セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

DVD

【製品情報】安価な「DVDディスク」でも「HD/ハイビジョン番組の録画」は可能ですが・・・



【製品情報】安価な「DVDディスク」でも「HD/ハイビジョン番組の録画」は可能ですが・・・

avcrec-000

現行の「HD・ハイビジョン番組」を録画するには「BD(ブルーレイディスク)」が基本ですが、従来の「DVDディスク」では「SD画質」でしか録画できないと思っている人も多いと思いますが、制限はあるものの、「HD画質」で保存できるケースがありますので、説明してみましょう。


「録画可能」とはいってもせいぜい「1.5倍以上画像圧縮」して約「1時間」の保存が現実的ですので番組を選ぶ必要はあるでしょう
avcrec-001

対応できるDVDディスク「R(1回だけ録画可能)」「RW(繰り返し録画可能)」の2種類で、かつデジタル録画対応の「CPRM」規格とHD/ハイビジョン対応の「AVCREC」規格のDVDディスクになります、テレビ・レコーダーの売り場「TSUTAYA」「GEO」などで販売されているのがこのタイプですので↑写真のような表示があれば大丈夫です。

ちなみに同じDVDディスクでも「PCのデータ保存用」「R」「RW」もあり、けっこう「安価」で販売されていますが、このタイプはほとんど「パソコン売り場」で販売されており「AVCREC」「CPRM」の表示がありませんので、購入の際はお間違えなく。

avcrec-002

録画が可能とはいうものの仮に「1時間」の収録時間ですと「400~500MB」ほど「容量が足りなく」なります「レコーダー」の機能で自動的に番組の「画質」を「1.5倍以上に圧縮」され記録することになります。

avcrec-003

↑「30分番組を2本」録画したディスクの内容はこのように表示されます。

avcrec-004

↑「圧縮」された番組はコンテンツにもよりますが「HD」よりは当然粗く感じます「DVD標準のSD画質」に比べればキレイに再現されるようです。

ただし、「AVCREC」規格のプレイヤーは選択肢が非常に少なく、「ポータブルタイプ」では「高価」な部類に入るようです。

グリーンハウス GREEN HOUSE 11.4型 ポータブルブルーレイプレーヤー GH-PBD11AC-BK ブラック [約7時間 /約3時間(BD再生時) /対応ディスクフォーマット BDMV / BDAV / AVCHD(1.0) / AVCREC / DVD-VIDEO / DVD-VR(CPRM対応)/ CD-DA / データDVD / データCD 対応ディス
by カエレバ
基本的に「ブルーレイレコーダー」であれば、「AVCREC」に対応しているのでこれから「レコーダー」を購入するつもりであれば手っ取り早いのですが、すでに「録画用にHDD」を利用している場合は「再生対応プレイヤー」で対応している機種を利用するという選択肢もあります。
 
DBP-S500 東芝 ブルーレイプレーヤー【再生専用機】 TOSHIBA REGZA レグザブルーレイ

by カエレバ
意外に「PCで視聴したい」という人も多いので紹介しておきますが、予算1万円以上と考えれば「ポータブルBDドライブ」を用意すれば「対応ソフト」を利用して視聴できる機種もあります。

BDR-AD07BK パイオニア USB3.0対応 ポータブルBDドライブ(ブラック)【簡易パッケージモデル】 WEB限定商品の為、パッケージは簡素化
by カエレバ
「約1時間」の収録という事であれば、60分番組1本、30分番組2本の組み合わせになると思いますが、「画質が多少劣化する」ものの「音声」はそのままなので、「アニメ」「バラエティ」「報道番組」など、画質にこだわらない向きならば、あまり気にせず鑑賞できる番組もありますので、コンテンツを選んで保存するのも良いかも知れません。

個人的には、30分ものの「音楽番組」「タ〇リ倶楽部」「前後編」など1枚にまとめて楽しんでいます。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


単身者向けテレビ-「FUZE」の14インチDVDドライブ内蔵ポータブルテレビ



単身者向けテレビ-「FUZE」の14インチDVDドライブ内蔵ポータブルテレビ

p-tv-000


現在、ほとんどのメーカーで生産されていない「14インチ」サイズで「HDMI」「AV」入力端子を備えている「自分の部屋専用」のテレビ・モニターとして購入を検討しているタイプの製品です。
「チューナー」は地デジワンセグ・フルセグしか内蔵していませんが「CPRM対応」DVD再生に対応しているので「ポータブルテレビ」として割と便利、一台あると重宝します
fuze-000

本来「ポータブルテレビ」として販売されているのですが、形状として「14インチサイズ」の上「据え置き型」なので「セカンドテレビ」としては使えそうな感じです。

電源として、内蔵バッテリー、ACアダプター、カーアダプターの3電源対応されていて、屋内・自動車内・屋外とシーンに合わせて電源を使い分けることができとのことですが、サイズ的に持ち運ぶには難がありそうです。

接続端子として、
AV出力端子、HDMI入力端子、AV入力端子が付いているので「ゲーム機」「クロームキャスト」「FireTV」などのモニターとしても使えそうです。

画面としては「HD」対応ですが「14インチ」であればサイズ的に凝縮されているので「SD画質のDVD」メディアも結構きれいな画質で視聴できるようです。

もちろん、他の「BDレコーダー」などで録画した「地デジ」「BS。110°CS」番組など「CPRM保護」されているディスクや「SDカード」「USBメモリー」にも対応しているので、見た目よりモニターとしての使い勝手は良さそうです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由ー「DVDソフト」の画質の粗さが目立つ



「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由ー「DVDソフト」の画質の粗さが目立つ

4K-DVD

「動画サブスクリプションサービス」全盛の現在、「DVDコンテンツ」が結構「割安」で入手可能で「今が買い」的な雰囲気ではありますが、「フルHDテレビ」ではあまり気にならないのですが、「4Kテレビ」で視聴すると結構「画質の粗さ」が気になるケースを感じます。
「24倍」もの引き伸ばしになるのでどうしても「イマイチな画質」になってしまうのは致し方ないところ?
基本的に「DVD」「SD画質’(720ドットX480ドット)」なので、「24倍(3840ドットX2160ドット)の4K画質」「4Kテレビ」で再生すれば当然「24倍の引き延ばした」画像になるのでどうしても粗いところが目立つのは致し方ないところ。

多くの「4Kテレビ」で4K以外のコンテンツを4K画質に近づける「アップコンバート機能」が搭載されていますが、この機能あくまで「地上波」などの「HD」「フルHD」に対応しているものなので「SD画質のDVD」ですと、もともとの「ノイズ」が目立ったり、「解析度不足」が気になりやすくなります。

「過去の音楽ライブ映像」「デジタルリマスターされた旧作の映画作品」などはあまり気になりませんが新作の映画(とくにアニメ作品に感じる)、自然の景色、最新映像効果をふんだんに使用しているコンテンツですと「映像の落差」がかなり感じられるようです。

新たに「4Kテレビ」を購入する際、「お気に入りのコンテンツ」などは「ブルーレイ」などに「買い替える」という選択肢「コレクションを充実」させる手段かも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

PCの「DVDマルチドライブ」で読み込まないDVD、CDのディスク



PCの「DVDマルチドライブ」で読み込まないDVD、CDのディスク

DVD-drive

よく、自分でBDレコーダーなどで「番組をダビング」したDVD正規販売されている、「セル版」「レンタルDVD」、PCの「DVDドライブ」で再生できない、という相談を受けます。
「テレビ放送」を録画した「CPRM」は基本的に認識しません
基本的にBDレコーダーなどでテレビの「デジタル放送」を記録する場合、「CPRM」と呼ばれる「著作権保護プログラム」が一緒に書き込まれるため、現行の「BDレコーダー・プレイヤー」「ポータブルDVDプレイヤー」など、「CPRM対応」と表示のあるドライブであれば、「再生可能」ですが、アナログ全盛期の「DVDプレイヤー」の一部や、PC用の「DVDマルチドライブ」では、「CPRM」には「非対応」なので、当然「再生」など、DVDディスクとして認識されないようです。
「レンタル版」はほぼ対応あれているようですが、「セル版」など一部認識されないディスクも存在します
「TSUTAYA」「GEO」など、「レンタルDVD」のほとんどのディスクはほとんど「再生」可能なようですが、「セル版(特に音楽ライブ作品などに多くみられる)」の一部「強力なプロテクト」がかかっていて、PCでは再生できないディスク個人的感覚では、10枚のうち、1枚ほどの割合であるように感じます。
現行のPC用ドライブであれば「プロテクト音楽CD」も読み込めるようです
「iPod」「デジタルウォークマン」が販売された頃、「CBSSONY」「エイベックス」などの「音楽CD」でも「MP3」「AAC」化されないよう「PCのドライブ」で読み込めない時代もありましたが、現行の「DVDマルチドライブ」であれば、こうしたプロテクトのかかったCDもちゃんと「読み込んで」くれるようです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「ブルーレイ」より低画質の「DVD」がいまだメインな理由は?



「ブルーレイ」より低画質の「DVD」がいまだメインな理由は?


bd-dvd

「DVD」の次世代規格で、「HD解析度」で、SD解析度の「DVD」よりも画質の良い「ブルーレイ」ですが、レンタルショップも含め、何故か「主流」になりきれていない印象がありますよね。
「ブルーレイ再生機」の普及率の低さと「ネット配信」の手軽さに負けているのか?
「ブルーレイソフト」「HD画質」で解析度1920X1080ドットで、「SD画質」解析度720X480ドットの「DVDソフト」に比べ、あきらかに画質の差は瞭然であるのにもかかわらず、「ブルーレイ」の時代を超えて「配信4k」にとって代わられそうな雰囲気です。

理由としていくつか考えられるのは、「テレビ側の疑似HDアップコンバート機能(REGZAエンジンなど)」で結構な画質でDVDソフトを視聴できる点。

「DVD再生機」がかなり普及しており、安いものだと、3,000円台から手に入ること、一方、HD番組をブルーレイに録画できる「BDレコーダー」もほとんどのユーザーが「テレビにHDDを接続して録画して楽しむ」ことが一般的で、テレビやレコーダーが「ネット対応」していて「Netflix」や「Amzon Prime Video」「YouTue」などで「4K・HD番組」を視聴できる環境であれば、わざわざ「ブルーレイソフト」を購入したり、レンタルする頻度も少なくなるかも知れません。


また、PCでも「Windows10」でも「外付けBDドライブ」で対応するしかなく、「Mac」に至っては「正式には対応していない」(ただし、ドライブ・ソフトによって対応できる場合もある)ので、
必然的に「ネット配信番組」に頼るのが現状のようです



現状のこれらの環境では、画質・音質のメリットも、必ずしも「ブルーレイ」でなければならない訳でもなくソフトの販売価格も約1,000円ほど高く(レンタルの場合もそれなりに割増料金)、いまいち普及できないのも「原因」のひとつともいえそうです。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク