セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

Chromecast

【トラブル解決】「Brave」ブラウザで「Chromecast(クロームキャスト)」が接続できなくなったとき試してみる事


【トラブル解決】「Brave」ブラウザで「Chromecast(クロームキャスト)」が接続できなくなったとき試してみる事

brave-c-c-000


「YouTube」などの「動画配信サービス」に付きものの「動画内広告」を「カット(完全ではないが)」してくれる便利な、PC用ブラウザ「Brave(ブレイブ)」ですが、時折「Chromecast」による「テレビ画面で再生(キャスト)」機能が「無効」になってしまう事があります。

こうしたトラブルも「設定の変更」で「有効に戻す」事が可能なケーがありますので、手法を「解説」してみます。

もし「無効」になってしまった時、試してみて下さい。




「非公式」な手法のためか「度々」接続が無効になるケースがありますが、概ねこの手順で回復できるようです

ブラウザ画面右上の「・・・」(設定マーク)で「プルダウンメニュー」→「設定」


brave-c-c-003


「設定」画面内左メニューの「拡張機能」を選択します。


brave-c-c-002


右枠内の「Media Routter」の欄を「オン」にします。


brave-c-c-001


さらに以上の「設定変更」を行い「ブラウザ」自体を「再起動」させれば「キャストを有効化」できるようになります。

概ね、この手順で「回復」できるようです。


度々この様な「設定変更」が必要なのは「面倒」なところですが、そうした不便さを「差し引いて」「便利」なブラウザである事には変わりないので「頑張って使い続けたい」ものです。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】広告非表示ブラウザ「Brave」-「クロームキャスト」を使って「テレビ再生」できるのか?(スマホ・タブレットアプリ版)


【検証】広告非表示ブラウザ「Brave」-「クロームキャスト」を使って「テレビ再生」できるのか?(スマホ・タブレットアプリ版)

brave-suma-001


前回「PC版Braveブラウザ」から「クロームキャスト」を使用して「テレビ画面で再生」する方法を解説しましたが、今回は「スマホアプリ版Brave」からでも「キャストが可能」である事も確認できましたので、その手順も「情報共有」します。





「PC版」に比べて「クセ」「再生に時間がかかる」ものの「クロームキャスト」は有効でした

Brave - 広告ブロック・ウェブブラウザアプリ
Brave - 広告ブロック・ウェブブラウザアプリ
開発元:Brave Software
無料
posted withアプリーチ


「iPhone」「Android」どちらでも「対応」されていますが今回は我が家の「IPhoneSE(2020)」「検証」してみました。


brave-suma-002

アプリそのままの状態では「クロームキャスト」に対応されません
ので画面右上の「三」タップ「PC版サイト」を「有効」にします。


brave-suma-004


すると「PC版画面」に切り替わるので「表示が小さくなる」ので見にくいかもしれませんが「再生画面右下」「キャストマーク」が表示されますのでタップします。

このあたりの操作が「けっこう微妙」なので「最初は戸惑う」と思います「慣れる」しかないでしょう。


brave-suma-005


上記の操作が上手く行けば「クロームキャスト」の「割付けたデバイス名」が表示されます。

あとは「タップ」すれば「テレビ画面で再生」できるのですが・・・。



brave-suma-006


この辺「PC版ブラウザ」と違い「キャスト」するのに「けっこう時間がかかる」印象があります。


brave-suma-007


とはいうものの「一度接続」してしまえば「連続再生」など「本家Chrome」と同じように「動作」してくれるようなので「広告非表示」で「テレビ再生」を楽しむ事が可能という「検証」ができました。

なお、Amazonオリジナルタブレット「Fire HD」の場合、搭載されている「FireOS」用には「Brave」が、2021年9月現在、対応していません。

「非公式な手法」で使えない事もなさそうですが、「端末の保証」含めあまり「お勧め」はできません。

もっとも「タブレット」であれば「動画」は「端末で観る」ほうがきれいで便利だと思われます。

↓「FireOS」用の「広告ブロックブラウザ」も公開されていますので「Brave」が正式対応されるまでこうしたブラウザを利用するのも「お勧め」です。








(参考製品)





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】広告非表示ブラウザ「Brave」-「クロームキャスト」を使って「テレビ再生」できるのか?(PC版)


【検証】広告非表示ブラウザ「Brave」-「クロームキャスト」を使って「テレビ再生」できるのか?(PC版)

brave-cast-001


「YouTube」など「動画配信サービス」「再生開始前や途中に挟まる広告」「非表示」にしてくれる「PC用」の便利なブラウザ「Brave」ですが、このまま「クロームキャスト」を使って「テレビの大画面で再生」できたら「ストレスなく動画視聴」できると思いませんか?。

そこで「PC用」向け「Brave」「テレビにキャスト」できるのか「検証」してみました




ブラウザの根幹部分として「本家Chrome」と同じ「Chromium」エンジンを使用しているので「多少もたつく」ものの「使用可能」でした

「Braveブラウザ」多数の「OS」に対応されていて、今回は「Windows10」「ubuntu」マシンを使って「検証」してみました。残念ながら自宅に「Mac」マシンがないので「未検証」です。





「Brave」
ブラウザは「Google Chrome」と同じ「Chromium」という「基本システム」を使用して作られているので「インターフェイス」自体は異なるものの、「ほぼ同じ」ような事はできそうです。

「キャスト」するには「Chrome」同様、ブラウザ右上の「設定(三本線マーク)アイコン」→「キャスト」と進みます。


brave-cast-002



すると「再生画面」の右下に「キャストアイコン」が表示されますので「クリック」すれば「接続されている機器名が表示」されますので再度「クリック」すれば「Chrome」ブラウザ同様「テレビ画面で再生」できるようになりました。


brave-cast-004


ただし「気のせい」かも知れません「Chrome」からに比べ「若干反応が遅い」ように感じますが、ちゃんと「再生」してくれています。

ちなみに「YouTube」「Gyao!」ですと「ほぼ広告カット」できている印象ですが「TVer」の場合「カットできたりできなかったり」「あまり期待できない」かも知れません。

もっとも「広告ありき」サービスですので「仕方ないといえば仕方ない」のですが・・・。


「YouTube」「広告カットできない時」試してみて下さい。




↓「スマホ版Brave」20210907「検証」してみました





(参考製品)








家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「NHK+」地デジのみですが「ネット同時配信番組」を「Chromecast(クロームキャスト)」でテレビ画面で観る


【検証】「NHK+」地デジのみですが「ネット同時配信番組」を「Chromecast(クロームキャスト)」でテレビ画面で観る

nhkplus-0000


「NHK」「地デジ番組」(総合・Eテレ)PCのブラウザ「スマホ・タブレット端末
のアプリ」
「受信料不要」で「リアルタイム視聴」できるのが「NHK+(プラス)」というサービス。

もちろん自宅などで「NHK受信契約」をしている場合は「追加料金なし」「リアルタイム視聴」のほか、一部の「見逃し視聴」などのコンテンツも楽しむ事も可能です。


nhkplus-008




基本的に「PC」や「スマホ・タブレット端末」で「NHKの地デジ」番組を視聴するためのサービスですが、「B-CASカード」がないテレビ(海外から持ち込んだもの)や「地デジチューナーが入っていないPC用モニター」「Chromecast(クロームキャスト)」を介して「NHK+」のコンテンツを視聴できるか「検証」してみました。


↓「似たサービス」



リアルタイム視聴するだけなら今のところ「受信料不要」-という事は・・・

↓「NHK+」公式サイト




↓「スマホ・タブレット」用アプリ

NHKプラス
NHKプラス
開発元:NHK (Japan Broadcasting Corporation)
無料
posted withアプリーチ

↓「iPhoneSE(2020)」にインストールしてみました。


nhkplus-004


nhkplus-005


「Chromecast」でテレビ画面にキャストできるのは「PC版Chromeブラウザ」からのみのようです。


nhkplus-000


「設定」→「キャスト」→「デバイス名(下の画面ではベッドルーム)」を選択します。


nhkplus-003


無事「テレビ画面にキャスト」できるようです。


nhkplus-006


「YouTube」などと同様「PCに表示された画面のままキャスト」されますが。


nhkplus-002

「動画再生枠」「全画面」をクリックすれば「全画面表示」が可能です。

「画質」「テレビ」に合わせ「基本1080p」再生できました。


nhkplus-007


とまあ「Chromecast」で再生できる事は確認できましたが、国内で入手できるテレビには「B-CASカード」で「地デジ」視聴できる事が前提として販売されていますので、この機能を使う場面は「海外生活から持ち帰ってきた国外仕様のテレビ」「テレビ」を所持していないが「PC」用の「大型モニター」に「HDMI端子」が対応されていて、一緒に「YouTube」や「Netflix」なども楽しみたい「ときたまニュースなど観たい」という用途であれば「知識として覚えておけばテレビが壊れた」ときなど「テレビ代わり」として利用できるかも知れない、という印象です。


(参考製品)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】PC内動画を「FireTV Stick」でテレビにキャストする-「VLC for Fire」


【検証】PC内動画を「FireTV Stick」でテレビにキャストする-「VLC for Fire」

fire-vlc-000


Google「Chromecast(クロームキャスト)」を利用してPC内の「VLCメディアプレイヤー」で再生した動画をテレビ画面に「キャスト」する方法を以前紹介しましたが、「Amazon Fire TV Stick」の設定をいじっているうちに、偶然「VLC for Fire」なるアプリを発見し、「試しにインストール」してみたところ、思わぬ方法で「PC内動画をテレビにキャスト」できてしまったので、その経緯を報告します。

↓以前の記事はこちら



これができれば「FireTV Stick」「Chromecast」どちらでも使える機能は大方変わらないかも知れません

FireTV Stick」
「VLC for Fire」をインストールするにはまず「ホーム画面」上の「アプリ」に入ります。


fire-vlc-001


「アプリ」→「写真・カメラ」内に「VLC for Fire」というアプリが格納されています。


fire-vlc-002


他の「Fireアプリ」同様、選択すれば「インストール」画面に進みます。


fire-vlc-003


インストールしてから「動画をキャスト」する手法が「Chromecast」と違うところで、考え方としては「Chromecast」の場合「PC内で再生している動画をそのままテレビに飛ばしている」仕組みに対し、「FireTV Stick」を使用する場合「DLNA対応機器」と同様「PC側をサーバー」「FireTV Stickがクライアント機器」として作動する仕組みになっているという点。


fire-vlc-004


画面左メニュー「ブラウジング」→「ローカルネットワーク」WiFiネットワーク内に繋がれた対応機器一覧が表示されます。


fire-vlc-005


ここで接続された機器を選択するのですが、同じ機器名でも「smb」「upnp」の表示2つに分かれていますが「upnp」「サーバ」になるようです。


fire-vlc-006


「サーバ」内に入ると「ビデオ」「ミュージック」等「VLC for Fire」で再生できるファイルの「フォルダ」が表示されますので、それぞれのフォルダをたどって「再生したいファイルを見つけて」下さい。


初回接続するまで「けっこう時間がかかる」ので「失敗か?」と心配になりますが、一度接続してしまえば、次回から「スムーズ」に起動できるようです。


fire-vlc-007


こうした「サーバ」「クライアント」方式は少し理解しずらいと思うかも知れませんが、かんたんに言うと「YouTube」などの「ネット動画」を視聴するのと基本的に同じ仕組みで「YouTube→Googleのサーバ内」をアプリを通して観るのに対し「自分のPC→自分のサーバ内」の動画ファイルをアプリ(この場合VLC for Fire)を通して観るという仕組みとなるわけです。

もっとも一度設定してしまえば「ただ単にアプリを操作するだけ」なので「決して」むずかしいものでもないようです。


(参考製品)








家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク