セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。

Spotify

【情報共有】「Podcast(ポッドキャスト)」-アプリによって聴けるコンテンツが異なる件


【情報共有】「Podcasts(ポッドキャスト)」-アプリによって聴けるコンテンツが異なる件

20220914-podcast-000

「Podcasts(ポッドキャスト)」とは「インターネットで音声データを配信するサービス」で、「インターネットラジオ」と呼ばれるコンテンツや「その番組自体」を指す「言葉」として「定義」される場合もあります。

「iPod」など「携帯音楽プレイヤーで聞けるラジオ番組」として2000年代に流行しましたが、2022年に入り、「Clubhouse(クラブハウス)」「Twitterスペース」など「音声コンテンツ」が話題になり、「Podcasts」も「再評価」され、国内外で「第二次Podcastsブーム」とも呼ばれる現象が起きています。

「PC」「スマートフォン」「Podcasts」番組を配信する「アプリ」が乱立していますが、それぞれ「アプリ」によって「聴けるコンテンツ数が異なる」ため「複数のアプリを用意」する必要があるなど「少々面倒くさい状況」になっており「ユーザーからの混乱」を招いているようです。

「Spotify(スポティファイ)」「Audible(オーディブル)」では「オリジナル番組」優先で番組数が少ない傾向があるようです

PC(Windows,Macとも)では「iTunes」か「ブラウザ」で「番組HP」経由配信がメイン

「Podcasts」が知られ始めた頃は「PC(パソコン)」の「iTunes」で番組をダウンロードし、「携帯音楽プレイヤー」や「ケータイ」に転送して「聴く」という手法が多く使われていました。

2022年現在でも「iTunes」に加え「Spotify」アプリをダウンロードする事により「一度PCに保存」して「スマートフォン」に「有線」「WiFi」で転送、または「クラウド保存→データ同期」する向きも多いようです。



「Spotify」は「有料」の「音楽配信サービス」ですが、「Podcasts」に限って「無料プラン」で利用する事が可能です。(利用者登録が必要)




スマートフォン(iPhone、Androidとも)では「番組」により複数のアプリ導入が必要なケースも

「スマートフォン・タブレット端末」の場合、「Podcasts対応アプリ」をインストールして利用します。

【Apple Podcasts】
Apple Podcasts
Apple Podcasts
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ
「iPhone」「iPad」であれば、購入時に「プレインストール」されているかと思われる、Appleの「iTunes」を元にした「Podcasts」アプリ。


【Google Podcasts】
Google Podcasts
Google Podcasts

開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ


「Google製」ですが「Android専用」というわけではなく、「iPhone」「iPad」向けアプリも公開されています。

「Apple製アプリ」に比べ、「再生スピード」など「より細かい設定が可能」である反面、若干「対応されていない番組」もあるようです。


【Spotify】
Spotify: Play music & podcasts
Spotify: Play music & podcasts
開発元:Spotify
無料
posted withアプリーチ
「PC版」と同様、「Podcasts」に限って「無料プラン」で利用する事が可能です。(利用者登録が必要)



「Spotifyオリジナル番組」が充実している反面、「Apple」「Google」アプリより番組数が限られてしまいます。

「無料プラン」でも「番組をダウンロード」して「オフライン再生」も可能
です。

【Amazon Music】
Amazon Music: 音楽やポッドキャストが聴き放題
Amazon Music: 音楽やポッドキャストが聴き放題
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ
「Spotify無料プラン」とほぼ同様の使い勝手ですが、「番組数がさらに限られて」いる印象。

Amazonのスタンスとして、Podcastsはあくまで「おまけ」的な扱いのように感じます。





【Amazon Audible】
Amazonオーディオブック - オーディブル
Amazonオーディオブック - オーディブル
開発元:Audible, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Amazonの「オーディオブック」サービス「Audible(オーディブル)」でも「Podcasts番組」が配信されていますが、そもそも「Audible会員(1,500円/月)」向けの「おまけコンテンツ」である上「オリジナル番組」がほとんどで、さらに「古い内容の番組」が目立ち(2022年現在)、「オーディオブック利用者」以外にはあまり「評価」しにくいかも知れません。

 


以上のように「アプリ」により、公開されている「番組」が異なるので、「ひとつのアプリで完結できない」分野のサービスになりますので、聴きたい「番組」により「複数のアプリを使い分ける」必要がありそうです。

また、どのアプリも「インターフェイスが分かりづらい」という弱点がありますので、アプリを乗り換えた際、慣れるまで時間がかかりそうです。


(参考製品)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】「ポッドキャスト」番組を「倍速」で多く聴く


【これは便利!】「ポッドキャスト」番組を「倍速」で多く聴く

podcast-001


「移動時」「ウォーキング」時など「ポッドキャスト」を愛聴しているのですが、興味深い「番組」が多く「聴ききれない」うちにあっという間に「1週間」たってしまうケースが多いのですが、同じ「愛聴者」の中で「1.5~1.7倍速で再生する」手法をとられている人もけっこういるという事で、早速「真似」してみました。


【これは便利!】「ポッドキャスト」番組を「倍速」で多く聴く

「ポッドキャスト」が再生できる「アプリ」はいくつか存在しますが、今まで利用した事のある「Apple」「Google」「Spotify」いずれでも「倍速対応」されています。

今回は「Googleポッドキャスト」で「検証」してみました。


podcast-002


「1.5倍速」から「2倍速」の間で「再生」されている方も多いようですが、個人的には「1.7倍速」「内容が聴き取れる限界」のように感じます。


podcast-003


「Googleポッドキャスト」アプリの場合ですが「無音部分をカット」できますので、体感として「1時間番組が約40分ほどに短縮して再生」できるようです。



「Googleポッドキャスト」

Google Podcasts
Google Podcasts
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

「Appleポッドキャスト」

Apple Podcasts
Apple Podcasts
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

「Spotify」

「音楽サブスクリプションサービス:Spotify(スポティファイ)」アプリでは「無料アカウント」でも「ポッドキャスト」コンテンツに限り「ダウンロード」「オフライン再生」が可能です。

「Spotifyオリジナル番組」が多数配信されているのが特徴ですが「日本国内の配信番組数が少ない」印象です。


Spotify: お気に入りの音楽やポッドキャストを聴く
Spotify: お気に入りの音楽やポッドキャストを聴く
開発元:Spotify Ltd.
無料
posted withアプリーチ



「再生アプリ」によって「対応している・対応されていない番組がある」など違いがありますので「好みの番組が配信」されているアプリを「選択」すれば「使い勝手自体」はほぼ変わりなく「番組を保存」して「オフライン再生」を楽しむ事も可能です。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【トラブル解決!】「DRmare Music Converter for Spotify」で「アルバム内の次の曲しか取り込まなく」なってしまった際、試してみた事


【トラブル解決!】「DRmare Music Converter for Spotify」で「アルバム内の次の曲しか取り込まなく」なってしまった際、試してみた事

spotify-doun-000


音楽サブスクリプションサービス「Spotify」楽曲「MP3」などの「汎用ファイルに変換」してくれるサードパーティ製の「DRmare Music Converer for Spotify」なる「Windows10」用アプリを便利に使っていましいたが、突然アルバム内の次の曲しか取り込まなく」なってしまいました。




「有料アプリ」ではありますが、どうも「非公式」なようですので「何とかして」みました

それまで「普通」に「ダウンロード・変換」できていたのに「対象の楽曲名で表示」されてはいるものの「実際に該当するアルバム・プレイリスト」の「次に再生される楽曲」が取り込まれてしまっています。


spotify-doun-001


何度か「DRmare Music Converer for Spotify」「再生インストール」「試みる」ものの「状況」は変わりません。


spotify-doun-002


そこで「Spotify」自体のアプリを「Microsoftストア」からダウンロードして「再チャレンジ」してみると「以前と同じ」というわけにはいかないですが「3回に1回」程度の割合ですが「何とかダウンロード・変換」できるようになりました。

ただ、「複数まとめて変換」が「ちぐはぐな変換結果」になってしまったりと「ストレス」は感じます。

どうも「Spotify非公式」なアプリのようらしく、「アップデート時期などが一致していない」のでこうした問題が発生するのではと思われます。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【レビュー】「Spotify」楽曲を「MP3ファイル」として「変換・保存」するソフト-「DRmate Spotify Music Converter」


【レビュー】「Spotify」楽曲を「MP3ファイル」として「変換・保存」するソフト-「DRmate Spotify Music Converter」

dr-mate-000


「音楽配信サブスクリプションサービス」も様々「試用」してみましたが、そんな中でも「Spotify」「個人的趣味」に合っている「楽曲数」も多く、「Podcast」番組「オリジナル作品」にも「興味深い」ものもあり「有料版」の契約も検討していたところ「DRmate Spotify Music Converter」なる「Spotify」コンテンツを「MP3ファイル」として「保存」できるツールを発見しました。


↓今回は「Giveaway Of The Day」にて「アップグレード不可」のバージョンを「無料ダウンロード」して「検証」してみました。



数曲まとめて「変換」しようとすると「曲の読み込みズレ」が発生するのが気になりますが、やり直せばちゃんと「ダウンロード」できました




通常、ネットからの「ダウンロード購入」販売での価格「US$39.95」*2021年2月26日現在、「4,236.78 円」となり、「アルバム2本程度の価格に当たる」金額設定になりますので、980円/月の「有料版」を契約するのが「得」なのか「利用するひとそれぞれ」でしょう。

dr-mate-001


「ダウンロード」はこちらから。なお当然ですが「Spotify」がインストールされている事が前提です。




dr-mate-004

「楽曲」の取り込み方法は、まず「Spotify」を立ち上げ「取り込みたい楽曲の欄を右クリック」「シェアする」→「曲のリンクをコピー」して「楽曲URLを取得」します。

dr-mate-003

「DRmate Music Converter」「URL欄」に、取得した「URL」を「貼り付け」て「+」をクリックすると「楽曲の情報」が読み込まれます。

そして右下の「変換」ボタンをクリックすると「MP3ファイル」として「変換」したファイルの保存が始まります。


dr-mate-002


↓この様に「任意のフォルダ」「MP3ファイル」として「保存」されていることが「確認」できます。


dr-mate-005

期待される「音質」ですが「Spotify」で配信されているもの「そのまま」な印象で、「アーチスト」「アルバム」などによって多少バラツキはあるものの、「日本国内」で「公開されていない」「リマスター版」が配信されているなど、様々ではあります「MP3ファイル」として「PCで編集」が可能ですので「プレイヤーアプリ」「イコライザ」など「工夫」すれば「まずまず」な環境で楽しめると感じています。







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】「Fire TV Stick」で「アレクサ」を使って「Spotify」を音声操作する


【これは便利!】「Fire TV Stick」で「アレクサ」を使って「Spotify」を音声操作する

alexa-spo-000

「Fire TV Stick」の「アレクサ」音声操作で「Amazonミュージック」以外の「radiko」や「Podcast」コンテンツの再生方法を以前紹介しましたが、当時「Spotify」アプリについては「有料版」のみの対応という事でしたので「未検証」でした。





ところが、いつの間にか「フリープラン(無料版)」でも「アレクサ」で操作できるようになっているとの「ネットの書き込み」を見つけましたので、操作感など確認、「検証」してみました。




「SpotifyオリジナルのPodcast番組」「音楽プレイリストのレコメンド機能」が続々更新されている「Spotify」ならではの機能「アレクサ」の音声操作で使用できれば、「けっこう便利」かと考えたのですが。

以前は「有料プラン」のみの機能でしたが、現在「フリープラン(無料版)」にも対応、とりあず「使えること」は確かではありますが・・・
alexa-spo-001


「Fire TV Stick」での「アレクサ」操作は「専用リモコン」の「マイクボタン」を押しながら「アレクサ、Spotifyで、○○○を再生して」と話すだけで作動するかと思われたのですが・・・。

「Spotifyの再生はAlexaアプリとのリンクが必要云々〜」というメッセージが出るだけです。

どうも「Fire TV Stick」側では「設定できない」ようです。

手持ちの、Amazon「Fire HDタブレット」にも同時にメッセージが表示されたので「FireタブレットのAlexsa」アプリでの接続を試みましたが、何度トライしても接続できません。


Amazon Alexa
Amazon Alexa
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ


そこで「iPhone」に「Alexa」アプリをインストールして「設定」→「すべてのデバイス」と進むと手持ちの「Alexa対応デバイス」が一覧表示されたので「Fire TV Stick」を選択してみます。


alexa-spo-002


ようやく「Fire TV Stick」に接続されたようです。


alexa-spo-003


↓実際に「(アーチスト名)を再生して」と音声入力すると「単一アーチストのプレイリスト順に楽曲再生」はしてくれますが「ジャンル毎」で指定すると「聞き取れませんでした」「よくわかりません」などと返ってきます。このあたり「Amazonミュージックでの再生」とは「使い勝手」が異なるようです。


alexa-spo-004


↓「Podcast番組」再生も同様「番組名を指定」すると「聞き取れませんでした」「SpotifyでPodcastを再生して」と「音声入力」すると、どういう基準かは定かではありませんが「勝手に番組を選択して再生」が始まってしまいます。


alexa-spo-005




以上、現時点では「使い勝手がイマイチ理解しにくい」インターフェースのようなので、さらに「検証」を深めて行かないと「Spotifyならではのコンテンツ」が楽しめそうにありません。

もっとも、現段階で「アレクサ音声入力」で「Spotify」自体の起動は確認できましたので、とりあえず後の操作は「リモコン」で行う、という「使い分け」もアリかも知れません。







家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク