セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。

iOs15

【これは便利!】意外と使える-「Androidスマートフォン」を見た目「iPhone化」するアプリ「ランチャーiOS15」


【これは便利!】意外と使える-「Androidスマートフォン」を見た目「iPhone化」するアプリ「ランチャーiOS15」

lunch-ios-000


スマートフォン「iPhone」から「Android端末」「買い替える」ケースもあるかと思いますが「初めてAndroid端末」を使う際、当然ながら「インターフェイス」が異なるため「なかなか操作が覚えにくい」場合もあるでしょう。

また、家族に格安の「Androidスマートフォン」を買ってあげたはいいものの「自分がiPhoneした使っていない」ので「使用方法を教えるのに一苦労」された方も多いかと思います。

そんな時に試していただきたいのが「AndroidスマートフォンをiPhoneのように」操作ができるアプリを使用して「見た目iPhone化」する方法。

「設定」や「Appストア」も「ダミーリンク」されている上「電卓」アプリ「ウィジットモード」までこまかく「再現」

「iOS15」「ホーム画面」「パスコード入力」だけではなく、iPhoneで聞きなれた「着信音」まで「再現」させる事も「複数のアプリ」をインストールする必要はありますが、通常の「通話」「メール」「SNS」「ニュース」「天気予報」「Web検索」程度の操作であれば、まず「見た目だけiPhone」とバレないレベルまで「再現」できているように感じます。


「iOS15」風ホーム画面にするアプリ「ランチャーiOS15」

ランチャーiOS 15
ランチャーiOS 15
開発元:LuuTinh Developer
無料
posted withアプリーチ

lunch-ios-001


Androidアプリ 「アイコン」iPhoneサイズの「置き換える」事が可能な上「壁紙」も「iOSと同じものに変更」できます。

lunch-003

「iPhone」同様、アプリが4個表示される「Dock」「再現」。

さらに「左スワイプ」すると「ウィジットモード」が開きます。

lunch-ios-006

アプリの「移動」「削除」「画面のカスタマイズ」まで「ほぼ(あくまでも)」iOS15の「再現」ができました。


「ロック解除」を「iPhone」風にするアプリ「画面のロックと通知 iOS15」

画面のロックと通知iOS 15
画面のロックと通知iOS 15
開発元:LuuTinh Developer
無料
posted withアプリーチ

「画面ロック中」に表示される「通知」「ロック解除のパスコード入力」画面を「iOS15」風に変更するアプリです。

アプリごとの「通知設定画面」までも「iPhone風にカスタマイズ」されています。


「時計表示」を「iPhone」風にするアプリ「iClock」

iClock  – Phone 13 時計, iOS 時計
iClock – Phone 13 時計, iOS 時計
開発元:N-HStudio
無料
posted withアプリーチ
「世界時計」「アラーム機能」「ストップウォッチ」「タイマー」「4機能」を「iPhone風」に表示できるのですが、この機能に限っては「Androidアプリ」の方が「使い勝手」が良いとの評判ですので「両方使ってみて比較選択」してみても良いでしょう。

lunch-004


「iPhone」ならではの「着信音」を鳴らせるアプリ「iRingtone」

iRingtone
iRingtone
開発元:iApp Inc.
無料
posted withアプリーチ
「iPhone」向けの「着信音リスト」が表示され、お馴染みの「iPhone音源」による「電話着信」「アラーム」「通知」「特定の電話着信」音に設定する事が可能です。


以上、手持ちのAndroid端末「SHARP Android S3」(OSがAndroid 10の環境)では上記のように「見た目iPhone化」が、期待通り「再現」が確認できましたが、「Android9」「RakutenMINI」では「インストール」が「一部アプリ」の動作が微妙であり「機種により非対応」なのかも知れません。



(参考書籍)





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】Apple「FaceTime」を「Android端末」「WindowsPC」など他端末とつなげる方法-「iOs15」以降の機種がホストである事が前提


【検証】Apple「FaceTime」を「Android端末」「WindowsPC」など他端末とつなげる方法-「iOs15」以降の機種がホストである事が前提

facetime-000


「iPhone」「iPad」登場時からAppleユーザーにはお馴染み標準搭載のビデオチャット機能「FaceTime(フェイスタイム)」ですが、「Android端末」や「WindowsPC」アプリが存在せず、「Appleデバイス同士」でないと使えないというもったいない機能でしたが、OSのバージョン「iOs15」にアップグレードされた端末から「iPhone」「iPad」を「ホスト」にする事で、「Android端末」「WindowsPC」側で「Webブラウザ」を介する「クライアント」として利用できるようになりました。

「Android」「Windows」とも「ブラウザ内」で「クライアント」として利用する仕組み です

↓「Apple公式」での解説あり



「FaceTime」を「他端末とつなげる」には、まず「iOs」にアップデートされた「iPhone」などから「リンクを作成」し、他の端末に「招待メール」を送ります。


facetime-001


facetime-002


facetime-003

↓「Android端末」「Gmail」での「受信側」画面になります。

facetime-004

「メール」内の「リンク」をタップして「Chromeブラウザ」「FaceTime」を開きます。

facetime-005

↑「Android端末」「Chromeブラウザ」「FaceTime」を操作できるようになりました。

facetime-006

↑「WindowsPC」でも「メールに紐づいたブラウザ」「FaceTime」の利用が確認できました。

「Chrome」「Edge」どちらでも「動作」しますが、「PC側のスペックに左右される」のかも知れませんが、「スマートフォンに比べ立ち上がりが遅い」印象を受けました。

facetime-007

↑Amazonのタブレット「Fire HD」では、オリジナルブラウザ「Silk(シルク)」での動作が確認できました。



↓「Facetime」を「Zoom」「Mirosoft teams」のように「オンライン会議」ツールとして利用する方法を解説してくれているサイト記事です。「参考」になります。




個人的使用感としては「2~3名の少人数」での「オンライン会食」など、今まで使用していた「1対1チャット」に「数名参加」する程度であれば「グループビデオチャットツール」としては「安定」して使えるように感じます。

「リモートワーク」全盛の昨今、「Apple」ももっとプッシュしても良いサービスだと思われるのですが、何故か積極的にアナウンスされていないような気がするのは「もったいない」ように思います。



(参考書籍)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】YouTube「プレミアム」な「非公式テクニック」-Android端末で「バックグラウンド再生」「PiP」できるアプリー「Ad-Vanced Tube」


【検証】YouTube「プレミアム」な「非公式テクニック」-Android端末で「バックグラウンド再生」「PiP」できるアプリー「Ad-Vanced Tube」

advanced-000

前回紹介した「YouTube Premium」とほぼ近い機能があるとされる「VancedTube」アプリですが、「Android」のOSバージョンによって「上手く動作しない」など「ご指摘」がありましたので「再検証」した結果、Android「9」「10」「12」の場合、「一部機能が無効」である事が確認できました。





「無料」で「YouTube Premium」機能のひとつ「バックグラウンド」「PiP」機能が使用できます

そこで「類似アプリ」をいくつか試した結果「Ad-Vanced」なるアプリで、Android「9」「10」「11」「12」「OS環境に関係なく同じ動作」が「検証」できましたので「情報共有」します。


Ad-Vanced Tube - Tube BG Play

Ad-Vanced Tube - Tube BG Play

Tube Vanced無料posted withアプリーチ



ダウンロードした「Ad-Vanced」アプリですが、前回紹介の「VancedTube」と比較しても「日本語表示」も多く「直感的に使用できる」印象。


advanced-dl-001


まずは「バックグラウンド再生」ですが「動画再生中」に「再生画面下」の「バックグラウンド」をタップするだけで「バックグラウンド再生」「音声を鳴らしながら別のアプリの操作が可能」になります。


次に「PiP(ピクチャーインピクチャー)再生」ですが、「画面下」の「ポップアップ」をタップ。


advanced-003


初回動作時に「他のアプリの上に重ねて表示」の設定を「オン」にする必要があります。

advanced-001

すると「他のアプリ」操作中に「下画像」のように小さな画面で、「操作の邪魔にならない程度」で「動画を流し」ながらの作業が可能になります。


advanced-002



「Android端末」「OS」の確認が取れない場合、とりあえずはこのアプリを入れておけば「YouTube」動画の「広告カット」「バックグラウンド再生」「PiP(ピクチャーインピクチャー)」に関してだけ言えば、この「Ad-Vanced」で間に合うかも知れません


↓「iPhone」の場合はこちら




(参考書籍)





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「YouTube」プレミアムな「非公式テクニック」ーiPhone現行の「Safariブラウザ」の新機能で「バックグラウンド再生」が実行可能に


【検証】「YouTube」プレミアムな「非公式テクニック」ーiPhone現行の「Safariブラウザ」で「バックグラウンド再生」が実行可能に

safari-bg-000


以前は「iOs向けブラウザ」「Safari」「Chrome」の標準機能として「YouTube動画の音声をバックグラウンド再生しラジオ感覚で楽しめる」する機能が存在していたのですが、「YouTube Premum」が登場した事により「有料アプリ」からしかこの機能が「無効」になってしまっていました。

そんな中「iPhone」OS「iOs15」にアップグレードした事により、標準搭載のブラウザ「Safari」でこの「バックグラウンド再生」機能が復活した模様です。

以前搭載されていた機能ですが「YouTube Premium」の登場でしばらく封印されていましたが最新「Safari」から復活した模様です

今回「復活」したのは、あくまでも「Safari」ブラウザで「YouTube」を開く、というのが「前提」になります。


safari-bg-004


「Safari」ブラウザ「バックグラウンド再生」を「有効」にするには「設定」から「デスクットップ用Webサイトを表示」にする必要があります。


safari-bg-001


↑その上
「YouTube」動画を「再生」しようとすると「このページを"YouTub"で開きますか?」という「メッセージ」が表示されますが、必ず「キャンセル」して続行してください。


safari-bg-002



「バックグラウンド再生」
したい「動画」を「再生する前」に「視聴前広告」は飛ばしておきます。

そうしないと「広告の再生しかバックグラウンド再生しない」というケースも多く見られます。


safari-bg-005


↑「動画を再生」した状態から「画面上部から下に向けてスワイプ」して「ホーム画面」を表示させると「動画操作ボタン」が表示され「バックグラウンド再生」が「有効」になります。

「動画」「再生」「ストップ」「一時停止」などもこの「ホーム画面」で行います。

これで「YouTube動画」「音声だけを聴きながら他のアプリを操作」する事が可能になります。


safari-bg-006


なお「バックグラウンド再生」が「復活」したのは「Safari」ブラウザのみのようで、「YouTube」と同じ「Google」が提供している「Chrome」ブラウザに於いては「無効」のままです。

あくまで、有料の「YouTube Premium」への移行を促す方針のようです。

↓ちなみに「PiP(ピクチャーインピクチャー)再生」については下記アプリが「有効」のようです。(2022年1月現在)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】iPhoneでWeb記事を「オーディオブック」のように「読み上げる」設定方法


【検証】iPhoneでWeb記事を「オーディオブック」のように「読み上げる」設定方法

i-yomi-000


通勤・通学中や自宅でのリモートワークの合間に、スマートフォンでWebの記事を読むことが当たり前になりましたよね。

個人的にも「ニュース」はもちろん「気になる新商品のレビュー」「世の中の話題」に関するコラムなど、1日に10本以上の記事を読むこともあります。

そのようなとき、Web記事もテレビや「ラジオ」「オーディオブック」のように音声で聴けたらいいのに!.と思ったことはありませんか?


↓以前、同機能を紹介しましたが、「OSのバージョン」が古かったせいか「精度」がイマイチな印象でしたが「けっこう改善」されているようです。





ちなみに今回は「iOs15」アップデートした状態での「検証」になります。

「Safari」「Google Chrome」とも実際に試してみると、読み上げの精度やスムーズさに驚くのではないかと思います

手持ちの「iPhoneSE(2020)」の場合「初期設定」「無効」になっていましたので、あらためて「設定」し直します。


i-yomi-001


「設定」→「アクセシビリティ」→「読み上げコンテンツ」と進みます。


i-yomi-002


「初期設定」では「選択項目の読み上げ」「画面の読み上げ」それぞれ「オフ」になっていましたので「オン」に切り替えます。


i-yomi-003


↓「選択項目の読み上げ」=>読み上げてほしいテキスト範囲を「選択」すると、画面上部に「メニュー」が表示されますので「読み上げ」をタップすれば「女性の音声で読み上げ」してくれます。

i-yomi-004


↓「画面の読み上げ」=>読み上げたい画面を表示した状態で「画面上部から下に向け2本指でスワイプ」すれば、画面上部に「再生メニュー」が表示されますのであとは「タップ」で音声・再生速度など「一連の操作」が可能になります。



i-yomi-005


心配な「読み上げ精度」ですが、実際に試してみると、以前に比べ、「読み上げの精度」や「スムーズさ」に驚かれるかも知れません。

特に「漢字の読み間違いが減った印象」がある点はかなり進歩した感があります。

また「対応ブラウザ」「Safari」はもちろん「Chrome」でも「動作は良好」のようです。

この機能に慣れると「オーディオブック」感覚で「10記事ほどイッキ聴き」できる事もあり「作業中」「移動中」でも「耳からネット記事の情報を得る」ことができる事が確認できました。

とはいうもののやはり「無料」で使える機能ですので「あきらかな読み間違い」もあるのも「ご愛嬌」として「さらなる改善」を待つ姿勢で利用するべき機能でしょう。



(参考製品)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事(画像付)
カテゴリー
スポンサーリンク