セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

AndroidTV

Amazon「Fire TV Stick」の動作が不安定になったら


Amazon「Fire TV Stick」の動作が不安定になったら

Fire-stick-ooo

最近、仲間うちで「Fire TV Stick」で「読み込む反応が遅くなった」「ネットワークが頻繁に無効になる」という声が多数あり、我が家でも思い当たるところがあり、Amazonの「レビュー」をみているとやはり、こうした声もあがっているようですが、正直Amazon側からの「満足のいく回答」も見受けられない感じです。

ちなみに、我が家の場合では、こうした症状があるときは、一度「電源を落とし」→「スティックを抜き指しし直し」することで「正常化」することも多いようです。
今後「4Kコンテンツ」が増える事も考慮しても「2,000高い」「4K」タイプを購入したほうが無難かも知れません


ちなみに、「ネット上の声」では、2,000円高い「Fire TV Stick 4K」に交換したところ、読み込みが断然速くなったという声も多く、おそらく「旧モデルの改善は見込めないだろう」との見方が多いようです。

また、最近販売されているテレビについては、標準で「Netflix」「Amazonプライムビデオ」「YouTube」に対応している製品も増えてきているので、新たにテレビ購入を検討されている人は、こうした「スマートテレビ」も選択肢に入れてもよいかも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Chromecast」で正式に「Amazonプライムビデオ」が対応されるように


「Chromecast」で正式に「Amazonプライムビデオ」が対応されるように

amazon-chrome-000

「Amazon」と「Google」の和解から順次、お互いのハードで「アプリ」を使えるようになっています。

2019年7月18日、Googleの「Chromecast」用の「Amazonプライムビデオ」アプリが公開されました。

↓今までPCの「Chromeブラウザ」の「裏ワザ」を使うしかなかったのですが「画質がイマイチ」「途中で再生がフリーズ」したりしていましが・・・

PC
従来でも「裏ワザ」を使って視聴できない事はなかったのですが、「画質」「安定性」について「FireTV」にかなり近く感じます
amazon-chrome-001

「Android」用アプリは以前から、少しずつ実験的に表示されていたようですが「iPhone/iPad」用の公開で「本格的」に対応された模様です。




画面右上に「キャストマーク」が表示されますので「タップ」すると。

amazon-chrome-003

「デバイスにキャスト」に「キャスト名」が表示されますので「タップ」すると、テレビ側に「キャスト」されます。

amazon-chrome-004

amazon-chrome-005

以前の「裏ワザ」を使った場合、「HD画質」でも「SD画質」並みになってしまったり、「再生が途中で停止」してしまったりする事がありましたが、この「専用アプリ」を利用すると「FireTV」とほぼ同様に感じます。

グーグル クロムキャスト2 Google Chromecast クロームキャスト ワイヤレス ディスプレイアダプタ HDMI 2.4GHz 5GHz Wi-Fi ストリーミング 音楽 動画 映像 HDMI
by カエレバ


新型 Amazon Fire TV Stick ニューモデル アマゾンファイヤーtvスティック ファイヤースティックtv YouTube Amazonビデオ アマゾンビデオ Netflix hulu 映画 海外ドラマ ファイヤtvスティック ファイアtvスティック
by カエレバ









家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

10万円切りの「NEO格安4Kテレビ」が登場


10万円切りの「NEO格安4Kテレビ」が登場

4k-pix

「NEO格安テレビ」とは、「ハイセンス」や「ピクセラ」などで製造されている、従来の「格安4K」と違い「AndroidTV」に対応していたり、大手メーカーとの共同開発した「高画質エンジン」を搭載していたりと、性能の向上に意欲的な製品です。

2011年の「地デジ化」の際に購入したテレビの「買い替え」需要に注目されています。

ここに来て店頭でも40型以上は「4K」しか見かけなくなりましたね



新4K衛星放送対応チューナーを内蔵し、AndroidTVを搭載、「YouTube」などの4Kネットコンテンツも手軽に視聴できるほか、「Googleアシスタント」による音声操作も可能です。


【4Kチューナー非搭載】ながらも「高コスパ」



このクオリティであれば、40型以上のサイズであれば、もはや4Kテレビ導入を躊躇する理由はないかも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



いよいよ「4K対応チューナー」単体が店頭に並ぶようになった


いよいよ「4K対応チューナー」単体が店頭に並ぶようになった


4K-cn-px

2018年12月1日より放送が開始された「4KBS放対応チューナー」がやっと店頭に並びはじめました。
チューナー非搭載の4Kテレビを購入出した人には「朗報」ですが・・・
2018年12月初旬現在、店頭で在庫が確認されたのは、PIXERAPanasonicの2社の製品。

東芝、SHARP、SONYでも発売されているようですが、「様子見」なのか「お取り寄せ対応」のようです。

4K-cn-pa

今後、DXアンテナ、IODATA、マスプロなども順次発売の予告がされています。


さすが「専用機」なだけあって、各社、BS4Kだけではなく、「AndroidTV」も搭載されており、「Netflix」「Prime Video」などにも対応しているのもうれしい機能です。

4Kパネルだけの「格安4Kテレビ」をいち早く購入した人には、待ちに待った製品かも知れません。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


あえて「4K対応チューナー非対応」テレビも「安くて綺麗でコスパ良し」で意外と好評


あえて「4K対応チューナー非対応」テレビも「安くて綺麗でコスパ良し」で意外と好評


sony-4k

2018年12月1日より始まったばかりの「BS衛星放送による4K放送」ですが、「やはり」というか「予想通り」というか「コンテンツが貧弱で観たい番組がない」スタートになってしまった感があるようです。

NHK始め民法各社の放送を「地デジ化時」と同様「ニュース」や「通販番組」が中心で、元の映像が4Kではない「映画」や「ドラマ」の再放送など、正直お金をかけて「4K化」したメリットを感じるのは、「WOWOW」くらいしか見当たらない印象です。

「Netflix」や「Amazon Prime Video」などに対応していれば、あえて「チューナー内蔵」にこだわる必要はない?
対して、有良なコンテンツが充実しているのが、ネット環境が必要ではあるものの「Netflix」を始めとする、「映像サブスクリプション配信サービス」。

これらに対応いている「4Kチューナー非対応テレビ」が、現在新発売の「4K対応チューナー内蔵テレビ」の登場により、比較的価格もリーズナブルになりつつある傾向のようなので、今現在の「4K視聴」を楽しむなら、「お手頃価格」かも知れません。


「4Kテレビ市場」では一強の感がある、東芝「REGZA」をおさえて台頭してきたのが、かつてのテレビの覇者、SONYの「BRAVIA」。

「Android TV」を内蔵しており、都度アップデートされる機能がついているので「映像サブスクリプション」にも当然対応しているので安心です。


通常のHD番組でも「4Kアップコンバート機能」により、4Kとまではいかないものの、結構な画質で「それなりに」視聴できるのもうれしいところです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク