セガレの知恵袋

古物商開業支援・情報家電相談室「ディーエスエル」代表 【HN】PAWAKICHI(ぱわきち)の個人ブログです。

「情報」さえあればもっと「より簡単に・より便利に・よりリーズナブルに活用できるはず!」をモットーに「デジタル生活」の「情報の共有・検証・注意喚起」を、現役「古物商開業支援員・デジタル生活相談室」スタッフの目線から「情報共有・検証・注意喚起記事」を日々発信・更新しています。

iPhone

【検証】Apple「FaceTime」を「Android端末」「WindowsPC」など他端末とつなげる方法-「iOs15」以降の機種がホストである事が前提


【検証】Apple「FaceTime」を「Android端末」「WindowsPC」など他端末とつなげる方法-「iOs15」以降の機種がホストである事が前提

facetime-000


「iPhone」「iPad」登場時からAppleユーザーにはお馴染み標準搭載のビデオチャット機能「FaceTime(フェイスタイム)」ですが、「Android端末」や「WindowsPC」アプリが存在せず、「Appleデバイス同士」でないと使えないというもったいない機能でしたが、OSのバージョン「iOs15」にアップグレードされた端末から「iPhone」「iPad」を「ホスト」にする事で、「Android端末」「WindowsPC」側で「Webブラウザ」を介する「クライアント」として利用できるようになりました。

「Android」「Windows」とも「ブラウザ内」で「クライアント」として利用する仕組み です

↓「Apple公式」での解説あり



「FaceTime」を「他端末とつなげる」には、まず「iOs」にアップデートされた「iPhone」などから「リンクを作成」し、他の端末に「招待メール」を送ります。


facetime-001


facetime-002


facetime-003

↓「Android端末」「Gmail」での「受信側」画面になります。

facetime-004

「メール」内の「リンク」をタップして「Chromeブラウザ」「FaceTime」を開きます。

facetime-005

↑「Android端末」「Chromeブラウザ」「FaceTime」を操作できるようになりました。

facetime-006

↑「WindowsPC」でも「メールに紐づいたブラウザ」「FaceTime」の利用が確認できました。

「Chrome」「Edge」どちらでも「動作」しますが、「PC側のスペックに左右される」のかも知れませんが、「スマートフォンに比べ立ち上がりが遅い」印象を受けました。

facetime-007

↑Amazonのタブレット「Fire HD」では、オリジナルブラウザ「Silk(シルク)」での動作が確認できました。



↓「Facetime」を「Zoom」「Mirosoft teams」のように「オンライン会議」ツールとして利用する方法を解説してくれているサイト記事です。「参考」になります。




個人的使用感としては「2~3名の少人数」での「オンライン会食」など、今まで使用していた「1対1チャット」に「数名参加」する程度であれば「グループビデオチャットツール」としては「安定」して使えるように感じます。

「リモートワーク」全盛の昨今、「Apple」ももっとプッシュしても良いサービスだと思われるのですが、何故か積極的にアナウンスされていないような気がするのは「もったいない」ように思います。



(参考書籍)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】iPhone(アイフォン)のカメラを「望遠鏡」「拡大鏡」(虫眼鏡)のように使う方法-「ズーム機能」の「設定変更」をするだけ


【これは便利!】iPhone(アイフォン)のカメラを「望遠鏡」「拡大鏡」(虫眼鏡)のように使う方法-「ズーム機能」の「設定変更」をするだけ

iphone-zoom-000


「100円ショップ」でも「拡大鏡」「ルーペ(虫眼鏡)」「ちょっとした望遠鏡」が手に入るのですが、よっぽど必要に迫らないと「購入」する機会がないですよね。

ところが「意外な場面」に限って「持っていれば良かったのに」と残念な思いをする事もあるものです

そんな時「スマートフォン」を「拡大鏡」「ルーペ(虫眼鏡)」「ちょっとした望遠鏡」として使える場合もあります。


iPhoneカメラ標準の「ズーム機能」は思いのほか「望遠鏡」として使えそうです

「iPhone」
「iOs10」以降からの機能に限りますが、「拡大鏡(ズーム)機能」を「設定変更」する事により、「拡大鏡」「ルーペ(虫眼鏡)」「ちょっとした望遠鏡」的な使い方ができるようになります。

「設定」自体はかんたんで「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」と進み「拡大鏡」を「オン」にするだけですが、「現行OS」である「iOs15」の場合「設定」→「アクセシビリティ」から「ズーム機能」→「オン」にする、という「機能は同じですが名称が変更」されています。


iphone-zoom-001


iphone-zoom-002


「ズームコントローラ」の設定で、「シングルタップ→メニューを表示」「ダブルタップ→拡大/縮小」に変更しておくと「カメラ」起動中タップ操作だけで「カメラ画面の拡大/縮小」が可能になります。


iphone-zoom-003


「カメラ」アプリを立ち上げ、「画面をダブルタップ」すると「メニュー」が表示され、「カメラ画面越し」に「被写体の拡大/縮小」が可能になります。


iphone-zoom-004


この「設定」をしておくと、「iPhone」を所持していれば「取説書」や「契約書」などの「きわめて小さく読みづらい文字」を確認したい時「少し離れた場所の読み取れない文字」などに「望遠鏡」代わりとして使用する事が可能になります。


iphone-zoom-005


↓「Android端末」では「拡大鏡」アプリで似たような機能が使える場合も。





(参考製品)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】YouTube「プレミアム」な「非公式テクニック」-「再生リスト」の動画の「順変更」ができなくなった時


【検証】YouTube「プレミアム」な「非公式テクニック」-「再生リスト」の動画の「順変更」ができなくなった時

y-t-pl-000


ほんの「つい最近」まで、PCでの「Chrome」「Brave」ブラウザ上で操作できていた、「YouTube」の「ライブラリ」→「再生リスト」の「動画再生順の変更」ができなくなってしまいました。

最初、「PCの不具合」かと思い、「再起動」してみたり、「別の機種で操作」してみたりと、いろいろと試してみたものの「一向に改善されない」ので「YouTube側の仕様変更なのかな?」と諦めていたところ、「ネット内で情報を探っていた」ところ、意外な「正攻法」で「解決」できました。

今のところ、PCを始め「ブラウザ」では「無効」になっているようですが「スマートフォンアプリ」からは「編集」可能のようです

2022年2月22日現在、以下の手法での「YouTube」動画の「再生リスト」編集が可能な事が「確認」できています。

↓使用には、「YouTube」公式スマートフォンアプリを「Appストア」「Playストア」それぞれから「機種」に合わせて導入している事が前提です(Android端末にはプレインストールされているはずです)。

なお「検証」時点「PC」および「Amazon Fire HD タブレット」向けには「公式アプリ」の存在は確認できませんでした。




YouTube

YouTube

Google LLC無料posted withアプリーチ




↓「YouTube」アプリを立ち上げ「ライブラリ」→「再生リスト」と進み「並べ替え」をタップします。


y-t-pl-001


↓この状態で「動画サムネイル」の左側「ー」指で上下移動できるようになりますので「任意の位置」に移動します。
y-t-pl-002


↓これで「再生リスト」の「並び替え」が完了できます。

y-t-pl-003



まあ、「仕様変更」がなされているのは確かですが正規「スマートフォンアプリ」でのみの「機能」として残っているという事のようです。


(参考書籍)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】YouTube「プレミアム」な「非公式テクニック」iPhoneで「オフライン再生」-「Brave」ブラウザの「Playlist」機能で可能な事を確認


【検証】YouTube「プレミアム」な「非公式テクニック」iPhoneで「オフライン再生」-「Brave」ブラウザの「Playlist」機能で可能な事を確認

brave-ip-000


iPhoneのOSが「iOs15」になったタイミングから「OS」+「Safari」の基本機能で「バックグラウンド再生」が可能になりました。

これで「オフライン再生」もできれば「便利」なのですが、一部のメディアに於いて「Safari」プラス「外部ダウンロードサイト」を使用して「YouTube」動画を「オフライン再生」する方法が紹介されていましたがこれが上手く動作してくれません。

「難度」がけっこう高く、半ばあきらめていた
ときに発見したのが、新興のWebブラウザ「Brave(ブレイブ)」の機能「Playlist」を使用することで「YouTube」動画の「オフライン再生」が可能な事が確認できましたので「情報共有」します。

なお、「検証」には「iPhoneSE(2020版)」+「iOs15」+「Brave」を用いました。





iPhone版「Brave」ブラウザは非常にクセがあり使いにくい印象ですが「オフライン再生」以外にも「バックグラウンド再生」「広告カット」「クロームキャスト」機能もあるようなので「注目」です


Brave - 広告ブロック ウェブブラウザ アプリ

Brave - 広告ブロック ウェブブラウザ アプリ

Brave Software無料posted withアプリーチ



「Brave」アプリ自体は「iOs」「Android」「Mac」「Windows」「Linux系OS」などマルチに対応されており、それぞれ「Chromecast(クロームキャスト)」にも対応されているので、最近「利用者」が増えている「ブラウザ」アプリですが「オフライン再生」については「iPhone」でのみ「動作が確認」されているようです。


brave-ip-002


「ダウンロード」「オフライン再生」という項目がないので「わかりにくい」のですが、「Playlistに追加する」事で「動画を端末に保存してオフライン再生できるようになる」仕組みになっています。

「Playlistに追加」するには「保存したい動画を再生」し「再生中の画面を長押し」すると「Brave Playlistに追加する」という画面が表示されますので「タップ」する事により「動画」が「Playlist」として「保存」され「オフライン再生」ができるようになります。

私の「iPhoneSE」上では上記の画面でしたが「機種」によっては「上からメニューがプルダウン」する場合もあるそうです。


brave-ip-001


「Playlist」を「オフライン再生」する際は「画面右下」「・・・」アイコンを「タップ」して「保存」された動画を「タップ」する事により「非ネットワーク下」での「オフライン再生」が可能になります。


brave-ip-003


まれに「オフライン再生」できない場合もありますが「000MB」の表示がないとき「保存失敗」している可能性がありますので「オフライン」で「持ち出す」前に「機内モード」にして「確認」しておくといいでしょう。


brave-ip-004


また「再生し終わった動画」を「削除」するには「Playlist」「サムネイル」を「右にスワイプ」すると「ゴミ箱アイコン」が表示されますので「タップ」し「削除する」と進むと「端末内から動画を削除」する事が可能です。


brave-ip-005


ちなみにこの機能は「iPhoneのバックグラウンド再生機能」を利用しているようなので「Android端末」に於いては、同じ「Brave」アプリを使用しても「Playlist」機能は使えないようです。

↓「Android端末」での「YouTube」動画の「オフライン再生」については、2022年2月現在、以下の「Ad-Vanced」アプリを使用した手法が「有効」である事が確認されています。





(参考書籍)





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【これは便利!】「スマートフォン」で「いびき」など「睡眠管理」ができるアプリ-「Sleep Cycle」


【これは便利!】「スマートフォン」で「いびき」など「睡眠管理」ができるアプリ-「Sleep Cycle」

sleep-sycle-000


「スマートウォッチ」「ウェアラブル端末」などで「睡眠状態を把握」をされる方も多くなっているようです。

そんな中「スマートフォン」機能を利用した「睡眠アプリ」「続々と公開」されていますが、今回「Sleep Sycle(スリープサイクル)」なるアプリ「検証」してみました。


「マイク」機能を使用して「いびき」「せき」などを「録音」し「記録」してくれます



Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計

Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計

Sleep Cycle AB無料posted withアプリーチ




このアプリの「効果」を確認するためには、まず「5日間」の「計測お試し期間」が必要です。


sleep-sycle-001


就寝中の状態「スマートフォン」の「マイク」機能を利用し「記録」する必要があるため「音声の利用を許可」する設定があります。


sleep-sycle-002


sleep-sycle-003


sleep-sycle-004


sleep-sycle-005


「全機能」を使用するには「有料版へのアップグレード」を促されますが「無料版」でも就寝中の「いいびき」や「せき」などの記録、「最適なタイミングでのアラーム(目覚まし)」機能は使えます。

有料版への「お試し」として「5日間の記録」ができますので、その結果を見て「無料版のまま使い続ける」か「有料版へアップグレード」するか判断しても良いでしょう。


ちなみに、個人的には「音声の記録」「アラーム機能」だけで十分と感じましたので、「無料版」のまま使い続けています。


sleep-sycle-006


ポイントとしては、「スマートフォン」の「マイク」機能を利用し、睡眠中の「いびき」や「せき」などを「記録」するので、アプリを立ち上げた「スマートフォン」を「枕元」に設置しておく必要があります。

sleep-sycle-007



また、就寝中「マイク」機能を起動させたままになり「バッテリーを消費」するようになるので「充電しながら」利用する必要もありそうです。

「スマートウォッチ」「ウェアラブル端末」
のほうが「先発」「機能を競って」いますが、今のところ「無料アプリ」版ですと「物足りない」印象は拭えませんが、今後こうした「アプリ」は続々登場しそうですので「自分に必要な機能があるアプリ」が「発見」できれば、スマートフォンも「利用しがい」がありそうです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
カテゴリー
スポンサーリンク