「iOs,Android版」をご利用であれば「ほぼ一緒」です。


保存したい番組を「選択」し「ダウンロードボタン」をクリックすると「エピソードごとに保存」されます。


amapura-004

「通信環境」にもよるのでしょうが「けっこう時間がかかる」のは致し方ないところ。

amapura-006

ダウンロードした動画は一般の番組視聴同様、アプリ内の「プレイヤー」で再生します。

もちろん、PCの「画面いっぱい表示」して視聴もできます。

amapura-005


ダウンロードされたファイル「MP4」形式にはなっていますが、このアプリでの再生用にプロテクトされている模様で「VLCメディアプレイヤー」など、他の「動画ファイル」では「エラー」となり「再生は不可能」でした。

とはいうものの「正式」な手法で動画を「ダウンロード」できる「ストレージの余裕次第」「最高画質(フルHD相当)」「高画質(HD相当)」「標準画質(SD相当)」と選択できるのもうれしいところです。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品情報】格安4Kテレビが欲しい-「FUNAI」の4Kは買いか?


【製品情報】格安4Kテレビが欲しい-「FUNAI」の4Kは買いか?

funai-43v-000

かつて「フナイ」(船井電機)のテレビと言えば、アナログテレビ時代に「ORION」と並び「テレビデオ」₌(「14」「20」インチサイズの「ブラウン管テレビ」に「VHSビデオデッキ」が内蔵した製品)「激安」で販売していたイメージブランドで、「韓国」「中国」メーカーが日本市場に入る前から「ディスカウウントストア」「ホームセンター」の「目玉商品」でおなじみの「国内AV家電」の「老舗メーカー」的な位置付けな存在でした。

時は経ち、テレビも「地デジ化」したところで、国内市場に於いては、しばらく見かける事が無くなっていたのですが、2017年より「ヤマダ電機限定品」として「4K液晶・有機ELテレビ」の「格安機」「ヤマダ電機店舗」およびネット通販で「楽天市場」「Amazon」「Yahoo!ショッピング」で販売されています。

自宅リビングの「32V SHARP AQUOS」が2009年に購入した「10年超え」のモデルのため「買い替え時」かと、「43Vサイズ」「4K液晶」「4Kチューナー内蔵」で、適当なテレビの情報を集めていたところ、「国内メーカー」としては、けっこう「高評価なレビュー」が多く、気になっていたので、店舗に出向き、実機を確認、「検討」してみることとしました。




けっして「安かろう悪かろう」ではない「歴史ある国内メーカー」の上「保証期間」が長いのも安心な製品といえるでしょう

「FUNAIの4Kテレビ」の強みとしてアナウンスされている点は、各社の「4Kテレビ」にありがちな「地デジ放送の発色が不自然」「アニメ番組の発色がドギツすぎる」などを改善しているところ。


funai-43v-001


また「同価格帯の4Kテレビ」「地デジ・BS・110°CS・BS4Kチューナーがひとつづつ」な製品がほとんどなのに対し「FUNAI」はそれぞれ「2基づつ内蔵され」全放送「裏番組録画に対応」している「お得感」があります。


funai-43v-002

ネット配信系では一見「YouTube」「hulu」しか対応していないように感じます「AndroidTV」が内蔵されており、それぞれアプリを追加して「Netflix」「Amazon プライムビデオ」「Gyao!」「TVer」など、ほとんどの「動画配信サービス」を視聴できるようになります。

なお「ネガティブなレビュー」として「音質に難がある」という点については現状他のメーカーのテレビでも同様、「形状上致し方ない部分」で、気になる場合「外付けスピーカー」の増設で解決できるでしょう、我が家では現在も「外付けスピーカー」を使用していますので、そのまま流用できそうです。




また、格安テレビで心配な「製品保証」ですが、他社メーカー保証のほとんどが「1~3年間」なのに対し「ヤマダ電機」で購入した場合、組み合わせにもよるようですが「メーカー保証」プラス「ヤマダ保証」で「5~7年の長期保証」も可能なケースもあるようです。

しかしながら「価格」だけで考えると「海外メーカー製」よりは「割高感」があるのも、こうした「手厚い保証」があるからかも知れません。







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク