セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

Android

【検証】Amazon Prime Musicの「ポッドキャスト」の再生方法がわかりにくい件



【検証】Amazon Prime Musicの「ポッドキャスト」の再生方法がわかりにくい件

am-pc-000

2020年注目を集めている「音声メディア」の代表格「ポッドキャスト」。

しばらく「iTunes」の独壇場でしたが、「Spotify」で配信が始まったと思ったら今度は「Amazon Music」でも配信が始まりましたが、まだ始まって間もないからか「アプリが更新されたもののポッドキャストの再生方法が分かりにくい」という声もちらほら・・・。

「iOs」「Andorod」「FireHD」「Fire TV Stick」「アレクサ対応デバイス」での「再生」を「検証」してみました。



「Spotify」同様「iTunes」と配信番組数の違いがあるようで「使い分け」が必要かも知れません
既に「Spotify無料版」でも「ポッドキャスト」が聴けてるのでいまさらどうかと思っていましたが「Spotify」の場合「無料版は月15時間」という縛りがあるので「ポッドキャストで月15時間はあっという間」に使いきってしまうので「プライム会員」特典ではあるものの「Amazon Music版には時間制限がない」点も見逃せず「音楽コンテンツ」プラス「ポッドキャスト」アプリを「一本化」できるので「使用頻度」によっては使いでがあるサービスかも知れません。

ただし、アプリを立ち上げても「ポッドキャスト」の項目が見当たりませんので「困惑」してしまいます。

am-pc-001

「ポッドキャスト」の場所はアプリの画面下の「見つける」をタップすれば「検索メニュー」内に追加されています。

am-pc-002

するとやっと「ポッドキャスト」らしいメニュー画面が表示されます。

am-pc-004

すると他の「ポッドキャスト」アプリ同様「再生」「エピソードのダウンロード」が可能になります。

am-pc-003


ところが同じAmazonデバイス「FireTVStick」のアプリ画面では、一見「対応されていないように見える」のですが「アレクサ」で話しかける方法で聴取する事ができました。

am-pc-005

方法としては「リモコンのマイク」に「アレクサ、ポッドキャストの〇〇〇(番組名)をかけて」と話しかけます。

am-pc-006

すると「はい、アマゾンミュージックでの〇〇〇(番組名)を再生します」とテレビ画面にキャストされます。



「Spotify版」にも言える事ですが、「非対応の番組がある」ので番組によっては「使い分ける」必要があるかも知れませんので、サービスとしては「これから」といったところでしょうか。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】ダイソーの「200円スマホスタンド」-何気に丈夫で使い勝手良し



【製品レビュー】ダイソーの「200円スマホスタンド」-何気に丈夫で使い勝手良し

daiso-arm-000

「ダイソー」以外でもとうとう「キャン・ドゥ」でも「100円以外の商品」を取り扱うようになりましたが、確かに「100円」以上する製品は値段それなりのクオリティである印象があります。

特に「デジタルガジェット」においては「モバイルバッテリー」「VRゴーグル」「ダミーカメラ」など「チープさを感じさせない」レベルの製品が続々と発売されています。



そんな中「200円(税抜)」ながらも「在宅ワーク」の「Webカメラ」代わりに使えると評判ダイソーの「200円スマホスタンド」「入荷してはすぐ売り切れる状態」が続いているようですが、やっと入手できましたので製品の「検証」をしてみます。
「200円(税抜)」とは思えない角度自在・フレキシブルでけっこう頑丈なので見つけたら入手しておいて損はないでしょう
製品は「スマホを挟む」部分と「テーブルやノートPCのボディに挟む」部分を「フレキシブルアーム」で角度を「360°自由自在」な形で「固定する」形状のもの。

daiso-stnd

取り付けた実感として、「ダイソー」と言わなければ「980~1,500円」くらいの製品に見えそうですし、実際思ったより頑丈で安心して使えそうですが、プラスチック製品にありがちな「劣化が早い」という心配もありますが「値段が値段なだけに」また買い替えれば済む話でしょう。

経験上「1,000円以下のプラスチック製品」の寿命は「100円ショップ」製品と「大差ない」印象ではあります。

(参考製品)
Good-J/スマートフォン用クリップスタンド/G-SCS
by カエレバ

↓今回は「PC用Webカメラ」として「検証」してみましたが「動画撮影用」の「固定機材」としても使えそうです。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】旧型スマホを「PC用Webカメラ」として再利用してみるー「iVCam」(アイヴィーカム)



【検証】旧型スマホを「PC用Webカメラ」として再利用してみるー「iVCam」(アイヴィーカム)

ivcam-000

「在宅ワーク」が一般化しつつある状況下で「PC用Webカメラ」が「品薄」「価格高騰」化しています。

最近販売されているPCであれば「Webカメラ」「ヘッドセット」等が搭載されていますが、我が家の「ノートPC」はけっこう古めなので別途用意する必要がありました。

そんな中、「買い替え」等であまった「古いスマートフォン」を「アプリを使ってWebカメラ」化する方法が紹介されていたので、仕事上で使っている「Skype(スカイプ)」で使用できないか「検証」してみました。

端末は、auモデルの「AQUOS Phone(Android7)」を「SIMなし」で使用。

↓手持ちの「ノートPC」に「アーム型スマホスタンド」で設置
してみました。

daiso-arm-000

(参考製品)


フレキシブル スマホスタンド アームホルダー 全9色
by カエレバ


PC 側は Windows のみですが、Web カメラとして利用可能なスマートフォンは Android, iOS 両方に対応しています
導入方法として「必要」なのは「PC(ただしWindoes10にかぎる)」スマートフォン(iOs9以降の機種(Android4.4以降の機種)で、それぞれ「専用ソフト」「スマホアプリ」をインストールし「WiFi環境化」で「常駐(自動的に接続してくれます)」させるだけの「手順」です。

↓「Windows10版」ソフトはこのサイトから「Download For Windows」をクリックし、PC内にインストールします。


ivcam-001

↓「iOs」「Android」端末用アプリはそれぞれのストアからダウンロードします。

iVCam コンピュータカメラ

iVCam コンピュータカメラ

e2eSoft無料posted withアプリーチ


基本的には「無料」で利用できるのですが「画像サイズ」「動画フレームレート」「画質」など「設定値」は一番低くなっているので「気に入って使い勝手をアップ」させるには「有料版」にしたほうがよさそうです。

ivcam-002

個人的には「Skype」など私用で使う分には「ノートPC付属」の「Webカメラ」並みの画質のようなので、あまり画像の差を感じませんでしたが「Zoom」などの「オンライン会議」などですと「高画質」にしたくなりそうです。

ivcam-003

私の場合、「Skype」「Microsoft Teames」で試してみましたが、ネット上の評判では「Micrsoft Teames」でのレビューは多いものの「Google Meats」「Zoom」などの記事が少ないので今後「検証」していこうと思います。

(参考製品)

ウェブカメラ PWC-001BK Webカメラ 1080P HD 500万画素 テレビ会議 チャットツール 新品
by カエレバ




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品情報】初心者向け端末の弱点に対応ーワイモバイル「かんたんスマホ2」の使い勝手は?



【製品情報】初心者向け端末の弱点に対応ーワイモバイル「かんたんスマホ2」の使い勝手は?

ym-kansuma-000

個人的にいわゆる「かんたんスマホ」「らくらくスマホ」と呼ばれる端末は「機能が限定され一部のサービスに対応していない」という印象と「独特のインターフェイス」「設定方法」なのでサポートがかえって難しいので、正直「おすすめ」していなかったのですが、2020年「ワイモバイル」から「かんたんスマホ2」という、今まで足りていなかった機能が大幅に改善された端末今けっこう「好評」との事です。


「物理ボタン」で「通話」「メール」「LINE」などにアクセスできるので「スマホデビュー」者向け機種にはおすすめできるかも知れません
こうした「キッズ向け」「機能限定」端末の多くが「ZTE」「ファーウェイ」といった「海外メーカー」でしたが、この「かんたんスマホ2」「ガラケー・フィーチャーフォン」時代からの利用者も多い安心な国内メーカー「京セラ製」「OS」のバージョンの問題で利用できなない機種も多い「LINE」にも対応しています。


ym-kansuma-001

画面サイズ「5.6インチ」と大きめで「目にやさしいサイズ」で、今まで問題のあったサポートに関しても、簡単な「FaQ」を端末自体で答えてくれる「サポートボタン」を搭載し、その場で解決できるように対応されているのも大きな「改善点」です。



今回の「目玉機能」として標準で「迷惑電話チェッカー」機能が搭載、さらに「自動通話録音」機能もあり、最近出現してきた「携帯電話番号への振り込め詐欺」「迷惑営業電話」対策もしっかりとられている点も見逃せません。



また、「ワイモバイル」の場合、他社では「追加オプション」がほとんど「無料通話」も「10分以内の通話ならかけ放題」も標準契約に含まれているので「料金体系を把握しやすい」点も「選択のポイント」として「スマホデビュー」には使いやすいブランドかも知れません。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】3ヵ月遅れで「Rakuten MINI」到着!ー開封報告



【製品レビュー】3ヵ月遅れで「Rakuten MINI」到着!ー開封報告

raku-mini-008

2020年6月8日に注文が確定してから、約3ヵ月弱、すっかり忘れていた9月17日に届いた「Rakuten MINI」

届くまで「様々な情報・噂」が流れていて、一抹の不安もありました「開封」「設定」してみた感想を報告します。

私の周りでもここ数日で端末が届いているとの報告が来ています。


とりあえず「テザリング」「おサイフケータイ」専用にして様子を見てみます
raku-mini-002

内容物は「端末本体」「充電器」「充電ケーブル(USB Type-C)」「Type-C⇒イヤホンジャックアダプタ」および「説明者」のセットになっています。



製品のスペックとしては「1280X720pのHD液晶」「3.6インチ」という思ったよりコンパクトなサイズで重量も「79.3g」という持ち歩いている事自体忘れてしまうくらいの一時期かなり小型化が進んだ「ガラケー」を彷彿させるミニスマホ、という印象です。

raku-mini-003

あらかじめ接着されている「液晶保護フィルム」かんたんにはがれるような「安物」ではなく、とりあえずはこのまま使用できそうです。

raku-mini-004

「セットアップ」は、Android端末にありがちな、メーカー独特な設定方法で、本人認証は「Windows10」と同じような4桁「PINコード」認証が標準で、最近の「iPhone」で採用されているような「顔認証」「指紋認証」には対応されていないようです。(アプリによって顔認証できるとの情報もありますがまだ確認できていません)

raku-mini-005

ホーム画面は「縦スクロール」で次々アプリアイコンが表示される「独特なインターフェイス」で、慣れるまで操作に戸惑うかも知れません。

raku-mini-006

今回この「Rakuten MINI」を購入した目的として「NFC」「Felica(フェリカ)」対応なので「電子マネー」「QRコード決済」「ポイント」アプリをひとまとめにして「おサイフケータイ専用機」として使用する事。

raku-mini-007

さらに先立つ多くのユーザーが便利だとしている「ポケットWiFi」としての利用期待しています。



「液晶保護フィルム」はとりあえず問題なくしばらくは使えそうなので、次はケース選びなのですが、「市販の汎用ケース」だと「大きすぎる」感がありいろいろ探してみましたが、結局手持ちの「ウォレット・カードケース(GUで購入)」にスッポリと収まるので、文字通り「おサイフ代わり」としてこれから「検証」できそうです。

raku-mini-009

「バッテリー持ちが悪い」「通常使用には画面が小さい」などメインの機種として使うにはやや厳しい面が多い意見もあるようですが、確かに「テザリング」するとバッテリーが「激減」する感は否めません。

正直、朝100%でも、「テザリング」30分程度使用しただけで夜21時あたりで50%まで減ってしまいます

最小サイズの端末なので、ある程度覚悟しておいたものの、新品端末なのに「モバイルバッテリー」必須なのはどうかな、という感じはします。


もっとも「キャッシュレス」に重点を置くと考えれば、「おサイフケータイ」は電池が切れても使えるので、電池もちが悪かろうと問題なく、画面が小さくても残高さえわかれば問題ないので「デジタル財布」
として期待できそうです。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク