セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

PrimeMusic

【検証】Amazon Prime Musicの「ポッドキャスト」の再生方法がわかりにくい件



【検証】Amazon Prime Musicの「ポッドキャスト」の再生方法がわかりにくい件

am-pc-000

2020年注目を集めている「音声メディア」の代表格「ポッドキャスト」。

しばらく「iTunes」の独壇場でしたが、「Spotify」で配信が始まったと思ったら今度は「Amazon Music」でも配信が始まりましたが、まだ始まって間もないからか「アプリが更新されたもののポッドキャストの再生方法が分かりにくい」という声もちらほら・・・。

「iOs」「Andorod」「FireHD」「Fire TV Stick」「アレクサ対応デバイス」での「再生」を「検証」してみました。



「Spotify」同様「iTunes」と配信番組数の違いがあるようで「使い分け」が必要かも知れません
既に「Spotify無料版」でも「ポッドキャスト」が聴けてるのでいまさらどうかと思っていましたが「Spotify」の場合「無料版は月15時間」という縛りがあるので「ポッドキャストで月15時間はあっという間」に使いきってしまうので「プライム会員」特典ではあるものの「Amazon Music版には時間制限がない」点も見逃せず「音楽コンテンツ」プラス「ポッドキャスト」アプリを「一本化」できるので「使用頻度」によっては使いでがあるサービスかも知れません。

ただし、アプリを立ち上げても「ポッドキャスト」の項目が見当たりませんので「困惑」してしまいます。

am-pc-001

「ポッドキャスト」の場所はアプリの画面下の「見つける」をタップすれば「検索メニュー」内に追加されています。

am-pc-002

するとやっと「ポッドキャスト」らしいメニュー画面が表示されます。

am-pc-004

すると他の「ポッドキャスト」アプリ同様「再生」「エピソードのダウンロード」が可能になります。

am-pc-003


ところが同じAmazonデバイス「FireTVStick」のアプリ画面では、一見「対応されていないように見える」のですが「アレクサ」で話しかける方法で聴取する事ができました。

am-pc-005

方法としては「リモコンのマイク」に「アレクサ、ポッドキャストの〇〇〇(番組名)をかけて」と話しかけます。

am-pc-006

すると「はい、アマゾンミュージックでの〇〇〇(番組名)を再生します」とテレビ画面にキャストされます。



「Spotify版」にも言える事ですが、「非対応の番組がある」ので番組によっては「使い分ける」必要があるかも知れませんので、サービスとしては「これから」といったところでしょうか。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

Amazon Prime Music(Unlimitedではないプライム特典)の対象楽曲が約200万曲に拡大



Amazon Prime Music(Unlimitedではないプライム特典)の対象楽曲が約200万曲に拡大

8a3b99663cad2103cf3fb53651213ecf_s

同様の「音楽サブスクリプションサービス」としては「Spotifi」に次ぐ利用率と言われる「Amazon Prime Music」「プライム会員特典版」ですが、以前は約「100万曲以上配信」と有料版の「Amazon Prime Music Unlimited」にアップグレードして欲しい戦略なのか「楽曲数が抑えられていたり」「オルゴール曲」や「他アーチストによる歌唱・演奏」で「楽曲が水増し」されているという指摘がされていましたが、Amazon側としての答えがコレなのかも知れません。


「話題作」「人気アーチスト」をおさえつつあるようですが「プライム会員特典範囲内」なら我慢できる楽曲数かも・・・
今回の「提供楽曲数アップ」については、他の「音楽サブスクリプションサービス」でも「キラーコンテンツ」と言われる日本発のアーチスト、Perfumeベストアルバム「Perfume The Best P Cubed」BABYMETALの新アルバム「METAL GALAXY」、Offciaal髭男dismのファーストアルバム「Traveler」などの「ボーナストラックなど一部楽曲を除く楽曲」、2018年話題になった映画「ボヘミアン・ラプソディ」や、ディズニー「アラジン」「ライオン・キング」サウンドトラックアルバムなども「プライム特典」内で楽しむ事ができるので、「音楽サブスクリプションサービス」を試してみたい向きには「体験版」として利用してみるのも良いかも知れません。







サブスクに慣れてきたら「プライム会員」であれば、月額980円が「会員特典月780円」になる他、「30日間無料キャンペーン」もありますので検討する価値はあるかと思います。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

今年も「Amaon Music Unlimitd」-「4カ月99円聴き放題キャンペーン」が始まりました



今年も「Amaon Music Unlimitd」-「4カ月99円聴き放題キャンペーン」が始まりました


aamapra-m-000

今年も、7月15・16日、Amazon恒例の「プライムデー」に合わせて「Amazon Music Unlimited」「4カ月99円聴き放題キャンペーン」が行われます。



もちろん既に「プライム会員」であれば、「会員特典」で、ある程度「PrimeMusic」が聴く事ができるのですが、「Unlimited」サービスですと、「Spotify」などと同様、約40,000曲以上の楽曲、「プレイリスト機能」「リコメンド機能」「端末へのダウンロード」にも対応できるので、この機会に「お試し」してみるのもいいかも知れません。
「プライム会員特典」でもある程度利用は可能ですが、「提供楽曲数」が圧倒的に違うのでこの機会に試してみては
この「キャンペーン」「プライム会員」が対象になるのですが、まず「プライム会員」登録をすれば、「Amazon Music Unlimited」のキャンペーンに登録できるようになります。



「音楽サブスクリプションサービス」も様々提供されていますが、お好みの音楽ジャンルにより、「向き、不向き」が確かにあるようなので、サブスクリプションサービスの「選択肢」のひとつとして、体験してみるのも良いでしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「プレイリストおじさん」-「MP3+m4a混載プレイリスト」を作る



「プレイリストおじさん」-「MP3+m4a混載プレイリスト」を作る


pm-pl-000

私のスマホには、MP3再生用に「Google Play Music」、「音楽サブスクリプション」として「Amazon Prime Music」アプリをそれぞれインストールしていますが、「サブスク」の楽曲は「専用アプリ」でか再生できないので、それぞれ切り替えて聴くしかないと思い込んでいましたが「Amzon Prime Music」アプリでも、端末内の「MP3ファイル」が再生できるので、「MP3+サブスクのm4a」混在の「プレイリスト」を試しに作ってみたところ、意外と簡単に作成できたので、その方法を紹介します。
Amzon PrimeMusicアプリなら「MP3+m4a」混載して認識して「プレイリスト」が作成できます



Google Play で手に入れよう

こんな感じの「混在プレイリスト」「Amazon Prime Music」側で作ってみます。

pm-pl-001

注意しなければならない点は「Amazon Prime Music」は、通常の「MP3ファイル」に比べ、かなり「音量が高い」ので、「MP3ファイル」も、なるべく近い音量に合わせる事。

下記の方法で、音量を変換しておきます。




この「MP3Gain」で、Volume「98dB」に変換しておくと、正確とはいえないものの、アプリ側で、適当に合わせてくれますので、「連続再生」しても、あまり違和感なく聴く事ができる印象です。

pm-pl-002

端末内の「MP3」ファイルを追加するには、「Amazon Prime Music」を「オフライン」にすると、楽曲が表示されますので、「プレイリスト」に入れたい曲名の右側の「:」をタップします。

pm-pl-004

次に、操作方法で「プレイリストに追加」タップ

pm-pl-005

既存の「プレイリスト」に追加するには、プレイリストを選択します。

pm-pl-006

画面右上をタップすると、プレイリストの操作が可能になりますので、「編集」を選択すると、「曲順」の変更が可能です。

pm-pl-007

気になる「音質」ですが、個人差があり、それぞれ好みの分かれるところですが、「サブスク」に合わせてくれているようなので、個人的にはあまり違和感なく聴けています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Amazon Prime Music Unlimited」の「3ヶ月99円キャンペーン」2019年1月4日で終了



「Amazon Prime Music Unlimited」の「3ヶ月99円キャンペーン」2019年1月4日で終了


a-p-m-ul-000

「音楽サブスクリプションサービス」の中でも、実質「最安値」で利用えきる「Amazon Prime Music」楽曲がさらに充実した「Unlimited」「3ヶ月99円」キャンペーンが、いよいよ、2019年1月4日で終了になります。



結局「お試し」で終わらず、780/月で継続する予定-Amazonは「商売上手」ですね
私も、このキャンペーンを利用して「お試し」で使ってみましたが、通常のプライム会員向けの「Prime Music」と比べものにならないほど楽曲数が充実しており、プライム会員であれば「780円/月」で利用できるので、「キャンペーン終了後」も継続しようと考えています。



「Spotifi」「iTunes」など他の「サブスクリプションサービス」と比較すると、新曲リリースの配信スタートにバラつきはあるものの、サービスそれぞれといった印象なので、個人的には納得できる範囲です。

a-p-m-ul-001

なお、アーチスト、レーベルによって「サブスクリプション配信」を提供しない楽曲については、どのサービスにも配信されていないようです。

あれこれと音楽を楽しみたい向きには、この機会に「体験」してみてもいいかもしれませんね。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク